GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. 導入事例 >
  6. レッヒヴェルケ株式会社様 導入事例

総合的なストレージソリューションで
データの保全性を維持しながら、より効率的な運用を実現

レッヒヴェルケ株式会社(Lechwerke AG)様
導入事例(ドイツ)


レッヒヴェルケ株式会社はドイツ・バイエルン州とバーデン=ヴェルテンベルク州に約50万人の顧客を持つ地方公益事業会社です。ドイツ大手のエネルギー供給企業の1社として、より効率的なストレージ管理を求め、ETERNUS DX440 S2 ディスクアレイ 2台とETERNUS SF Storage Cruiserを導入。総合的なストレージソリューションを実現しました。

[ 2012年8月14日掲載 ]


【導入事例概要】
国名  ドイツ
業種 地方公益事業
ハードウェア ETERNUS DX440 S2 ディスクアレイ
ソフトウェア ストレージ基盤ソフトウェア ETERNUS SF Storage Cruiser

「簡単な導入プロセスにより、短いダウンタイムで移行ができました。ETERNUS DX440 S2の想像を超える性能の高さに納得しています」。

レッヒヴェルケ・サービス アンド コンサルティング株式会社 システム管理責任者 ヴェルナ・グルーバー
(Werner Gruber)氏

レッヒヴェルケ株式会社(以下、LEW)はバイエルン州とバーデン=ヴェルテンベルク州に約50万人の顧客を持つドイツ大手のエネルギー供給企業の1社です。同社は年々増え続けるデータ量に対し、より効率的なストレージ対策の課題を抱えていました。

導入前の課題   導入による効果
  • エネルギー供給企業としてデータをより安全に保管したい
  • キャッシュガード機能により、停電の際にも安全にデータを保護
  • リダンダント・コピー機能や装置間ミラーリングにより、システムの故障時のリスクを最小限にとどめることが可能
  • 年15~20パーセント増加するデータ量に対し、柔軟に拡張したい
  • 優れた拡張性により段階的に最大1440TBまで拡張が可能
  • SAP環境でのストレージを効率的に管理したい
  • ETERNUS SF Storage Cruiserにより、ストレージだけでなく、連携するあらゆるコンポーネントを総合的に管理
  • ETERNUS SF Storage Cruiserにより、管理者が性能ボトルネックをグラフィカルなインターフェースで簡単に把握でき、負荷軽減を実現

icon-form ストレージの導入検討・ご相談はこちらから

導入の背景

地元のエネルギー配給企業としての責任

LEWはネットワーク、プラント建設、エネルギー生成、電気通信分野のサービスのほかに、電気やガスといったエネルギーを供給しています。

LEWグループ内でITオペレーションを担っているのが、LEW サービス アンド コンサルティングです。同社データセンターの責任者であるヴェルナ・グルーバー氏率いるチームは、ここで約50万人の顧客データを管理しています。LEWは、地元のエネルギー供給企業として、より堅固なセキュリティ環境下で顧客データを守ることと、年々増え続けるデータ量に対応するため、システムの性能向上が求められていました。

その責務をより高いレベルで果たすべく対策を講じたグルーバー氏は、新しいシステムの導入理由を振り返ります。「以前利用していた他社システムは私たちが求めるような性能を引き出すことができず、課題に応えることができませんでした。性能が頭打ちとなり、高い安全性を保持しながらさらに拡張していくことができなかったのです」。

導入のポイントと効果

高い安全性でキャッシュ内にデータを保持

LEWのような公益事業会社では、年に一度、電気使用量の請求書の事務処理が行われる時期があり、コンピューターのリソースやデータに集中的にアクセスする繁忙期となります。同社は、アウクスブルクにある2カ所別々のデータセンターに、高速なSAN(Storage Area Network)で接続されたETERNUS DX440 S2 ディスクアレイを導入しました。この導入により、キャッシュメモリが96GBに拡張され、十分な性能を引き出すことに成功しました。「このキャッシュメモリは高速メインメモリとして使用され、使用中のデータの大半が蓄積されています。最初のリードリクエストに対するレスポンスは、ディスクドライブにアクセスすることなく、キャッシュメモリから直接リードされるためとても高速です」とグルーバー氏は語ります。

さらに、ETERNUS DX440 S2には、高い安全性でキャッシュ内のデータを保持するキャッシュガード機能があります。この機能により、万が一停電などで電源供給が停止した場合でも、キャッシュ内のデータを不揮発性メモリに退避し、電力が復旧するまで安全に保護することができます。また、ディスクドライブ上に保存されたデータを保護する安全メカニズムもあり、データ損失のリスクを大幅に低減します。例えば、データを複数のディスクドライブで冗長構成し分散させるRAID機能に加え、故障の予兆を監視して警告をするリダンダント・コピー機能で保全性を高めています。さらに、2台のディスクアレイはミラーリングにより冗長性を高めており、一つのシステムが故障しても、影響を受けたデータを簡単に素早く復旧できます。

優れた拡張性

LEWには安全性のほかにもう一つ、考慮すべき重要な課題があります。「当社の年間データ増加率は約15~20パーセントです」とグルーバー氏は言います。「今のところ60本のディスクドライブを搭載したETERNUS DX440 S2に25TBの容量が割り当てられています。LEWでは導入前の約50倍のデータをETERNUS DX440 S2に保管できると想定していましたが、実際はそれ以上で、ETERNUS DX440 S2は最大1440TBまで拡張できます」。この優れた拡張性のおかげで、ディスクドライブを段階的に追加していくことが可能だと同氏は語ります。

ETERNUS SF Storage Cruiserのグラフィカルなインターフェース

同社はさらに、ストレージシステムの統合管理ソフトウェアであるETERNUS SF Storage Cruiserを導入。「このソフトウェアは、ETERNUS DXディスクアレイだけでなく、データセンター内のSAN、サーバなど連携されるあらゆるコンポーネントの性能や関係管理を含めた総合的な監視を行うことができ、ネットワーク上の性能ボトルネックを把握できるようになります」と、対応した富士通のシニア・システム・エンジニアであるマーク・ハルニッシュ(Marc Harnisch)は説明します。

また、グルーバー氏は「ETERNUS SF Storage Cruiserにより、コントローラーやディスクドライブの使用容量のレベルを正確に測定することができ、どれだけ性能に余裕が残っているかを正確に把握できるようになりました」と語ります。さらに、グルーバー氏はこのソフトウェアが提供するグラフィカルなインターフェースにも注目しています。 ETERNUS SF Storage Cruiserではサーバが使用するSANポートやファイバチャネルの繋がり、データが通るパスなどが一目でわかります。「かつては、システムの全体像を把握するために、たくさんの紙にスケッチをする必要がありましたが、今ではサーバからストレージシステム内の最小論理ユニット(LUN)の繋がりまでがグラフィカルに表示されるため、大変わかりやすくなりました」。データフローが遅くなっても、今ではそのボトルネック要因を簡単に割り出せるようになりました。「このETERNUS SF Storage Cruiserによって、どのコンポーネントがなぜ最適に実行されていないのかを簡単に診断できます」。その結果、管理工数と費用が削減され、投資の最適化が図れたことにグルーバー氏は満足しています。

総合的なストレージソリューション

2台のETERNUS DX440 S2 とETERNUS SF Storage Cruiserの導入提案でLEWをサポートした富士通のハルニッシュは振り返ります。「本来、システム導入に1日、ETERNUS SF Storage Cruiserのインストールに1日、その他にも、ITチームのトレーニングに4週間はかかります」。しかし今回、クライアント環境の正確な情報と、必要となるトレーニングに関してきめ細かく協議を行ったことで、トレーニングは2週間に短縮することができました。

今回の導入は単に時間を節約することだけにとどまりません。LEWの業務に適応したかたちにストレージシステムを徹底的にカスタマイズしました。ハルニッシュは続けます。「私たちはETERNUSから最高の性能を引き出す方法を理解しています。だからこそ、随時ヒアリングを行いながら、必要なカスタマイズを実施し、グルーバー氏と彼が率いるチームをサポートすることができたのです」。

こうした緻密なコンサルティングを含む富士通の総合的なストレージソリューションに対し、グルーバー氏は大変満足し、こう締めくくります。
「データ移行の際も、ダウンタイムが短く、業務に影響を与えることなく実施することができました。富士通の業務用システムの導入計画は、ハードウェアへの設置からデータ移行までとてもプロフェッショナルな対応でした」。

【レッヒヴェルケ株式会社(Lechwerke AG)様 会社概要】
所在地 Schaezlerstraße 3
86150 Augsburg
URL http://www.lew.deOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

製品情報

ETERNUS DX ディスクストレージシステム 製品ラインナップ画像 卓越したスケーラビリティと高性能・高信頼テクノロジーを提供
ETERNUS DX400 S2 series ディスクストレージシステム


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS