GTM-MML4VXJ
Skip to main content

クライアント仮想化

オフィスと同じ環境を、社外でも。

自宅のパソコンなど社外においても、オフィスにある自席のPCと同様の環境で作業をしたいという要求が高まっています。その理由として、災害時の事業継続にあたり在宅勤務やサテライトオフィスを検討している企業が増えていることや、外出先から社内サーバにアクセスし業務を行いたいという現場からの要望などがあります。
柔軟なワークスタイルで生産性の向上が望める仮想環境の構築には、業務の内容とセキュリティの強度に応じた仮想化ソリューションを選択することがポイントです。

よくある課題

自宅のPCから自席の端末に接続できない

社外から接続できる安全なネットワーク環境がないので、業務報告のために帰社することがある

端末に業務データが残るので、セキュリティが心配

社内環境にアクセスした端末に閲覧履歴が残るので、盗難・紛失時の情報漏えいに不安がある

コストが高くシンクライアント環境を構築できない

セキュリティの品質を高めるためにシンクライアントを導入したいが、コストの問題で導入に踏み切れない

システム更改に伴い既存の資産を新しいOSで使用したい

旧OSでしか動かないアプリケーションを新OSでもそのまま使用したい

解決策のご提案


業務内容にあわせて仮想環境を構築することが重要

 利用する業務範囲を明確にしましょう
自宅や外出先から社内のネットワーク環境にアクセスできれば、単なる報告のために自社に戻る必要がなくなり、出張の多い上司の決裁もスピーディーにできるなど、業務効率の改善が図れます。しかし、個人情報へアクセスするのにセキュリティ対策が低ければ情報漏えいのリスクが高く、スケジュールの閲覧のみの利用に強固なセキュリティのサービスを利用すればコストが高くなります。仮想化環境を構築する前に、自社で利用する業務範囲を明確にしたうえで導入を決定することが重要です。

 利用するデバイスも検討しましょう
仮想環境の導入を決定したら、どのデバイスで利用するかの検討も必要です。通常PCのみで利用しているアプリケーションによっては、スマートデバイスでは正しく表示できず、専用ソフトが必要になったり、表示速度が極端に遅くなる場合もあります。利用する端末に応じたサービスを選定することで、いつでも、どこでも効率的な業務を可能にします。

富士通では、様々な課題を解決できるシンクライアントソリューションにより、利用シーンにあわせたサービスを提供することで、お客様の業務を支援いたします。

解決策1

端末に業務データが残らないセキュアな環境を実現

社外から自席PCへのアクセス時、接続する端末に業務データが残らないサービスを利用すれば、安心して業務を行うことができます。さらに、社外から自席PCの電源入/切が簡単にできれば、不要な電力消費を抑え、コスト削減も実現します。

FUJITSU Thin Client Solution モバらくだDesktop Access

解決策2

スマートデバイスからWebシステムへのアクセスを実現

外出先からの社内のWebサイトへのアクセス時、既存のPC用の画面をスマートデバイスでも利用できれば、アプリの改修の手間やコストが削減できます。さらに、端末に閲覧履歴が残らないサービスの利用は、セキュアな環境も確保できます。

FUJITSU Thin Client Solution モバらくだVirtual Browser

FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSⅡ ユニバーサルコネクト 携帯ブラウザ接続サービス

FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSⅡ ユニバーサルコネクト コンテンツ変換サービス

解決策3

導入時のコストをかけずにシンクライアント環境を構築

社内と同等のセキュリティや業務効率を求める場合は、シンクライアント環境の構築が必要です。クラウド基盤を利用した仮想デスクトップサービスを月額で利用することで導入時のコストを削減し、さらにシステム環境の運用は富士通の専門の運用要員が行うため、導入後のお客様運用負荷も軽減します。

FUJITSU Managed Infrastructure Service ワークプレイス-LCMサービス 仮想デスクトップサービス V-DaaS

解決策4

セキュリティと利便性を備えた仮想環境を構築

アプリケーションやデータはサーバ側で一元管理し、表示はPCのみで行うシンクライアント環境を自社内に構築すれば、情報漏えい対策などのセキュリティも万全です。さらに、利用者が使用しているソフトウェアを導入することで、遠隔地でも自席と同じPC環境になり、利便性が向上します。

Citrix® XenApp™

Citrix® XenDesktop™

VMware Horizon

解決策5

ノートPCとタブレット、両方の利用形態を実現

ノートPCとして利用している端末のディスプレイ部分だけを取り外して操作できれば、1台の端末をノートPCとしてもタブレットとしても利用でき、場所や状況によって使い分けが可能です。

タブレット ARROWS Tab

さらなるご提案

社外から社内ネットワークに安全に接続

社外からの社内環境へのリモート接続や認証・検疫の仕組みを構築することで、セキュアなモバイル接続環境を実現できます。

FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSⅡ ユニバーサルコネクト

絶対に漏えいできない機密情報は専用線で

社外から社内のネットワークへのアクセス時、インターネット網を経由しない閉域型のサービスを利用することで、社内ネットワークのセキュリティを確保できます。

FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS

端末の盗難・紛失にも備えたい

スマートデバイスのセキュリティ対策を一元管理し、紛失・盗難時の対策や、不正利用などによる情報漏えいリスクから端末を守ります。

FUJITSU Security Solution FENCE-Mobile RemoteManager

ワークスタイル変革でビジネスの成長を実現した取り組み

株式会社アドバンテスト様
シンクライアント化で情報漏洩リスクから脱却、従業員の利便性も向上

シンクライアント化により、情報漏洩対策に加え、いつでもどこでもセキュアに情報を活用できる環境と、投資の平準化を一挙に実現。

株式会社伊予銀行様
タブレットとシンクライアント技術で、セキュアでスピーディーな営業活動を実現

お客さまへタイムリーな提案を行うことを目指し、渉外用タブレット端末から行内システムを参照できるセキュアな仮想デスクトップ基盤を構築。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ様
世界初の手のひら静脈認証センサー内蔵タブレットを2,000台導入

仮想デスクトップで、いつでもどこでも、安心・安全にお客さま情報を活用

ピックアップ

テレワークでひろがる「これからの働き方」テレワーク導入のヒントがつまった冊子ダウンロード【無料】

セキュリティ強化・ワークスタイル変革といえば、富士通のVDI(仮想デスクトップ) 事例集ダウンロード(無料)

FUJITSU JOURNAL 第一人者 西山聡一に聞く「ワークスタイル変革」の今、そして未来

FUJITSU JOURNAL モバイル(ワークスタイル変革)特集 詳しく見る

未来のワークスタイルを切り拓く富士通のVDI

タブレットがもたらすワークスタイル変革 活用事例公開中!

ワークスタイル変革に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)