お客様のビジネスの成長を支える
富士通が考えるコンピュータプラットフォーム

クラウド・AI時代にどのようなプラットフォームが求められているのでしょうか。
ビックデータ、IoT、AI、ブロックチェーンといったICTテクノロジの急速な発展は、
ビジネスチャンスでもあり、ビジネスリスクでもあります。
このような予測不能な時代に富士通はお客様のビジネスの成長を支えるプラットフォームを提供し続けます。

Mission富士通のミッション

  • 自社技術に対して継続的に投資し、お客様に最良の製品・サービスを提供していきます。
  • 高信頼性・高品質にこだわり続けます。
  • お客様の用途や業種・業態にあわせたベストなサービス、付加価値の高いサービスを提供します。

富士通は、お客様がビジネスチャンスを掴むための「攻めと守りに使えるコンピュータプラットフォーム」を提供し、
パートナーシップを一層深めていきたいと考えています。

Strategy攻めと守りのコンピュータプラットフォーム

  • お客様の要望を最短で実現
  • お客様の既存ICT資産を守る
  • お客様の業種・業態に最適化

お客様の要望を最短で実現

クラウド・AI時代ではスピード感のあるビジネス革新(デジタルトランスフォーメーション)が求められています。

富士通は、お客様の要望を最短で実現するために、Software Defined技術を活用し、
様々な用途に利用できる可用性の高い製品でサポートしたいと考えております。
これにより、お客様は、サーバ、ストレージ、ネットワークを個別に管理する必要がなくなり、スピーディーかつシンプルに導入できます。
また柔軟な拡張も可能となります。その結果、ICTシステムの構築・運用負担とコストを下げることができるのです。

富士通は、Software Definedの技術を利用した効率的な運用管理を実現するために技術的な課題の解決に長年取り組んできました。
例えば、ストレージでは、ハードウェア設計担当エンジニアも、ソフトウェアの事を理解し、
ソフトウェア担当エンジニアと 協力しながら開発を進める必要があります。
富士通では、こうした社内での協力体制を整えるために、組織体制の変更や人材交流を早くから進めており、
Software Defined対応製品のラインナップを増やしています。

また、オンプレミスからパブリッククラウド・ハイブリッドクラウドまで、
お客様のビジネス価値の最大化に向けた最適なICT環境をワンストップでご提供します。

お客様の既存ICT資産を守る

お客様がこれまでに築き上げたICT資産は、お客様の競争力の源泉です。お客様のICT資産をどう守るかは富士通にとって重要なテーマです。

富士通は自社技術への継続的な投資により、今後も長期に渡りコンピュータプラットフォームの提供と機能強化を行い、
お客様ICT資産の継承・進化をご支援します。
また、高信頼・高品質に徹底的にこだわる富士通のコンピュータプラットフォームが
お客様ICTシステムの安定稼働を着実に支えていきます。

富士通がお客様のICT資産をしっかりと守ることで、お客様とともに新たな価値創造により注力できると考えています。

お客様の業種・業態に最適化

お客様を取り巻く社会情勢やコンピュータプラットフォームに対するニーズが変化する中で、
お客様の環境に最適化された製品ラインナップが必要とされています。
用途や業種・業態に合わせることで効率よく確実に、お客様の攻めのICT戦略をサポートすることができ、
新しい価値を創造できると考えています。
富士通はお客様のICTの利用環境に合わせて、SMB(中堅・中小企業のお客様)、
エンタープライズ、HPC、データセンターのカテゴリごとにコンピュータプラットフォームをご提案いたします。

Futureお客様と共に創る未来

富士通は、お客様への利便性の提供、顧客体験価値の最大化がもっとも重要になると考えます。
そのためにスモールに立ち上げ、改善しつつ、段階的に投資が可能な拡張性の高いコンピュータプラットフォームをご提供します。

また、これからはデータが価値を生む時代になります。
富士通の技術でお客様のデータを守りつつ、価値を創出して、お客様のデジタルトランスフォーメーションを牽引していきます。

富士通は、これまでも、これからもお客様の攻めと守りのICT戦略のベストパートナーであり続けたいと考えています。

ページの先頭へ