GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. デジタル革新 >
  4. ものづくり >
  5. 生産設備の稼働状況を可視化し、リアルタイムに監視 予知保全により設備異常の対応時間を28%削減〔株式会社村田製作所様導入事例〕

生産設備の稼働状況を可視化し、リアルタイムに監視
予知保全により設備異常の対応時間を28%削減
〔株式会社村田製作所様導入事例〕

電気を蓄えたり信号ラインのノイズ除去など、スマートフォンから電気自動車まであらゆる電子機器の製造に欠かせないセラミックコンデンサで世界トップシェアを誇る村田製作所。高品質なコンデンサの供給を支える電極材料の製造ラインは24時間連日稼働している状況だ。しかし製造設備は年に数回程度の頻度で故障しラインが停止することがあり、製造設備の予知保全で品質不良やライン停止を防ぐことが重要課題になっていた。早い段階での予知保全を行えるように、富士通と共同で製造設備の稼働状況を可視化した。これによりライン停止に伴う損失を大幅に削減すると共に、製品不良の発生も抑制した。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード

GTM-54WZS5
138-BFF-042