GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. ハイブリッドIT >
  4. 複雑化したハイブリッドクラウドの運用負荷を軽減 ネットワーク全体の可視化が鍵

複雑化したハイブリッドクラウドの運用負荷を軽減
ネットワーク全体の可視化が鍵

オンプレミスの既存資産を活かしながら、パブリッククラウドの活用も推進したい。このようなニーズから、ICTシステムのハイブリッド化を進める企業が増えている。しかしこの取り組みによって、新たな課題に直面するケースも少なくない。システム全体が複雑化することで運用管理の負担が増大し、トラブル発生時の対応も時間がかかりやすくなっているのだ。しかし、デジタル革新へと向かいつつある現在、オンプレミスのみという選択肢はもはや現実的とはいえない。ではどのようにして、この課題を解決すべきなのだろうか。

クラウドサービスの活用が一般化するに伴い、オンプレミスシステムやデータセンター内のプライベートクラウドと、パブリッククラウドを連携させたハイブリッドクラウドのシステムが増大している。パブリッククラウドは、初期費用の抑制や新規サービスの迅速な立ち上げなどに効果があり、これを既存のオンプレミスシステムとつないで活用したいというニーズは、これからも高まっていくことが予想される。

しかし、このようなハイブリッド型のシステムでは、いくつかの問題に直面する可能性がある。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード

GTM-54WZS5
138-BFF-042