GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

エンドポイントセキュリティサービス
マルウェア検知・拡散防止サービス

サービス概要  |  課題を解決  |  特長  |  動作環境

サービス概要

マルウェア検知・拡散防止

エンドポイントにおけるマルウェアの検知だけでなく、感染したパソコンの隔離、駆除に加え、マルウェアの振る舞いや拡散状況の可視化までトータルにサポートします。
当社のSOC(注1)で蓄積した脅威情報と、McAfeeのEDRソリューション(注2)で可視化した振る舞い・拡散情報をもとに、迅速かつ適切に対処、復旧します。

(注1)EDR(Endpoint Defense and Response :エンドポイント検知/対応ツール)
          エンドポイントのマルウェアを検知し、侵入後の対応をスピーディに行うことを目的とした製品。
(注2)SOC(Security Operation Center)
          セキュリティ製品・ネットワーク機器・サーバなどのログを監視・分析し、サイバー攻撃の検知・通知を行う組織。
マルウェア検知・拡散防止サービス 構成イメージ
「マルウェア検知・拡散防止サービス」構成イメージ


このような課題を解決します


一番狙われやすいエンドポイントの対策を強化したい

エンドポイントに侵入したマルウェアの検知や自動隔離・駆除に加え、当社のセキュリティスペシャリストが脅威情報を活用し、対処、復旧、報告までの一連のインシデント対応を支援します。

インシデント対応に時間がかかる

迅速かつ適切に対処、復旧するため、インシデント対応の早期終結と工数削減を実現します。

専門知識や導入・運用に必要な人材がいない

富士通クラウド基盤を利用しているので、サーバなどの管理や運用は不要です。当社が運用を代行し、常に最新の環境を提供します。お客様はモジュールをパソコンにインストールするだけですぐに利用できます。

特長


エンドポイントにおけるマルウェアを検知し、さらに自動で隔離・駆除を実行

McAfee EDRの複数技術により新種のマルウェアも確実にブロック
  • ウイルス定義ファイルや機械学習によるマルウェアの検知、業務への影響を最小限にしたマルウェアの封じ込め、振る舞いのクラウド解析など、McAfee EDRの技術により、新種や亜種のマルウェアもブロックします。
  • 本サービス利用企業で検知されたマルウェア情報も当社のセキュリティスペシャリストがお客様のパソコンへ脅威情報としてリアルタイムに共有し、侵入を防御します。
ネットワークを自動遮断し、マルウェアを隔離・駆除
  • マルウェアを検知した際、パソコンを社内ネットワークから自動的に遮断し、リモートでセキュアにマルウェアを隔離・駆除します。さらに、マルウェアの一連の動きを把握し、振る舞い・拡散状況を可視化します。

セキュリティスペシャリストがマルウェアの判別から対処、復旧、報告までの一連のインシデント対応を支援

  • 当社のセキュリティスペシャリストが2000年より蓄積した脅威情報や調査ノウハウなどSOCの知見を駆使し、検知したマルウェアの判別をはじめ、振る舞い・拡散状況をもとに対処から復旧、報告までの一連をご支援することで、インシデント対応の早期終結と工数削減を可能にします。

クラウドサービスのため、サーバの調達・管理は不要。始めたい時すぐに導入可能

  • 安全性、信頼性の高い富士通クラウド基盤を利用しています。クラウドサービスなので管理サーバの調達やセットアップ、パッチ適用などの運用は不要で、当社が日々の運用を代行し、常に最新の環境を提供します。お客様はモジュールをパソコンにインストールするだけですぐに利用できます。

動作環境

対応OS

Windows 10 (32bit、64bit)
Windows 8.1 (32bit、64bit)
Windows 7 (32bit、64bit) SP1
Windows Server 2012 R2 (64bit)
Windows Server 2012 (64bit)
Windows Server 2008 R2 (64bit) SPなし、SP1

(注)大型アップデートの対応状況については、個別にお問い合わせください。


パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード


お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ