VDIとは、Virtual Desktop Infrastructureの略で、パソコンを仮想化した仕組みです。通常はパソコンで行っている処理をサーバ上の仮想化されたパソコンで実行し、利用者の手元の端末(パソコン/タブレット/スマートフォン)にはその画面だけを転送するので、情報漏えいのリスクが軽減されます。
一方、グラフィックスリソースを必要とするアプリケーションの動作には課題があります。

VDIグラフィックスカードの必要性

近年、利用が増加しているVDIですが、サーバに多くの仮想デスクトップ環境が置かれるため、画面表示処理にCPU能力が使われ、ファイルやネットワークなどの本来のサーバ処理に影響してはシステム構築の目的が達成できません。
たとえば、快適に高解像度処理を行いたい時、サーバ上のデスクトップ環境で処理するVDIグラフィックスカードが必要となるのです。
FUJITSU Server PRIMERGYとVDIグラフィックスカードで、快適な動作環境での生産性向上と、いつでもどこからでも高度なグラフィックス処理が可能になります。

VDIグラフィックスカードラインナップとPRIMERGY適用機種

VDIグラフィックスカード NVIDIA Tesla M10VDIグラフィックスカード NVIDIA Tesla M60 VDIグラフィックスカード NVIDIA Tesla P40

特長

  • 仮想環境においてグラフィックス処理の負担をCPUからGPUへと切り替え、Citrix、MicrosoftおよびVMware等の代表的な仮想化ソリューションを活用可能。
    また、3Dが多用されるアプリケーションを含む全ての重要なアプリケーションにアクセス、極めて応答性のよいWindows と豊かなマルチメディアの環境を提供可能。
  • 場所を問わず高度なグラフィックス処理を必要とするアプリケーションを利用可能。
  • NVIDIA GRID ソフトウェアライセンス&サポートライセンスは、「3年」、「5年」の2つをご用意。
    お客様の用途により、「仮想PC」、「仮想アプリケーション」、「Quadro 仮想DCWS(データセンターワークステーション)」、また、教育機関向けの「エデュケーションライセンス」から選択可能。

複数ユーザが、どこでも、いつもと同じようにグラフィックスデータを扱える
「FUJITSU Server PRIMERGY」 + 「VDIグラフィックスカード」でオフィスの生産性向上と快適な高解像度処理の実現を。

Powerful Virtualization for Applications, Desktops and Workstations [英語]

働き方改革にPRIMERGYからのご提案
NVIDIA Tesla M10 + RX2540 M4 ソリューション

  • 【課題】
    VDIを採用する企業は増加傾向にありますが、ネットワークへの負荷やグラフィックス性能等の課題があります。

    Fujitsu VDI - Flexible infrastructure for a flexible workforce(英語)

  • 【解決策】
    そんな時、NVIDIAの仮想GPU技術とPRIMERGY RX2540 M4にお任せください。
    一般オフィス業務用途に最適なTesla M10を搭載したRX2540 M4上でVDI環境を構築、そこにNVIDIA GRIDソフトウェアをインストールし、各Virtual Machine(仮想マシン)へM10のGPUリソース(1VMあたり512MBもしくは1GBのGPUメモリ)を割り当てます。
    M10は、1GPUあたり32GBのビデオメモリを搭載しており、RX2540 M4はM10を2枚搭載可能なため、512MBずつであれば、計128VM、1GBずつであれば、計64VMへの割り当てが可能となります。
    これにより、事務系のアプリケーションのスクロールが、より滑らかに、動画再生時のCPU使用率を抑制、Web会議の画像を鮮明に出力しCPU負荷を抑える等、VDIの品質と性能向上に寄与し、働き方改革にも貢献できます。

    富士通は、NVIDIA GPUによるVDIグラフィックスカードソリューションをワンストップサポートできる、世界で唯一のサーバベンダーです。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ