GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. デジタル革新 >
  4. 職場・暮らし >
  5. 働く人の安全対策・行動最適化

働く人の安全対策・行動最適化

働く人の安全対策・行動最適化
IoT活用による働く人の状態・職場の見える化

建設業や製造業などの現場では、炎天下や熱源のある場所などの過酷な環境での作業も珍しくはなく、労働災害が発生するリスクもあります。今、企業では、現場作業者の安全の管理体制を整えることが急務とされています。

熱中症による死亡災害発生件数の推移(平成10年~25年)、熱中症による死亡災害の業種別発生状況(平成22~25年)
厚生労働省「職場における熱中症による死亡災害の発生状況Open a new window」より作成

万が一、事故などで作業者がケガをする、病気を発症するようなケースになれば、本人のその後の人生にも大きく影響するばかりか、企業にとっても管理責任を問われ、社会的な信用失墜につながる可能性もあります。

貨物自動車が関係する災害の産業別内訳
厚生労働省「荷役作業を安全に~荷役作業時における墜落防止のための安全設備マニュアル~Open a new window」より作成

管理者の適切な指示や対応迅速化、環境改善や行動最適化を実現するため、働く人の状態や現場の状況をリアルタイムに把握する必要があります。

現状のニーズと課題

  • 安全
    対策

    夏場を中心に熱中症発生が増加。労災事故を減らしたい

    単独作業時の事故などの発生時は事態の把握、対応が遅れてしまう

    事故の多発場所や傾向の特定など問題を見える化したい

  • 行動
    最適化

    自己申告ベースの業務状況把握だけではなく正確に管理を行いたい

    人員配置の最適化を行い人件費を削減したい

    広大な複数の現場で働く人の所在把握・業務管理を効率化したい

富士通の取り組み

働く人の状態や職場を見える化し、
安全対策や行動最適化を実現

※1熱ストレス:日本生気象学会の「WBGTと気温、湿度との関係」を基に、温湿度にパルス数を加えて算出

利用例

作業員の安全を守る

お客さまのお悩み

  • 夜間などの作業員の単独作業時に、安全対策ができていないため、事故発生時に発見が遅れ、早急な対処ができない可能性がある
  • 農機からの転倒・転落事故の発生が増加しているが、農業は一人作業が多く、時に発見が遅れがちである
  • 夏場の炎天下や熱源がある場所での作業時に、休憩や水分補給の促進など対策を講じても、熱中症で作業員が倒れてしまった
  • 見通しの悪い場所やバックでの移動時などに、重機同士や作業員との衝突事故が発生している
  • 機械の動作時には、安全のため周囲への立ち入りを禁止しているが、離れた場所からの操作のため、現場の状況がリアルタイムで把握できず、安全面でのリスクがある
  • 大勢の作業員が複数のエリアに分かれて作業をしており、入退室管理や作業工数を把握できない

富士通からのご提案

現場作業は、人が中心です。作業者の身体の動きや健康状態、周辺の熱ストレスレベル、危険地域への侵入などをリアルタイムに把握し、安全を確保することが重要です。富士通のIoTテクノロジーやソリューションを活用することで、これまでの機械や設備のデータに加えて、働く人の情報も踏まえた安全対策や行動最適化を実現します。

現場作業者の安全管理イメージ

※1 バイタルセンシングバンドを装着時に対応。
※2 熱ストレス:日本生気象学会の「WBGTと気温、湿度との関係」を基に、温湿度にパルス数を加えて算出。
※3 身体負荷:カルボーネン法などの指標を基に、パルス数から算出した活動による身体負荷を推定。
※4 ロケーションバッジを使用した場合「転倒を検知」、バイタルセンシングバンドを使用した場合「転倒後、一定時間起き上がれていないことを検知」することが可能です。
※5 屋内位置情報の取得にはロケーターまたは、ビーコンが必要です。ロケーター使用時は、別途サーバなどの構築が必要です。

ポイント1:身体状態も加味した熱ストレスの推定

単純な温湿度によるアラームではなく、装着者それぞれの環境指数や身体の状態を加味した熱ストレスレベルを推定※し、事前に設定した通知条件に該当した場合、アラームを通知することができます。

※公益財団法人 大原記念労働科学研究所と共同開発・評価。
※熱ストレス:日本生気象学会の「WBGT値と気温、温湿度の関係」を基に温湿度にパルス数を加えて算出。

ポイント2:気圧と加速度の分析による転倒の推定・検知※/転落検知

気圧・加速度両方の変化をみて人が転んだり、倒れたりした動きを判別できます。加速度のみによる判定と比べて、より高精度な検知が可能です。

※ロケーションバッジを使用した場合「転倒検知」、バイタルセンシングバンドを使用した場合「転倒の可能性推定」が可能です。

ポイント3:現場ですぐに使えるアプリケーションを用意

管理者はWebアプリケーションでアラームの発生・対応状況や、現場ごとの作業員の状況を確認することができます。また、アラームのステータスは現場責任者がスマートフォンのアプリケーションで変更することができます。現場に合ったそれぞれのアプリケーションで、状況に合った適切な対処が可能です。

富士通では高精度なセンシングや解析技術によりセンサー情報を価値あるデータとして提供します。これまでの社内実践で培った実績とともにワンストップでトータルなソリューションを提供可能です。ぜひご相談ください。

「働く⼈の安全対策・⾏動最適」のソリューション

働く⼈の安全対策を行うサービス

働く⼈の状態や職場状況をビジュアル化したい
業務に即した警告や⽀援が必要な異常・予兆を把握したい

⾼度な分析を可能とするデータ利活⽤ミドル

クラウドに蓄積されたセンシングデータを作業員の⾏動パターンや現場に合わせて利活⽤したい
センシングデータを現場にあわせた価値あるデータに変換し、労務管理に利活⽤したい
働く⼈や職場に異常や予兆がないか監視したい

ビッグデータに対応可能なクラウド基盤

セキュアなデータ管理や安定した高速集配信が可能なクラウドサービスを利用したい
クラウドサービスで、IoT活用システムを短時間で構築したい

様々な環境に対応したセンサーネットワーク

現場環境に合わせた最適な無線ネットワークを活用したい

装着者を⾼精度にセンシングするセンサーデバイス

様々な場所、多様な設備に活用可能な高機能なセンサーを利用したい
データ解析機能も内包したセンサーデバイスで、データ通信を効率化したい

「働く⼈の安全対策・⾏動最適」にご興味のあるお客様は、お気軽にご相談ください。

Top of Page
138-BFF-042
GTM-54WZS5