富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way)

FUJITSU Way とは

富士通は2008年4月1日に富士通グループの理念・指針であるFUJITSU Wayを改定し、新たなFUJITSU Wayをスタートしました。

FUJITSU Wayは、富士通グループが今後一層の経営革新とグローバルな事業展開を推進していく上で不可欠なグループ全体の求心力の基となる企業理念、価値観及び社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則を示したものです。

すべての富士通グループ社員は、FUJITSU Wayを等しく共有し、日々の活動において実践することで、グループとしてのベクトルを合わせ、さらなる企業価値の向上と国際社会・地域社会への貢献をめざしていきます。

FUJITSU Wayの体系

FUJITSU Wayは企業理念、企業指針、行動指針、行動規範の4要素から成り立っています。

まず「企業理念」では、富士通グループの存在意義、社会において果たすべき役割を示し、次に「企業指針」では企業理念の実現に向けてグループとして大切にすべき価値観を表しています。そして「行動指針」、「行動規範」ではそれぞれ富士通グループ社員として積極的に実践すべきことと必ず遵守すべきことを掲げています。

企業理念 富士通グループの存在意義企業指針 企業理念の実現に向けて富士通グループとして大切にすべき価値観行動指針 企業指針に基づき社員が積極的に実践すべきこと行動範囲 富士通グループの社員として厳守すべきこと

企業理念

富士通グループは、常に変革に挑戦し続け
快適で安心できるネットワーク社会づくりに貢献し
豊かで夢のある未来を世界中の人々に提供します

  • 企業指針

    目指します

    社会に貢献し地球環境を守ります

    社会・環境

    お客様、社員、株主の期待に応えます

    利益と成長

    企業価値を持続的に向上させます

    株主・投資家

    常にグローバルな視点で考え判断します

    グローバル

    大切にします

    多様性を尊重し成長を支援します

    社員

    かけがえのないパートナーになります

    お客様

    共存共栄の関係を築きます

    お取引先

    新たな価値を創造し続けます

    技術

    お客様と社会の信頼を支えます

    品質

  • 行動指針

    常に社会・環境に目を向け、良き社会人として行動します

    良き社会人

    お客様起点で考え、誠意をもって行動します

    お客様起点

    現場・現物・現実を直視して行動します

    三現主義

    高い目標を掲げ、達成に向けて粘り強く行動します

    チャレンジ

    目標に向かって、臨機応変かつ迅速に行動します

    スピード

    組織を超えて目的を共有し、一人ひとりが責任をもって行動します

    チームワーク

    行動規範

      • 人権を尊重します
      • 法令を遵守します
      • 公正な商取引を行います
      • 知的財産を守り尊重します
      • 機密を保持します
      • 業務上の立場を私的に利用しません
Top of Page