GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. お客様のビジネス変革を加速させる「デジタル革新オファリング」

お客様のビジネス変革を加速させる「デジタル革新オファリング」

デジタルの世界がビジネスのあり方を根本から変える----。私たちは今、その大変化に直面しています。
これまでICTとは無縁だった領域でも、新しいテクノロジーによる革新が急速に進んでいます。クラウド、モバイル、IoT、アナリティクスやAIなど最先端のデジタル・テクノロジーを取れ入れ、新たな顧客価値を創り出しビジネスに非常に大きな変革をもたらす、これが「デジタル革新」です。
富士通は、ビジネスや社会の現場において、業種・業務の切り口で最新情報や成功事例、システムの実装モデルをオファリングとしてご提供し、お客様の「デジタル革新」の実現に向けて、直面する課題に対しどのように進んでいくかを共に考え、共に解決していきたいと考えています。

デジタル革新の現状と課題

デジタル革新の推進状況

多くのお客様が、「デジタル革新」のもたらす大きな可能性に気づいています。
当社の調査結果からも、多くのお客様が「デジタル革新は重要」と考えられています。しかし、全社、または、部門レベルで実行している企業は、全体の1/3程度であり、実際には多くの企業で企画・試行の段階にとどまっており、まだまだ進んでいないということが分かってきました。

図:デジタル革新を実行している企業の割合

デジタル革新が進まないというお客様の声

デジタル革新が進まない代表的な理由としては、「人材やノウハウ」に起因する問題と、「既存システムのコスト」がネックになっている問題の大きく2点があげられます。

デジタル革新を実行する上での課題

人材ノウハウ 「デジタル革新に対応できるスキル・ノウハウを持った人材がいない」
「検討~実証に時間がかかり過ぎ、途中で頓挫してしまう」

既存システムのコスト 「既存システムの運用コストが、新分野への投資を圧迫」
「新システム構築のためにはレガシーシステムに手を入れないといけないので、投資額が莫大になる」

お客様のデジタル革新を加速させるために ~新たなビジネスの立ち上げを従来の1/4に~

富士通は、このような課題への解決策として、これまでに様々な業種・業態のお客様と共に取り組んできた300件以上のPoCの中で得た知見やノウハウに基づき、最先端のICTを活用した成功事例を「ものづくり」や「デジタルマーケティング」などの8分野をモデル化。お客様の要望に合わせて提案する「デジタル革新オファリング」の提供を開始します。お客様は、このモデルを活用しながらニーズを明確化することで、新たなデジタルビジネスの立ち上げに要する時間を、最大で従来の4分の1に短縮することが可能になります。
お客様のデジタル革新の加速に向けて、富士通は多種多様なオファリングにより、より具体的なデジタル革新の実現をご提案します。

図:デジタル革新オファリング

お客様ニーズの高い8分野

ものづくり

モノをつくらないものづくり

  • ICTを活用することでフロントローディング設計が可能になります
  • 実機で行っていた検証をバーチャル環境で行うことで、開発期間の短縮/設計者の負荷軽減/品質強化/試作コスト削減が図れます

工場全体の最適化

  • 機器に取り付けたセンサーからの情報をモニタリング・分析することで、工場全体の最適化を実現します
  • 全工場の稼動状況や生産性をリアルタイムに把握することで生産性の向上が図れます

ロボット活用による自動化

  • 画像認識や機械学習などを活用することで、製造工程の自動化と稼働率向上が図れます

保守・保全

故障予兆・遠隔保守

  • 継続的にモニタリングしている設備や機器類の稼働状況から故障予兆を把握することで、計画外停止を防止します
  • 現場に張り付くことなく機器の遠隔操作を実現することで、保守作業の安全性向上が図れます

現場作業の遠隔支援

  • 熟練の技術者から各地の現場担当者へ効率よく適切なアドバイスが行えることで、作業の質の向上につなげられます
  • 複雑な作業の操作手順、操作方法をディスプレイに表示し作業の質と効率を高めます

保守ノウハウの技能伝承

  • 熟練の技術者の作業を、若手の技術者へ映像を活用し臨場感を持たせた学習を提供することで、作業の質の向上につなげられます
  • 熟練作業のポイントを可視化し、体系立てたノウハウ化を実現します

モビリティ

安全で快適な走行・移動支援

  • 車両の運転/運行情報や運転者のモニタリング情報の収集と分析により安全で快適な走行・移動を実現します

公共交通の運行最適化

  • 公共交通(鉄道・バス・トラムなど)の位置情報を活用し、利用者サービスを向上させる最適運行を実現します

ロジスティクス

輸送品質向上

  • 最適な配車計画とドライバーへの的確な輸送指示により、輸送品質を向上します
  • リアルタイム進捗管理で突発的な不具合にも柔軟に対応した安心安全を提供します

物流センターの業務革新

  • 物流の集約と情報の集中化により物流コスト削減・売上の確保ができます
  • 人と自動化設備の融合による庫内作業の省人化・省力化をご支援します

予測に基づく物流の最適化

  • 発注・出荷情報を基に商品需要を予測し、配送・在庫の最適化を実現します
  • 算出された商品需要を、メーカ、卸、小売間でも情報活用が可能です

デジタルマーケティング

オムニチャネルによる顧客接点拡大

  • お客様が、チャネルを意識せずに必要な情報をタイムリーに得て、豊かな購買体験を得られるサービスを実現します
  • 個々のお客様に最適化したチャネル横断での、高度な顧客アプローチを実現します

顧客理解の深掘

  • Web・SNS等からの様々な情報の統合・分析に、従来の購買履歴などに加え、より、’個客’理解の深化を実現します
  • 上記のような’個客’情報分析から、新事業モデル、新商品企画や新たな販促などにフィードバック可能な知見が得られます

リアル店舗での顧客行動可視化

  • お客様の店舗での行動を把握でき店舗改善に活かせます
  • 店舗における従業員の行動が最適化できます
  • 店舗での様々なコミュニケーションを充実させます

顧客エクスペリエンスの最大化

  • Webやモバイルのユーザー体験の高度化やパーソナライズにより、顧客サービスの向上を実現します
  • 複数サイトで分散していたーザー情報の統合・見える化を通じ、特定ペルソナへの最適なアプローチが実現できます

食・農業

IoT活用による農業現場革新

  • 農業を取り巻く様々な事象をセンサーなどを活用してデータ化・蓄積し、見える化・分析し、農業経営マネジメントの高度化を図れます
  • 生産の適期管理による作物の品質向上、収量拡大、安定生産を図れます
  • 暗黙知を形式知化し、担い手の育成につながります

データ活用による農業者サポートの高度化

  • 組合員様/契約農家様など複数の生産者データを集約し、更にソーシャルデータ、オープンデータとあわせて分析することで、営農指導の高度化が図れます

食・農を基点とした地方創生

  • 生産、流通、加工など様々な企業・団体を食・農を核として繋ぎ合わせ、地域の「強い農業づくり」の実現、新たな地域基幹産業の創造、地域のブランド化による地方創生を推進します

都市インフラ

人を中心とした施設づくり

  • 施設利用客・スタッフ・運用管理者といった施設に関わる利用者視点で描いたビジョンにもとづく空間デザインと、最先端のICTノウハウの融合により、人を中心とした快適な施設づくりを実現します

職場・暮らし

働く人の安全対策・行動最適化

  • 働く人の状態や現場の状況を見える化し、異常や予兆をリアルタイムで把握することで、作業員の安全管理の支援や事故への迅速な救助が行えます
  • 作業員やモノの所在を把握し、滞留時間や動線経路を見える化することで、効率的に改善箇所を発見、人員配置の最適化や業務の効率化を実現します

見守り

  • 独自の音響分析を中心に、センシング情報を総合的に分析することにより、プライバシーに配慮した安否確認や健康管理など総合的な高齢者の見守りを実現します
  • 異常の検出時や緊急ボタン押下があった際に、通話にて状況確認ができるほか、高齢者対応に実績があるコールセンターも含めた安心サービスをご提供します

「デジタル革新」にご興味のあるお客様は、お気軽にご相談ください。

138-BFF-042
GTM-54WZS5