Sグループ 様 / ABCペトロール 様

既存ソフトウェアをつないだ革新的な
決済アプリケーションを共創

Sグループの子会社であるABCペトロールは、顧客サービス改善につながる新たなプラットフォームの導入を望んでいた。富士通が既存ソフトウェアに新規アプリケーションを統合したプラットフォームを開発し、給油サービス向けモバイル決済という革新的なソリューションを実現。

富士通がサポートするプラットフォームにより、お客様の購買傾向がわかり、最適な商品を提供できます。ロイヤリティも高まり、ABCでの購入にインセンティブを提供できます。

ABCペトロール,
Development Director,
Antti Erikivi 様

新規と既存のITタスク統合が、新プラットフォーム構築の鍵

Sグループ様は、フィンランドで小売やサービス事業を展開している企業グループです。国内に1,600カ所以上の店舗を有しています。その子会社の1つが、400カ所以上で給油サービスおよび小売を行うABCぺトロール様(以下、ABC)です。もう一つが、金融の分野で様々な革新的ソリューションを提供しているS-Bankです。

ABCは競争の激しい石油業界では後発企業で、1998年に最初のガソリンスタンドを設置しました。そのため、自社を常に破壊的イノベーターと位置づけ、近隣地域向けの雑貨販売やレストランなどの新しいサービスを導入してきました。ABCは顧客の利便性を重視したアプローチで、常にお客様の生活を便利にする新しい方法を模索しています。

ABCペトロールのDevelopment Directorを務めるAntti Erikivi様は次のように述べています。

「これまでの慣習にチャレンジし、古い市場に新しいものをもたらすことが私たちのDNAです。歴史の長い競合他社は常に自動車のニーズに目を向けていましたが、私たちは人のニーズを中心にサービスを構築しました。顧客エクスペリエンスの向上が私達のビジネスのモットーです。」

顧客の利便性をさらに向上させるため、ABCは新たな決済プラットフォームを導入しようと考えました。モバイルアプリで給油機を選び、自動的に支払いも行う仕組みです。兄弟会社のS-Bankはすでにモバイル用アプリを持っていましたが、既存の富士通のPOSハードウェアや小売向けソフトウェアとの統合が課題になっていました。(続きはBook2 38ページをご覧ください)

お客様情報
所在地 ヘルシンキ フレミンギンカト 34( フィンランド)
設立 1904年
従業員数 37,000人以上( 2016年現在)
URL https://www.s-kanava.fi/web/s/en/s-ryhma-lyhyesti(英語)

その他の事例

製造
金融
小売
医療
農業
教育
公的機関
インフラ
その他
 

5分で分かるDigital Co-creation

 

ビジネス・リーダーが成果を生み出すための共創とは?

 

テクノロジー・リーダーがデジタル技術を活用して共創を主導するには?

Top of Page
Top of Page