GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. サイバーセキュリティ >
  4. 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは

標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、
効果を最大化する先進技術とは

執拗さを増している近年の標的型攻撃への対抗策は、マルウェアへの感染が防げないことを前提に、その被害を最小化する手法に重点が移っている。中でも脚光が当たっているのは、電子的記録を解析し、その事象に関わる証拠を抽出して対策を打つ「デジタルフォレンジック」である。これまではデータ収集と専門家による分析に時間がかかり、十分な効果が発揮できないという課題を抱えていた。これら問題を解決できる先進技術を紹介した上で、ビジネスの現場に導入することの価値を解説する。

感染後の対応を大きく左右する内部調査のスピード

ターゲットとなる組織を定め、組織内部のPCを踏み台にして執拗に攻撃を仕掛ける「標的型攻撃」が、セキュリティ上の大きな問題になっている。最近ではデータを暗号化して使用不能にした上で身代金を要求する、「WannaCry」に代表されるランサムウェアの被害が拡大するなど、攻撃手法も高度化し続けている。

従来のように、マルウェアを水際で防いで内部ネットワークに入れない、PCのエンドポイントセキュリティでマルウェアの感染を防ぐ、といったアプローチでの対応は難しくなってきた。マルウェアの亜種は想像を絶するスピードで増え続けており、マルウェア発見のためのシグネチャが公開される前に、侵入されてしまう危険性が高まっているからだ。

これからのサイバー攻撃への対応は「感染することを前提に」する必要がある。そのための手法として注目されているのが「デジタルフォレンジック」である。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード

GTM-54WZS5
138-BFF-042