GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers>
  7. SPARC64 XII搭載サーバ「SPARC M12」、フルラインナップ完成!~ 「SPARC M12-1」提供開始 ~

SPARC64 XII搭載サーバ「SPARC M12」、フルラインナップ完成!
~ 「SPARC M12-1」提供開始 ~

 

2017年7月11日

富士通は、最新SPARC64™プロセッサ「SPARC64 XII」1CPUを搭載した1Uサイズのエントリーサーバ「SPARC M12-1」の販売を開始いたします。
2017年4月に販売開始したハイエンドサーバ「SPARC M12-2S」およびミッドレンジサーバ「SPARC M12-2」とあわせ、SPARC64 XIIプロセッサ搭載サーバ「SPARC M12」がフルラインナップ揃いました。

「SPARC M12-1」は1Uサイズのコンパクトな筐体に最新テクノロジを詰め込み、高い性能、信頼性、仮想化機能を備えています。
動作周波数3.2GHzのSPARC64 XIIプロセッサを1CPU(6コア/48スレッド)搭載し、メモリは最大1TB注1、内蔵ディスクは最大7.2TBまで搭載可能です。


SPARC M12-1

UNIXサーバ SPARC M12-1 概要

「SPARC M12-1」の販売開始により、SPARC64 XIIを搭載するミッションクリティカル向けUNIXサーバのラインナップをエントリーモデルまで拡充いたしました。「SPARC M12」は、お客様のビジネスニーズに応じて、最適な製品をご選択いただけます。

SPARC M12-1による圧倒的なプライスパフォーマンス

SPARC M12-1は、従来比2.3倍注2に性能向上した最新SPARC64プロセッサ「SPARC64 XII」を搭載しています。
また、「SPARC64 XII」は、ソフトウェア処理の一部をプロセッサ上で実行する「Software on Chip」を実装しているため、Oracle Database In-Memory を高速化するSIMDや、10進浮動小数点演算などをハードウェア(プロセッサ)上で処理し、圧倒的な処理性能を実現します。


SPARC64 XII プロセッサ

【徹底解説】ソフトウェア処理の一部をハードウェアに組み込む「Software on Chip」

プロセッサコア性能比較(SPECint®_rate2006)

2013年に販売開始したSPARC M10-1に搭載する「SPARC64 X+」プロセッサと比較した場合、2.3倍のコア性能向上を実現します。また、2011年に販売開始したSPARC Enterprise M3000に搭載する「SPARC64 VII+」プロセッサと比較した場合は、4.8倍注2のコア性能向上を実現しています。

さらに、SPARC M12-1はコア単位でのシステム増強が可能な「CPUコア アクティベーション」に対応しています。CPUコア数を最小限に抑えることにより、ミドルウェアのライセンスコストを抑制しながら、ビジネスの成長に合わせたリソース増強を可能にします。

簡単移行

Solaris 8やSolaris 9、Solaris 10で稼働している古いSolaris資産を、最新UNIXサーバ SPARC M12へ簡単に移行するための「Solaris移行サービス」をご用意しています。
お客様からのご要望に応じて、サービス内容をカスタマイズすることができ、さまざまなシステム環境に柔軟に対応します。

移行プロセス

移行サービスについてのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

多様な選択肢

企業のICTインフラに対するニーズは時代とともに変化し、その変化のスピードは速度を増しています。企業は従来のシステム資産を維持するとともに、この変化に対応していかなければなりません。

富士通のUNIXサーバ「SPARC M12」は、この度の「SPARC M12-1」の発表により、フルラインナップが完成いたしました。1CPUを搭載した1Uサイズのエントリーサーバ「SPARC M12-1」から、2CPUを搭載する4Uサイズのミッドレンジサーバ「SPARC M12-2」、ハイエンドサーバには、4.25GHzのSPARC64 XIIプロセッサを搭載し、最大32CPU/384コア/3072スレッドまで拡張可能な「SPARC M12-2S」をご用意しています。


SPARC M12-1
3.2GHz、1CPU搭載
(6コア、48スレッド)


SPARC M12-2
3.9GHz、2CPU搭載
(最大:24コア、192スレッド)


SPARC M12-2S
4.25Hz、2CPUを1筐体~16筐体まで増設可能
(最大:384コア、3,072スレッド)

また、富士通のUNIXサーバは、お客様の要件や課題に合わせて、オンプレミス、クラウド、垂直統合型の中から、最適かつ最善の環境をお選びいただくことができます。
最新UNIXサーバ「SPARC M12」をベースとした多様な選択肢をご提供し、お客様の競争力強化に継続して貢献してまいります。

SPARC M12 ラインナップ
SPARC/Solarisクラウド FUJITSU Cloud Service U5
垂直統合型商品。PRIMEFLEX for Oracle Database

(注1)2017年7月現在の最大搭載メモリ容量は1台あたり512GB。512GBを超える構成は2017年第4四半期以降提供開始予定。

(注2)SPECint®_rate2006

性能値および測定環境
  • SPARC M12-1
    測定値(Peak): 406(コアあたり:67.66)
    測定環境:SPARC64 XII(3.2GHz)× 1CPU(6コア)、Oracle Solaris 11.3 SRU 20.6, Version 12.6 of Oracle Developer Studio
    (2017年7月11日時点で、本性能値はSPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation)へのsubmitを完了しています。)
  • SPARC M10-1
    測定値(Peak): 468(コアあたり:29.25)
    測定環境:SPARC64 X+(3.2GHz)× 1CPU(16コア)、Oracle Solaris 11.1 SRU15.4、Version 12.3 of Oracle Solaris Studio、10/13 Patch Set
    (出典:https://www.spec.org/cpu2006/results/res2014q2/cpu2006-20140404-29188.html新しいウィンドウで表示
  • SPARC Enterprise M3000
    測定値(Peak): 56.2(コアあたり:14.05)
    測定環境:SPARC64 VII+(2.86GHz)× 1CPU(4コア)、Oracle Solaris 10 9/10、Version 12.2 of Oracle Solaris Studio
    (出典:https://www.spec.org/cpu2006/results/res2011q2/cpu2006-20110328-15287.html新しいウィンドウで表示

SPARC64 XIIプロセッサ搭載 世界最速UNIXサーバ SPARC M12

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)