GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS AF650 S2 オールフラッシュアレイ

SSD(Solid State Drive)の搭載に特化し、高負荷な環境においても極めて低いレイテンシを実現。データベースや仮想化環境、データの分析・解析などに迅速かつ安定した性能を発揮

標準価格

1,927万6,000円(税別・最小構成時)より

【主要な構成内訳】
400GB SSD×2, iSCSI×4port, DE×1

あらゆる用途で導入されるオールフラッシュ その3つの理由

概要

イノベーションを加速する処理性能

  • SSDを最大192本まで搭載可能なオールフラッシュアレイ。装置内に異なる容量のSSDを混在可能かつSED(Self Encrypting Drives:暗号化対応) SSDもサポート。
  • 最大810,000IOPSもの高速処理を実現。さらに、データ要求への応答時間(レスポンスタイム)が平均0.5ミリ秒と非常に短く、I/Oボトルネックが発生しやすい環境でも安定したデータ転送を実現。
  • 高性能を求められる高速仮想化集約やデータベース高速化に絶大な効果を発揮。
  • VSI(サーバ仮想化)・VDI (クライアント仮想化)といった仮想化基盤においても、集約した多数の仮想マシンからの負荷に耐え、安定した仮想化基盤の運用を実現。

SSDの潜在能力を引き出す専用設計

  • 富士通独自のフラッシュ最適化技術によりストレージ性能を向上し、SSDを高寿命化。1~3 DWPD注1のSSDにおいてもSSD耐久性を確保。
  • データをリアルタイムで削減するインライン重複排除・圧縮機能を搭載し、SSDの効率運用(書き込み容量削減)と高寿命化を実現。また、重複排除・圧縮はボリューム単位で設定が可能。

24時間365日運用に応える抜群の安定性と既存環境との高い親和性

  • 長年のストレージビジネスで培ったエンタープライス技術(QoS自動化、データ保全機能、業務継続、DB連携、各種ソフトウェア・サーバ連携など)を適用。
  • ハイブリッドストレージ ETERNUS DX seriesとの組み合わせによるコストの最適化。

(注1)DWPD(Drive Write Per Day):SSDの書き込み可能容量を寿命期間で1日あたり1台のSSD全体に何回書き込めるかを表現した耐久性指標

[SPC Benchmark-1™でクラス世界最高性能値を記録!] ミッドレンジクラス世界最高性能のオールフラッシュアレイ ETERNUS AF650 S2 オールフラッシュアレイ

仕様・諸元

ETERNUS AF650 S2 装置仕様
サポートRAID 0, 1, 1+0, 5, 5+0, 6
最大物理容量注1 2,949.12TB
コントローラー数 2
ホストインターフェース FC[32Gbit/s, 16Gbit/s]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-SR)]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-CR)]
ホストインター
フェース数
AC100V 4~8 [FC(32Gbit/s)]
4~16 [FC(16Gbit/s)]
4~8 [iSCSI]
AC200V 4~16 [FC(32Gbit/s)]
4~32 [FC(16Gbit/s)]
4~16 [iSCSI]
最大接続サーバ数 4,096
システムメモリ容量 512GB
ドライブ数 2~192
サポート
ドライブ
暗号化非対応 15.36TB, 7.68TB, 3.84TB, 1.92TB, 960GB, 400GB
暗号化対応 3.84TB, 1.92TB
ドライブインターフェース[最大転送速度] SAS 12Gbit/s
最大性能 810,000IOPS[100% Read, 8KB Block size]
外形寸法
[ピッチ数]
コントローラーエンクロージャ 482mm × 805mm × 133mm[3U]
ドライブエンクロージャ 482mm × 540mm × 88mm[2U]
最大質量 コントローラーエンクロージャ 54kg
ドライブエンクロージャ 注2 35kg
電源条件 電圧 AC100V~120V , AC200V~240V
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz
最大消費電力
[最大皮相電力]注2
コントローラーエンクロージャ AC100~120V 820W[830VA]
AC200~240V 930W[940VA]
ドライブエンクロージャ AC100~120V 430W[440VA]
AC200~240V 430W[440VA]
最大構成時注3 AC100~120V 4,260W[4,350VA]
AC200~240V 4,370W[4,460VA]
最大発熱量注2 コントローラーエンクロージャ AC100~120V 3,000kJ/h
AC200~240V 3,400kJ/h
ドライブエンクロージャ AC100~120V 1,600kJ/h
AC200~240V 1,600kJ/h
最大構成時注3 AC100~120V 15,800kJ/h
AC200~240V 16,200kJ/h
周囲環境条件
(動作時)
温度 10~40℃
湿度 20~80%RH
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

(注1) 本容量は、1TB=1,000GB、1GB=1,000MBとして計算し、最大容量ドライブを最大数搭載した場合の物理容量
(注2) エンクロージャにSSDを24台搭載した場合に必要な電力値、および発熱量を記載
(注3) 装置に搭載可能な全オプションを搭載した場合の、最大負荷時に必要な電力値、および発熱量を記載

サポートサーバ/OS

メーカー名 機種 OS
富士通 基幹IAサーバ
FUJITSU Server
PRIMEQUEST
1000シリーズ
2000シリーズ
3000シリーズ
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Datacenter (64-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Enterprise (64-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Standard (64-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
Oracle Linux 7
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Oracle VM 3
UNIXサーバ
SPARC M10/M12
SPARC Enterprise
Solaris 11 Operating System
Solaris 10 Operating System
PCサーバ
PRIMERGY
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Microsoft® Windows® Storage Server 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essential
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Datacenter (64-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Enterprise (64-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Standard (64-bit)
Microsoft® Windows® Storage Server 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle Linux 5
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
XenServer 7
XenServer 6
Oracle VM 3
FalconStor NSS
Oracle SPARC Servers Solaris 11 Operating System
Solaris 10 Operating System
HP HP Integrityサーバ HP-UX 11iv3 (IPF)
HP 9000サーバ HP-UX 11iv3 (PA-RISC)
IBM Power Systems, System p AIX 7.2
AIX 7.1
その他 各社PCサーバ Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Microsoft® Windows® Storage Server 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essential
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Enterprise
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Standard
Microsoft® Windows® Storage Server 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
XenServer 7
XenServer 6
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle Linux 5
Oracle VM server 3
FalconStor NSS

補足 : サポートサーバ/OSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

特長・機能

SSDの性能を最大限に活用するために開発されたETERNUS AF seriesとは

ETERNUS AF seriesのSSDの特性を踏まえた専用設計とは

膨大な業務をこなし、止めない

高速コピー/リカバリ

災害対策

無停止

データ保護

セキュリティ

高性能

リソース活用の最適化

容量の効率化

容量の仮想化

性能リソースの自動割当

拡張性

環境配慮

  • グリーン製品

    グローバルな環境対策に則った当社の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有 / 使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)をクリアした地球環境に配慮した製品です。

ストレージ統合環境の実現

運用管理

サーバ仮想化環境への対応

データ移行

データ共用

サービス

富士通サポートセンターの専門技術者によるOS / ミドルウェアのサポート、さらに点検/ハードウェア障害予兆のリモート通報などの予防保守などでの運用支援など、充実したサービスでシステムの安定稼動を支援します。

カタログ・資料

カタログ

資料名 版数
ETERNUS AF250 S2 オールフラッシュアレイ (711 KB) 2018年4月版
ETERNUS AF650 S2 オールフラッシュアレイ (744 KB) 2018年4月版


ETERNUS AF seriesに関するその他の資料

ダウンロード

設定ツール

各種 連携プログラム/設定ツールが以下よりダウンロード可能です。

ファームウェア

ETERNUS AF250 S2/AF250, AF650 S2/AF650の基本制御を行うコントローラーファームウェアの最新版には、追加機能のサポート、またはコントローラーファームウェアの修正データが含まれています。ETERNUS AF250 S2/AF250, AF650 S2/AF650は、常に最新版のコントローラーファームウェアを適用して使用してください。
なお、適用はお客様による作業となりますが、弊社サービスエンジニアに委託頂き、お客様先での適用作業を行う「BIOS/ファームウェアアップデート(ストレージ)サービス」もございますので、ご利用ください。
また、ETERNUS AF650 S2/AF650のファームウェアの入手については、SupportDesk サービスをご契約のお客様は「SupportDesk Web新規ウィンドウが開きます 」よりお願い致します。SupportDesk サービスを未契約のお客様は、弊社担当営業までお問い合わせください。

製品名 内容
ETERNUS AF250 S2 ETERNUS AF250 S2用ファームウェア、修正情報、関連資料など
(注1) ご利用には「富士通ID(登録無料)」が必要です。
ETERNUS AF650 S2 ETERNUS AF650 S2用修正情報、関連資料など
(注1) ご利用には「富士通ID(登録無料)」が必要です。
(注2) ETERNUS AF650 S2用ファームウェアについては、弊社担当営業までお問い合わせください。
ETERNUS AF250 ETERNUS AF250用ファームウェア、修正情報、関連資料など
(注1) ご利用には「富士通ID(登録無料)」が必要です。
ETERNUS AF650 ETERNUS AF650用修正情報、関連資料など
(注1) ご利用には「富士通ID(登録無料)」が必要です。
(注2) ETERNUS AF650用ファームウェアについては、弊社担当営業までお問い合わせください。

導入事例


工学院大学様 ロゴ

Gluth Systemtechnik GmbH様
高性能なオールフラッシュアレイにより、大容量CADファイルへのアクセス時間を1/2に
既存資産の有効活用により災害対策を強化、開発に注力できる環境を整備

学校法人 工学院大学様
「オールフラッシュアレイ+vGPU」を軸に新VDIシステムを構築
いつでもどの端末からでも高度なグラフィック処理を実現できる学修環境を整備

Hemsworth Arts & Community Academy様 (イギリス)
ETERNUS AF250の優れたフラッシュ性能と低いコストでストレスのない50台の仮想マシン運用を実現
~従来比5倍のスピードと1/4の設置スペース、さらに業務を追加も~

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS