複雑化したハイブリッドクラウドの運用負荷を軽減
ネットワーク全体の可視化が鍵

オンプレミスの既存資産を活かしながら、パブリッククラウドの活用も推進したい。このようなニーズから、ICTシステムのハイブリッド化を進める企業が増えている。しかしこの取り組みによって、新たな課題に直面するケースも少なくない。システム全体が複雑化することで運用管理の負担が増大し、トラブル発生時の対応も時間がかかりやすくなっているのだ。しかし、デジタル革新へと向かいつつある現在、オンプレミスのみという選択肢はもはや現実的とはいえない。ではどのようにして、この課題を解決すべきなのだろうか。

クラウドサービスの活用が一般化するに伴い、オンプレミスシステムやデータセンター内のプライベートクラウドと、パブリッククラウドを連携させたハイブリッドクラウドのシステムが増大している。パブリッククラウドは、初期費用の抑制や新規サービスの迅速な立ち上げなどに効果があり、これを既存のオンプレミスシステムとつないで活用したいというニーズは、これからも高まっていくことが予想される。
しかし、このようなハイブリッド型のシステムでは、いくつかの問題に直面する可能性がある。

例えばシステムのパフォーマンス悪化等の品質低下が発生した場合、どのような対処を行うべきかの判断が難しい。問題の原因がオンプレミス側にあるのか、クラウド側にあるのか、あるいは両者をつなぐネットワークにあるのかが、すぐには判別できないケースが多いからだ。仮に問題の原因がクラウド側にあったとしても、エンドユーザは社内のIT部門にクレームを寄せることになるだろう。IT部門は、自分では直接手出しができないクラウドサービスと、エンドユーザとの間で板挟みになってしまう。

またマルウェア等を利用したサイバー攻撃を受けた場合も、その影響がどこまで広がっているのかの把握に時間がかかりやすい。クラウド上で動く仮想マシンを含めて端末の接続を普段から管理できていないからだ。攻撃発覚から対応までに時間がかかってしまえば、影響範囲が拡大し、情報漏えいやランサムウェアの被害につながる危険性も高くなる。もしこのような事態になれば、やはりIT部門が非難を受けることになるだろう。

とはいえICTシステムのハイブリッド化は、デジタル革新へと向かう時代の要請でもあり、もはやオンプレミスシステムだけの世界には戻れない。オンプレミスシステムと同様の管理性を、ハイブリッドクラウドでも確保するにはどうすればよいのか。IT部門はこの設問への正解を、導き出す必要がある。

必要なのはハイブリッドシステム全体を可視化すること

「そのための第一歩は、オンプレミスシステムとクラウドの両方をカバーした、ネットワーク全体の可視化です(図1)」。このように語るのは、富士通ネットワークサービス事業本部でネットワークサービス技術部 部長を務める櫻井 秀志。管理性低下や対応遅れの根本原因は、可視化が不十分と指摘する。

続けて櫻井は語る。「例えば当社が経験した事例では、クラウド上の仮想デスクトップサービスを利用しているお客様が品質上のトラブルに遭遇し、その原因切り分けに1~2カ月かかったケースがあります。最終的には仮想デスクトップを提供するクラウド側ではなく、エンドユーザの手元にあったPCに原因がありました。クラウドサービス側に不明なブラックボックスの部分があったため、原因を絞り込むことが難しくなってしまったのです。しかし、クラウドが可視化されていれば、原因究明は数時間で完了したでしょう。対応時間にこれだけの差が出れば、IT部門への信頼感も大きく変わってしまうはずです」
しかし、パブリッククラウドまでカバーした可視化は、決して簡単ではない。可視化を行うためにはネットワーク管理ツールがクラウド内の情報を収集し、その情報を基にネットワーク構成などの作図や一覧表を作成する必要があるが、前述のようにパブリッククラウドにはブラックボックスになっている部分があり、情報提供のためのAPIも十分に用意されていないケースが多いからだ。

「この問題を解決するため富士通は、まず自社クラウドサービスであるFUJITSU Cloud Service K5(以下、K5)を対象にした可視化への取り組みを、2017年8月から開始しています」と櫻井。情報収集のためのAPIをK5側に用意するとともに、オープン志向のSDN(Software Defined Networking)コントローラーソフトウェアである「FUJITSU Network VELCOUN-X(ベルクーンエックス、以下、VELCOUN-X)」にも、クラウドまでカバーした可視化機能を実装しているのだと説明する。

図1:可視化が十分ではないことが、ハイブリッドクラウド運用管理の根本的な問題。パブリッククラウドまでカバーした可視化を実現すれば、運用管理負担の増大やトラブル対応の遅れを回避できる 図1:可視化が十分ではないことが、ハイブリッドクラウド運用管理の根本的な問題。
パブリッククラウドまでカバーした可視化を実現すれば、運用管理負担の増大やトラブル対応の遅れを回避できる

続きは、こちらからお読みいただけます

複雑化したハイブリッドクラウドの運用負荷を軽減 ネットワーク全体の可視化が鍵

概要

  • 必要なのはハイブリッドシステム全体を可視化すること
  • End-to-Endでの可視化で軽減される運用管理負担
  • 働き方改革やIoT活用の推進でも可視化が重要に

ページの先頭へ