支払いは“ 手をかざすだけ”
先進事例で見えた
「本人確認」の最適解

店頭での決済をより手軽に済ませたい――。こうした要望を実現するため、QRコードをはじめ、様々な決済手段が生まれている。その最先端の手法として注目されているのが「手のひら静脈認証」である。カードやスマホも必要とせず、手ぶらで決済できるのが特徴だ。すでに韓国セブンイレブンで本格的な利用が始まっている。高い認証精度だけでなく、血管を使う偽造にも強い認証方式であるため、決済だけではなく幅広い領域で活用できる。ここでは手のひら静脈認証の最先端事例を紹介した上で、その特徴や優位性、すでに始まっている現場での活用事例を俯瞰していく。

  • 「手のひら」で買い物を実現したLOTTE CARD
  • 手のひら静脈認証が持つ3つの優位性と適用分野
  • この分野をリードする富士通、利用者は全世界で8200万人
  • 国内銀行のATMや徘徊者の身元特定で活躍

続きは、こちらからお読みいただけます

ページの先頭へ