GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. デジタル革新 >
  4. Fintech(フィンテック) >
  5. 業務改革待ったなしの金融業界、「RPA」導入成功が鍵に

業務改革待ったなしの金融業界、
「RPA」導入成功が鍵に

「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」とは、ロボットが人間の代わりに自動的に業務を処理することを指す。ただし、ここでいうロボットは人型ロボットや工業ロボットではなく「ソフトウェア」で、これまで人間が行ってきたコンピュータ上の処理を代行するのだ。企業における働き方改革や業務効率の大幅な向上が求められている今、このRPAの導入が広まってきている。特に金融機関ではその傾向が強い。マイナス金利、人口減少に伴うマーケットの縮小、Fintechの進展による新しいプレイヤーの登場などにより、業務の効率化と新しいサービスやビジネスを生み出すための労働力の捻出の必要性が出てきたからだ。ただ、業務の効率化はRPAツールを導入すればすぐに実現できるわけではない。導入企業には、適切な対象業務の選定やRPAツールの選択などが求められる。

RPAの最大の特長は、人によるコンピュータの操作を記憶して再現すること。開発には、ソフトウェアの設計やプログラミングなど、従来のシステム開発のような大掛かりな仕組みは必要ない。ユーザーが行う作業をRPAツールが記録し、自動的にプログラムを生成して再生可能にする。アプリケーション画面やWebページなどソースコードを解析し、どこをクリックしたか、どのフィールドに入力したかなども記録できる。これまで人手でやっていた業務をロボットに委ねていく感覚で実装できる。RPAが「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」と呼ばれる所以だ。

こうしたRPAの導入は、金融業界ではすでに実用化のステージに入ってきている。あるメガバンクでは、複数業務でRPAの活用を始めている。収集したデータを抽出して一定のフォーマットに加工したり、インターネットから取得した情報を取り込んで他部門に展開したりするといった業務に使われている。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード

GTM-54WZS5
138-BFF-042