国内最大手の会計ソフトウェアベンダー弥生がオンライン・レンディングに参入

短期間でのサービス立ち上げを実現した最新SaaS型ソリューションとは

Fintech(フィンテック)のなかで今、「オンライン・レンディング」と呼ばれる新たなビジネスモデルが注目を集めている。オンライン・レンディングとは、銀行を中心とした伝統的な金融機関が行う融資業務に替わり、ICTを活用して従来とは異なる新たな審査方法や貸出方法で多くの利用者への融資機会を提供するものだ。AI (人工知能)をはじめとするICTによるイノベーション によって、これまで実現できなかったビジネスを展開する。日本国内でも始まったオンライン・レンディングの事例から、ビジネスモデルやシステム開発の実態を追う。

  • 弥生の会計データを基に構築したAIモデルで与信を自動化
  • 富士通の全面バックアップで短期間・低コストの開発を実現
  • 他の金融機関に向けた「LaaS」プラットフォームの提供へ

続きは、こちらからお読みいただけます

ページの先頭へ