GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. ハイブリッドIT >
  4. コラム 情シス部門が頭を悩ませる「ハイブリッドクラウド運用」のポイントとは?

情シス部門が頭を悩ませる「ハイブリッドクラウド運用」のポイントとは?

ITスペシャリストコラム

情シス部門が頭を悩ませる「ハイブリッドクラウド運用」のポイントとは?

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスのシステムが、いわば「混在」している環境です。企業によっては複数のクラウドサービスを利用していたり、オンプレミスでないと運用できないシステムがあったりと、ハイブリッドクラウドの構成・内容は、個々の企業で異なります。今回は、“ハイブリッドクラウドに共通する運用のポイント”についてご説明します。

富士通株式会社
プラットフォームソフトウェア事業本部
第二プラットフォームソフトウェア事業部
第三開発部 マネージャー
蔭山 博靖(かげやま・ひろやす)
富士通製のプライベートクラウド向けソフトウェアの開発の立上げ時から参画し、開発から拡販までを担当。現在は、ハイブリッドクラウド向けのソフトウェア企画・開発を担当。

多くの企業が頭を悩ませるクラウドの「管理と運用」

多くの企業でクラウドの利用が進んでいます。その一方で、すべてのシステムを「クラウドに完全移行した」という企業は少ないのではないでしょうか。実際には、「クラウドに移行できないシステム」をお持ちになっていて、「やっぱり全部をクラウドにするのは難しい」という企業が多いようです。

そんなハイブリッドクラウドの環境にある企業の多くは、クラウドの「管理と運用」に頭を悩ませています。複数のクラウドサービスが導入されていたり、以前に契約して現在は使われていないクラウドサービスがそのまま残り、しかも費用は「情シス部門のコストで」払い続けているなど、「混乱」した状態になっているケースがあるのです。

では、どうすれば効率よくハイブリッドクラウドを導入・運用できるのでしょう。

クラウド利用の実態把握

現在、企業におけるクラウド利用は、新製品やサービスの開発部門を中心に進んでいます。クラウドサービスなら開発に必要なサーバーのスペックなどを選択するだけで、スピーディーに開発環境を構築できるからです。

しかし、クラウド利用に関して社内、部署内のコンセンサスがない状態で開発部門が個々にクラウドサービスを導入してしまうと、あちこちで利用されているクラウドサービス全体を管理する部署がない状態で運用されてしまうことになりかねません。

これはセキュリティやガバナンス面でも多くの問題を抱えることになります。既にこのような状況にある場合には、どこかの時点でその修正を行う必要があります。

情シス部門の管理外にあるクラウドが多数存在する場合、その把握には一定の労力と時間が必要となります。対応する支援ツールなどを活用しつつ、関連部署へのヒアリングも必要となります。

運用の標準化で、情シス部門の労力を最適化

前回までのコラムで説明されているとおり、クラウドの導入に向けては「標準化」と「役割り分担」が重要です。ハイブリッドクラウドは、オンプレミスの環境を含め、複数のクラウド環境を束ねる運用方法です。ハイブリッドクラウドを効率よく管理するためには、それぞれのクラウドで使用される用語を含め、提供されるサービス・機能を標準化することが必要です。また、作業項目の分担を具体的に決めることで、保守や不具合発生時の対応がスピーディーに行えるようになります。
また、情シス部門が提供できる運用をメニュー化して、運用にかかるコストを明示することで、利用部門は最適のメニューを選び、情シス部門は本来やるべき運用にフォーカスすることができます。

多数のクラウドを情シス部門が管理するには

このように情シス部門が全体像を把握し、運用ルールを定め、窓口となってクラウドサービスを提供することで、情シス部門は必要なガバナンスやセキュリティのポリシーに沿った運用管理ができるようになります。
しかしルールの明確化や共通サービスの提供だけでは不十分です。ルールを徹底させ、利用部門の利便性も高めていくためには、そのための「仕組みづくり」が必要になります。
その「仕組みづくり」には、管理ツールが大きな役割を果たします。
クラウドの管理は、導入、運用、保守と、その段階に応じた対応が必要です。コストやセキュリティ、ガバナンスといった面でのチェックも欠かせません。また、利用者に対して提供リソースをメニュー化して、セルフサービス型で手軽にクラウドを使えるなど、利便性向上も考慮しないといけません。
管理ツールの選定は、このような項目にどれだけ対応し、管理者の負担を軽減できるかが重要なポイントになります。

クラウド設置も自動化できる、富士通のクラウド管理ツール

富士通には、ハイブリッドクラウドの統合管理を支援する「CSM(Cloud Services Management)」があります。次回は、このCSMによってハイブリッドクラウドの管理がどのように効率化するのか、そのポイントについて紹介します。

2017年12月6日

Top of Page
138-BFF-042
GTM-54WZS5