GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. データ長期保存に適した光ディスクライブラリ ETERNUS DA700 データアーカイバー 新登場

データ長期保存に適した光ディスクライブラリ
ETERNUS DA700 データアーカイバー 新登場

掲載日: 2016年5月13日

近年IoT(Internet of Things)の急速な拡大や、ビックデータを解析し、社会・経済の問題解決や業務の支援に活用するなど、多くのデータ蓄積を必要とされるようになりました。

これらの日々蓄積されるデータは、オンラインデータなどの他、90日経過後アクセスされなくなるコールドデータが今後大半を占めると予測されています。このコールドデータには、使用頻度は低いものの、法令遵守や必要時に利用する画像・映像・ログデータなど、長期保管を必要とされるものが多く含まれます。

富士通ではこの長期保管が必要とされるアーカイブデータの保存に適し、低コスト・高信頼性を備えた、光ディスクライブラリ「ETERNUS DA700 データアーカイバー」を販売開始いたしました。

本製品はパナソニック株式会社が開発したデータアーカイブシステムのOEM注1製品であり、高技術・高品質をご提供いたします。

(注1)OEM:Original Equipment Manufacturerの略称。

ETERNUS DA700 データアーカイバー 製品カタログ (2.19 MB )
(注) 表記は掲載時のものになります

  ETERNUS DA700
最小構成
ETERNUS DA700
最大構成
 
アーカイブ容量 最大520TB(RAID0時) 最大1,819TB(RAID0時)
最大477TB(RAID5時) 最大1,670TB(RAID5時)
最大435TB(RAID6時) 最大1,522TB(RAID6時)
転送速度 360MB/秒
ホストインターフェース 10Gbps Ethernet
(DAマネージャ用Linuxサーバによる)
19インチラック搭載
占有ユニット数
18U 48U

Blu-ray Disc™が進化した“Archival Disc”を採用

記憶媒体として使用する光ディスクは、Blu-ray Disc™の技術をベースとして容量を拡張した規格である”Archival Disc”を採用。
両面ディスクで1枚あたり300GBの記憶容量、Blu-ray™の優れた特性を継承し、設計上 50年以上注2のデータ保存寿命を実現しています。

(注2)パナソニック株式会社にて実施の加速試験結果。温度30℃ 湿度70%RHの環境下での推定値。

増大するデータにスケーラブルに対応

最小構成は、標準的な19インチラック18Uの規模から導入可能です。この構成でデータアーカイバーマガジン(以下、マガジン)152本・容量にして最大520TB を格納できます。
保存データ量の増大に対しては、拡張モジュールを1台増設することでマガジン76本を追加できるようになります。拡張モジュールは最大5台まで搭載可能で、最大構成では48Uに最大1.8PBもの巨大なデータを格納できます。
また、録再ユニット(ドライブ群)付きの拡張モジュールを追加搭載することで複数マガジンに対する Read/Write 処理を並列化することができ、最小構成比で2倍のアクセス性能を発揮。大容量データへの迅速なアクセスを実現します。

高信頼性・低運用コスト

光ディスクは、データの読み書き時にメディアにヘッドが接触しないことから、ヘッドの接触によるメディア故障を防ぎます。また、海水や電磁気に対して強い耐性を持っています。光ディスクに書き込まれたデータは、50年以上注2保持することができ、ETERNUS DA700では、このディスクをマガジンに12枚まとめて格納しています。
これにより、ディスクを損傷から防ぐとともに、データ移行時にはマガジン単位で新しい装置に入れ替えることができ、容易な移行を実現します。
また、マガジン単位に外部の倉庫などに保管しておくことが可能で、災害対策にも有効です。

ETERNUS DA700はRAID注3構成による書き込みデータの高速化と冗長化を実現します。電源投入中においても常に動作が必要な部品が少ないことから、ディスクドライブを用いた製品と比較して、消費電力を大幅に削減することができます。また、発熱量も少なく、空調電力を抑えることができ、データセンターのランニングコスト削減に貢献します。

(注3)RAID:Redundant Array of Inexpensive Disksの略称。データを複数のハードディスクに分散し、性能と耐障害性を同時に確保するための技術。

セキュリティの強化

Archival Discは WORM (Write Once Read Many:一度書き込まれたデータは変更できない追記型の記録方式)媒体です。メールや帳簿、カルテなどを記録しておくことで、記録が改ざんされていないことを保証できます。
また、データの読み書きのため標準添付される専用ソフトウェア「データアーカイバーマネージャー」の暗号化機能を有効化することで、Archival Disc上に記録されるデータを暗号化します。これによりETERNUS DA700から持ち出されたマガジンの紛失や盗難、書き込み済みのマガジンを誤って廃却した場合でも情報漏洩の心配がありません。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS