ITスペシャリストコラム 第1回

「ハイブリッドクラウドで運用は楽になる」は間違い?

最近、「クラウドシフト」や「クラウドファースト」という言葉を良く耳にします。業務システムをクラウドに移行したり、スケジュール管理などにクラウドサービスを利用したりするケースが増えていますが、実際には全てがうまくいっているとは限らないようです。今回は、多くの企業が抱えているお悩みのうち「ハイブリッドクラウドの運用負荷」についてお答えします。

想像以上に大きい運用負荷

実際、ハイブリッドクラウドでシステムを構築した企業の中には、想像以上に運用負荷が大きいことに頭を悩ませている企業もあるようです。そのため、どうしたらメリットがだせるのかという質問をよく受けます。

そもそもハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、そしてオンプレミスの環境が混在している状態です。企業の業務システムの中には、性能、情報セキュリティやライセンス、企業間の契約の問題などからクラウドには移行できずにオンプレミスで運用をしなくてはならないシステムがあります。

そんなとき運用を担当する部門にしてみれば、クラウドとオンプレミスと2種類のシステムを運用しなくてはならない、オンプレミスで適用していたセキュリティポリシーをクラウドにも適用したいがうまくいかないなどの問題がでてきます。

どうすれば、運用負荷を低減できるのか考えていきましょう。

第一歩は「運用項目の標準化」

ハイブリッドクラウドの運用負荷を減らすためのポイントは「運用項目の標準化」です。ハイブリッドクラウドの環境では、クラウドのシステムにもオンプレミスのシステムにも個別に運用が存在し運用手順においても、言葉の定義からそれぞれに異なることが多くあります。

また、複数のクラウドサービスを利用している場合には、クラウドサービスごとに提供される運用サービス(項目)や、内容が異なることも少なくありません。この違いを抱えたまま運用を続けていくのは大きな負荷となります。

ハイブリッドクラウドの環境では、まずは、こうした運用項目(なにをやるのか)、その内容(どのようにやるのか、いつやるのか)などをパブリッククラウド、プライベートクラウド、そしてオンプレミスにかかわらず、再定義し、共通化することが必要です。

運用項目が明確になればクラウドサービスを選択する際にも、サービスごとの提供される運用内容を評価しやすくなります。つまり、自分たちに必要な運用内容が何で、その運用がどこまで提供されるのか、自分たちでは何をしないといけないのかの判断ができるということです。

「業務の流れ」もわかりやすく

もうひとつ、運用業務の流れを明確にしておくことも重要です。これは、システムを利用する業務部門からの問い合わせやサポート依頼などをスピーディに処理するためのものです。

業務部門からの問い合わせやサポート依頼に対して、処理の手順や影響するサービスを事前に想定しておけば、トラブル対応でも試行錯誤が不要になります。

対応が作業レベルに落とし込めるので属人性が排除でき、結果的にスピーディで最小の負荷で作業を終えることが可能になります。

「誰が」「何を」「どうするのか」を明確に

今回は、ハイブリッドクラウドの運用負荷を低減するためのポイントを紹介しました。まずは、「標準化」に取り組み、運用項目、担当者、業務の流れを明確化します。

クラウドを活用すると「運用負荷が軽減される」「コストの抑えられる」とはよく言われますが、実際にそのメリットを享受するためには自社のシステムと業務フローを見直して「誰が」「何を」「どうするのか」を明確にしていくことが大切です。

2017年10月20日

富士通株式会社 オファリング推進本部
ハイブリッドITオファリング統括部長
藪田 有司

製造業のお客様を中心に、ICTインフラ最適化のプロジェクトに数多く参画。現在は各種のクラウドサービス、オンプレミス環境も含むICTインフラ基盤のオファリングの企画提供を行う。

[写真]

「ハイブリッドIT」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ