GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. デジタル革新 >
  4. 職場・暮らし >
  5. IoTで実現!小規模、低コストで転倒・転落事故を見逃さない方法とは?

IoTで実現!小規模、低コストで
転倒・転落事故を見逃さない方法とは?

IoTで事故発生を迅速把握
――製造現場の安全管理はどのように変わるのか?

製造業の現場では、今、安全管理の在り方が根本から変わろうとしている。労働災害事故の原因として多い「転倒・転落事故」の把握と対応に活用されるIoT技術を例に、その具体的な取り組みを紹介する。

製造業の現場では、労働災害に結び付く危険が多数存在する。床にある障害物やボイラー室の高熱、むき出しになった電線など、さまざまな原因による事故が考えられるが、その中でも特に多いのが「転倒」「墜落・転落」だという。

厚生労働省によると、2015年の死傷災害の原因として最も多かったのが「転倒」で死傷災害発生件数は2万5949件、2番目に多い「墜落・転落」は1万9906件に上るという。そのため、近年は多くの製造現場や建設現場で、転倒・転落事故を見逃さない取り組みが強化されている。その中で、大きく注目されるようになったのが「IoT(モノのインターネット)」だ。

これまでは、1人で行える巡回業務であっても2人1組で行うといった形で安全対策が取られてきたが、従業員にセンサー付きのデバイスを持たせることでその必要がなくなる。本コンテンツでは、あらゆる業種で考えられる転倒・転落事故の危険性の具体例を整理するとともに、今IoT技術を駆使することでどのような事故把握・早期対応が可能になってきたのかを詳しく解説する。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード

GTM-54WZS5
138-BFF-042