GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

マルウェア侵入経路追跡サービス

ランサムウェアの侵入・活動を防御し大切な資産を守る

「マルウェア侵入経路追跡サービス」は、クライアントパソコンなどのエンドポイントに対するマルウェアの侵入経路や感染経路の調査を実施するサービスです。マルウェアはエンドポイントでリアルタイムに防御・ロギングされ、有事の際は富士通SSLのセキュリティの専門家がマルウェアの侵入経路・感染経路を調査し、知見を活かして迅速かつ的確に対応することで、お客様の運用負荷とセキュリティリスクの軽減を実現します。



導入効果

  • 既存のソフトウェアでは見つけれられない攻撃の検知・防御によるセキュリティ強化
  • 迅速な侵入経路調査・感染拡大状況把握によるリスク低減
  • セキュリティ専門家への業務委託によるお客様の運用負荷軽減


このような課題を解決します

  • ぜい弱性や未知のマルウェア、標的型攻撃への対策に不安がある
  • 万が一攻撃を受けても、侵入経路や感染拡大状況を早急に特定することは難しい
  • 堅実な運用を保ちながらも運用負荷を軽くしたい


概要

エンドポイント型の標的型攻撃対策ツール「FFR yarai」とマルウェア侵入経路追跡ソフトウェア「SML」をお客様環境に構築し、連携させ、富士通SSLのセキュリティ専門家が監視を行うサービスです。
「FFR yarai」がマルウェアからリアルタイムに防御することで被害の発生・拡大を抑え、「SML」が収集しているパソコンの動作ログを分析し侵入経路や拡散状況を特定します。「SML」のロギング情報を富士通SSLのSOC(Security Operation Center)で蓄積しているインテリジェンス(情報脆弱性や脅威に関する情報)と照合し、調査結果の報告と包括的な対処案を提案します。

マルウェア検出時のインシデントハンドリング
マルウェア検出時のインシデントハンドリング
拡大表示図を拡大表示 (98 KB)


特長

  • 未知のマルウェアを検知・防御するにとどまらず、プロセスやファイル名、IPアドレス、ハッシュ値等から、当社で蓄積しているインテリジェンス情報と照合し、包括的な対処案をご提案します。
  • 検知された攻撃かどうか判別がつかないグレーイベントについては、セキュリティの専門家によるトリアージで迅速かつ的確に優先度を付けて対応可能です。


サービス素材

素材名(開発元) 概要
SML(Security Management with Logging)
(キヤノン電子株式会社)
SML(Security Management with Logging)は、「PC操作ログ記録」をコア技術に、アプリケーションや通信、デバイスなど多様な制御機能を備えた、エンドポイント型総合セキュリティソフトウェアです。多機能ながら軽快な動作を特徴としており、高度化する外部からのサイバー攻撃や内部からの情報漏えいを防ぎ、お客様のIT資産を守ります。
標的型攻撃対策ソフト
FFR yarai
(株式会社FFRI)
FFR yarai は、標的型攻撃で最初に狙われる一般のクライアント端末上にある複数の対策ポイントに着目し、 それぞれのポイントに最適なヒューリスティックエンジンを用いることで攻撃プロセスを遮断し、 標的型攻撃の脅威から情報資産を守ります。

トップページ  |  特長  |  サービス素材

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ