GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. エントリー

富士通アクセラレータプログラム エントリー

富士通アクセラレータプログラム

What's New! 富士通からのお知らせ

  • 2017年4月4日ピッチコンテストの開催結果を追加ました
  • 2017年3月31日ピッチコンテスト登壇企業の情報を追加ました
  • 2017年3月21日富士通アクセラレータプログラム第4期のエントリー受付を締め切りました
  • 2017年3月10日ピッチコンテストの申込受付を開始しました
  • 2017年3月6日プログラムサポーターの情報を追加しました
  • 2017年2月23日募集テーマ、プログラムサポーターの情報を追加しました
  • 2017年2月13日富士通アクセラレータプログラム第4期へのエントリー受付を開始しました

Pitch Contestピッチコンテストに関する情報

開催概要

日時:
2017年4月4日(火) 13:00~(受付開始 12:30)
会場:
Nagatacho GRID
東京都千代田区平河町2-5-3 [アクセスOpen a new window]
対象:
富士通との協業に興味のあるスタートアップ
事業会社の新規事業担当者

開催結果

審査員・来場者による審査により、最優秀賞1社、優秀賞2社が決定しました

登壇企業

株式会社アイコトバOpen a new window株式会社アジラOpen a new window株式会社アストロ数理ホールディングスOpen a new window株式会社アプトポッドOpen a new window株式会社インプリムOpen a new window株式会社ウェルモOpen a new windowHmcomm株式会社Open a new windowCapy Inc.Open a new window株式会社SassorOpen a new window株式会社スターワンOpen a new windowタシナレッジ株式会社Open a new windowデジタルバンク株式会社Open a new windowノバルス株式会社Open a new window株式会社HacobuOpen a new window、株式会社BIT、VUFINE, Inc.Open a new window4Dセンサー株式会社Open a new window株式会社FusicOpen a new window株式会社PaykeOpen a new window株式会社ペットボードヘルスケアOpen a new window株式会社マツリカOpen a new window株式会社 Mobile Order LabOpen a new windowモビルス株式会社Open a new windowYume Cloud Inc.Open a new window株式会社リンクジャパンOpen a new window

ピッチコンテストは終了しました

Overview 富士通アクセラレータプログラムとは?

革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組み合わせ、
オープンイノベーションで世の中へ新たな価値を提供することを目的としています。
豊富な顧客基盤を持つ富士通事業部門とのマッチングによる新たな事業機会の創出を目指します。

書類審査、面談、ピッチコンテストにより
マッチングされた スタートアップと弊社の
事業部門がチームを組み、 新たな事業創出
に取り組みます

協業が
成立した
場合

弊社コーポレートベンチャーファンドから
投資をさせて頂く可能性があります
〈ご参考〉富士通のベンチャー支援

Applicant 募集対象

プロダクトを持つアーリー~ミドルステージのスタートアップ

Requirements 募集テーマ

  • A. AI
  • B. セキュリティ
  • C. IoT
  • D. クラウド
  • E. その他

例えば、以下のような協業に関するご提案をお待ちしています

A
  • 様々な業種(金融、流通、自治体など)の大企業顧客の、特定業務課題を解決するためのAI技術、ソリューション、API
  • AIプラットフォームサービスを進化させるディープラーニング技術、オリジナルなAI技術など(富士通AIプラットフォームへの適用を想定)
  • 自然言語処理技術(音声認識、多言語対応、方言対応など)
    ※ロボットへの適用を含む
B
  • サイバー攻撃を受けた際の被害を最小化するための技術、サービス
  • セキュリティ対策の運用負荷を圧倒的に軽減する技術、サービス
C
  • バッテリレスセンサー技術とLPWA/Sigfoxを組み合わせた新たな事業展開
  • 製造業あるいは保守保全業務向けに用途開発した技術・サービス
    • データ入力の自動化
    • 点検時、リアルタイムにアノマリ予測 など
D
  • クラウドプラットフォームサービスを進化させる技術
    (富士通クラウドサービスへの適用を想定)
    • サーバレスアーキテクチャの実現:アプリケーションサーバを必要としないアプリケーション実行基盤の技術
    • IaaS/PaaS運用管理の高度化:クラウドリソースを動的に構成、俊敏なハイパースケールを提供する技術
    • エッジコンピューティングにおけるクラウド – エッジ間連携の最適化技術 など
E
  • 金融分野へ新たな価値を提供するための異業種サービスまたは先端技術
  • 食農バリューチェーンや地域活性化を実現するための技術、サービス
  • シェアリングサービスを高度化する機能及び新たなシェアリングサービスの共同開発
    • SNS連携、多様な決済手段との連携(地域通貨、ポイント、クレジットカードなど)
    • 地域課題解決への住民参加を促進するサービス
      (ベビーシッター/子供の一時預かり、交通手段確保、住まいの確保など)
    • 公共サービスの代替あるいは組合せによる新たな価値提供

※上記は一例となります。スタートアップの自由なご応募をお待ちしております。

Program Details

プログラム案内 (1.62 MB )

Benefits 本プログラムの特長

富士通グループのアセットを
最大限に活用した協業を検討

  • 豊富な顧客基盤(約17万社)
  • 大規模事業展開に必要な機能(販売チャネル、保守サポート体制、生産能力、コールセンター等)
  • FUJITSU Cloud Service K5Open a new window を最大一年間無償利用可能
  • 会員制オープンアクセス型DIY工房「TechShop TokyoOpen a new window」(六本木アーク森ビル)を半年間無償利用

Schedule 開催スケジュール

スケジュール解説図

Achievements 弊社事業部門とチームを結成し、協業検討活動を行っている企業

(協業検討実績 ※50音順)株式会社Eyes, JAPAN、株式会社イノーバ、株式会社エーアイ、カディンチェ株式会社、カレンシーポート株式会社、株式会社グリッド、株式会社サイカ、Z-Works株式会社、株式会社スカイディスク、株式会社スタディスト、スマートアイデア株式会社、Soha Systems, Inc.、株式会社ソニックス、株式会社空、株式会社トプスシステムズ、株式会社HAMOLO、株式会社BBStoneデザイン心理学研究所、株式会社みらい翻訳、株式会社マッシュルーム、Mobingi, Inc.、株式会社ヤマップ、ユカイ工学株式会社、ユニロボット株式会社、リープマインド株式会社、Redrock Biometrics, Inc. 株式会社Eyes, JAPAN 株式会社イノーバ 株式会社エーアイ カディンチェ株式会社 カレンシーポート株式会社 株式会社グリッド 株式会社サイカ 株式会社Z-Works 株式会社スカイディスク 株式会社スタディスト スマートアイデア株式会社 Soha Systems, Inc. 株式会社ソニックス 株式会社空 株式会社トプスシステムズ 株式会社HAMOLO 株式会社BBStoneデザイン心理学研究所 株式会社マッシュルーム 株式会社みらい翻訳 モビンギ株式会社 株式会社ヤマップ ユカイ工学株式会社 ユニロボット株式会社 リープマインド株式会社 Redrock Biometrics, Inc.

Program Supporter 富士通アクセラレータプログラムサポーター

富士通グループ ピッチコンテスト審査員 兼 協業検討責任者

  • 富士通(株)
    執行役員常務
    阪井 洋之

  • (株)富士通九州システムズ
    執行役員
    大島 昭

  • (株)富士通総研
    執行役員常務
    長堀 泉

  • (株)富士通ビー・エス・シー
    執行役員
    仲田 孝司

  • サイバーセキュリティ
    事業戦略本部
    セキュリティ商品戦略統括部
    統括部長 瀬尾 隆一

  • デジタルフロント事業本部
    イノベーションビジネス統括部
    部長 高津 陽一

  • デジタルフロント事業本部
    情報統合システム事業部
    シニアマネージャー 斉藤 一実

  • 行政・文教システム事業本部
    事業戦略統括部
    室長 岡田 英人

  • ソリューション・グローバル
    ビジネス推進室
    担当課長 福田 博行

  • デジタルビジネスプラットフォーム
    事業本部
    本部長 太田 雅浩

  • ネットワークサービス事業本部
    IoTビジネス推進室
    部長 黒下 和正

  • AIサービス事業部
    事業部長 中条 薫

  • イノベーティブIoT
    事業本部
    本部長代理 小林 午郎

  • グローバルビジネス戦略本部
    サービスプラットフォーム
    戦略企画室
    シニアマネージャー 早川 成廉

  • アドバンストシステム開発本部
    AIプラットフォーム事業部
    シニアマネージャー 永井 浩史

  • (株)富士通総研
    第一コンサルティング本部
    金融・地域事業部
    事業部長 栃原 稔

プログラムサポーター

プログラム全体サポーター

  • 富士通アクセラレータ
    プログラム事務局
    代表 徳永 奈緒美

  • 経営戦略室
    マネージャー 柘植 裕人
    (コーポレートファンド担当)


  • テックショップジャパン株式会社
    代表取締役社長
    有坂 庄一
    http://www.techshop.jpOpen a new window

プログラム北米サポーター(USA Office)

  • Fujitsu Laboratories of America, Inc.
    Masahiro Onchi

  • Fujitsu Laboratories of America, Inc.
    Takuro Watanabe

  • Fujitsu Laboratories of America, Inc.
    Kanako Kamamatsu

富士通アクセラレータプログラム事務局

FAQ よくあるご質問

富士通アクセラレータプログラムについて

このプログラムの目的は何ですか?
革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組合せ、オープンイノベーションで世の中へ新たな価値を提供することを目指します。
このプログラムはどのようなビジネスプランを対象にしていますか?
弊社が指定した分野を中心とした事業提携を目的としております。募集カテゴリや提案内容の例については、こちらをご参照ください。
このプログラムの特徴は何ですか?
富士通の事業部門で決定権を持つ幹部が、スタートアップとの事業創出に取り組みます。富士通が保有する大規模事業展開に必要なリソースを活かした協業プランを検討します。
プログラム期間中、東京にいる必要はありますか?
定期ミーティングや各種イベントにはご参加頂きますが、それ以外は東京にいる必要はありません。

富士通アクセラレータプログラムへの応募について

参加に費用はかかりますか?
応募に費用はかかりませんが、面接やピッチコンテストへのご参加頂く際の宿泊費・交通費等は弊社では負担いたしません。オンラインでの面談も可能ですので、ご希望の際は事務局へご連絡ください。
年齢・性別・国籍などで応募に制限はありますか?
年齢・性別・国籍に制限はありません。

ピッチコンテストについて

ピッチコンテストを行う目的は何ですか?
協業プランと弊社事業部門との親和性を見極めるために行います。
ピッチコンテストでは何をするのですか?
書類選考を通過した企業に弊社との協業提案のプレゼンテーションをして頂き、
事業部門との個別面談、協業検討に進む企業を選抜します。
ピッチコンテストでは何社選抜されますか?
ピッチコンテストでは20社程度を選抜し、その後の事業部門との面談フェーズに進んでいただきます。

事業検討開始後の契約について

知的財産権はどのようになりますか?
参加者が本プログラム過程で、単独で新しく創出した「成果」に係る知的財産権は参加者に帰属します。「成果」に富士通が所有する知的財産権が含まれる場合、富士通の知的財産権について権利は移転せず、 当該部分を除き、参加者が単独で開発した部分の知的財産権のみが参加者に帰属します。

ENTRY 富士通アクセラレータプログラム 第4期の応募手続き

第4期の応募受付は終了しました

ご提出いただいた個人情報およびビジネスプランは、富士通株式会社のプライバシーポリシーに基づき厳重に取り扱いいたします。
http://www.fujitsu.com/jp/about/resources/privacy/Open a new window

Contact 本プログラムに関するご質問やお問い合わせはこちら

富士通アクセラレータプログラム事務局

email contact-fap@cs.jp.fujitsu.com

GTM-PXS52M5