GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 特集記事 >
  8. HP-UX/Integrityサーバの次の選択肢 - SPARC/Solaris

HP-UX/Integrityサーバの次の選択肢 - SPARC/Solaris

 

掲載日:2019年1月24日

HP-UX/Integrityサーバをご利用の皆様へ
サーバ更改時には、ぜひSPARC/Solarisもご検討ください。

Integrityサーバご利用の方のお悩み

富士通のSPARC/Solarisサーバは、Integirtyサーバをご利用の方のお悩みを解決します。

メインフレームクラスの信頼性

業務を止めない自社開発技術

富士通のSPARC/Solarisサーバは、メインフレームクラスの信頼性(RAS:Reliability, Availability, Serviceability)を実現するため、LSIレベル、ユニットレベル、システムレベルで信頼性を追求し、それぞれのレベルで信頼性を積み上げることでシステム全体の可用性を向上しています。

最新サーバへの移行で圧倒的な性能

最新のSPARC64™ XIIで大幅に性能向上

データベースの費用と移行も安心

SPARC M12に移行すると、オラクルのProcessorライセンスの適用係数が半減

Processorライセンスの適用係数:Oracle Processor Core Factor Table

Oracle Databaseの移行性

SPARC M12へのOracle Databaseの移行は難しくありません

OSの長期サポート

2034年まで新規パッチを提供可

パンフレットのご提供

[SPEC CPU2006ベンチマークテスト 測定環境]

■HP Integrity BL860c i2

測定値(Base): 128
測定環境:Intel Itanium 9350(1.73GHz)× 2CPU(8コア)、HP-UX 11i v3 Data Center Operating Environment B.11.31.1003、HP C/aC++ Developer's Bundle C.11.31.05
(出典:https://www.spec.org/cpu2006/results/res2010q1/cpu2006-20100208-09616.html)

■SPARC M12-2S

測定値(Base): 612
測定環境:SPARC64 XII(4.25GHz)× 1CPU(8コア)、Oracle Solaris 11.3(with June 2017 SRU)、C/C++: Version 12.6 of Oracle Developer Studio
(出典:https://www.spec.org/cpu2006/results/res2017q2/cpu2006-20170331-46854.html)

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-T46VJF7