GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示:ルーティング情報の設定

コマンド

/usr/sbin/route
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

route [オプション] サブコマンド 引数 ルーティングテーブルを設定します。
確認はnetstatコマンドを使用します。

オプション

add 指定したルートを追加します。
delete 指定したルート削除します。
-p ルーティング情報を保存します。

使用例

route add default 192.168.128.1
route delete default 192.168.128.1
route -p add 192.168.1.0 192.168.1.100
route delete 192.168.1.0 192.168.1.100

デフォルトゲートウェイを192.168.128.1に設定します。

# route add default 192.168.128.1

デフォルトゲートウェイ192.168.128.1を削除します。

# route delete default 192.168.128.1

ネットワークアドレス192.168.1.0に対してゲートウェイ192.168.1.100を静的に設定します。

# route -p add 192.168.1.0 192.168.1.100

routeコマンドで設定した内容はシステム終了時に消えてしまいますが、-pオプションを使用または /etc/defaultrouterに記述することによって、ルーティング情報が保存されます。

ネットワークアドレス192.168.1.0でゲートウェイが192.168.1.100に設定されているルーティング情報を削除します。

route delete 192.168.1.0 192.168.1.100

関連情報

  • ルーティング情報の削除(route
  • ネットワークに関する情報表示(netstat