GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 遠隔地での音声認識/自動翻訳/リアルタイム表示を実現し、 働き方改革をサポートするダイバーシティ・コミュニケーションツール「LiveTalk」を販売開始

プレスリリース

2017年11月6日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

遠隔地での音声認識/自動翻訳/リアルタイム表示を実現し、
働き方改革をサポートするダイバーシティ・コミュニケーションツール
「LiveTalk」を販売開始

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:林恒雄)は、ダイバーシティ・コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk(フジツウ ソフトウェア ライブトーク)」(以下、LiveTalk)に、国内外拠点でも利用可能なリアルタイム遠隔地連携機能を追加し、2017年11月10日に販売開始します。また、イベント会場での情報保障を支援する「公開イベント字幕配信サービス」も同日に販売開始します。

リアルタイム遠隔地連携
<リアルタイム遠隔地連携イメージ>
公開イベント字幕配信サービス
<「公開イベント字幕配信サービス」イメージ>

[背景]

「LiveTalk」は、発話者の発言を音声認識し、即時にパソコンやスマートフォンなど複数の端末にテキスト表示することで、聴覚障がい者や言語の異なる人を含む、その場にいる全員のリアルタイムなコミュニケーションを可能にする製品です。2015年の販売開始以降、スマートデバイスへの対応や19か国の多言語翻訳など、時代のニーズに合わせ実用性の高い機能を追加し、学校や病院、グローバル企業などで様々な用途に活用されています。

昨今、企業では個人のライフスタイルに合わせた「働き方改革」が推進されており、場所や時間に縛られず円滑にコミュニケーションのとれる環境作りが求められています。また、東京オリンピック、パラリンピックなど国際的なイベントを控え、多様な人々が集まる場における情報保障が急務となっています。

[新機能について]

これらの社会的背景を受け、当社はこのたび、パブリッククラウド(Microsoft Azure)上に中継サービス(リアルタイム遠隔地連携サービス)を構築することで、従来の同一アクセスポイント、同一セグメント内という枠を超え、離れた場所でもリアルタイムに多言語翻訳とテキスト表示が可能な遠隔地連携機能を開発しました。これにより、例えば、在宅勤務者も、本社や海外拠点と発言のタイムラグや使用言語を気にすることなくテレビ会議を行うことができ、さらに、一時的に離席しても、履歴から発言内容を確認することができます。

また今回、イベント来場者自身のスマートフォンに講演者や説明員の発言内容をテキスト表示する「公開イベント字幕配信サービス」の提供も開始します。イベント来場者は、QRコードを読み込むだけで、「LiveTalk」で翻訳、テキスト変換された講演者や説明員の発言内容を自身のスマートフォンから閲覧することができます。表示言語は、英語や中国語、スペイン語など19言語のうち、あらかじめ設定された中から任意の言語を自由に選択可能です。

今後当社は、企業における働き方改革やイベントでの情報保障など、「LiveTalk」の活用シーンをさらに広げていくことで、より幅広い層に向け、言語や障がいに垣根のない円滑なダイバーシティ・コミュニケーションを実現していきます。

2017年11月10日(金曜日)に開催する「富士通SSLソリューションフォーラム2017」では、「公開イベント字幕配信サービス」を活用し、セミナーでの情報保障を行います。講演者の発言内容をお手持ちのスマートデバイスで閲覧いただけますので、ぜひお試しください。

【 リアルタイム遠隔地連携機能の特長 】

リアルタイム遠隔地連携サービス(Microsoft Azure Marketplaceにて提供)を経由することで、従来の「LiveTalk」の使い勝手はそのままに、アクセスポイントやセグメントの制約を受けることなく発話と同時に音声認識し、自動翻訳したテキストをリアルタイムに表示する当社独自の技術により、遠隔地間でも確実なコミュニケーションを実現します。

  • 在宅勤務やサテライトオフィスなど、場所に捉われずワークスタイルに合わせて利用でき、企業の「働き方改革」におけるコミュニケーションの環境作りを支援します。
  • 海外を含めた複数の拠点間を繋ぎ利用することができます。タイムラグのない音声認識と多言語翻訳、リアルタイムなテキスト表示により、言語の異なる海外支社間の会議でもストレスのないスムーズな会議進行が可能になります。
  • Microsoft Azureを利用したリアルタイム遠隔地連携以外にも、企業で導入が進むMicrosoft社のオンライン会議「Skype for Business」との連携も選択可能であり、音声を文字化することで聞き逃しを防止し、ビデオ会議を円滑に進めることができます。
LiveTalk利用イメージ
拡大表示図を拡大表示 (67 KB)


【 公開イベント字幕配信サービスの特長 】

イベント来場者個人のスマートデバイスに、講演者や展示員の発言内容をテキスト表示します。アプリが不要で、来場者はQRコードから専用ページにアクセスするだけで、手軽に閲覧することができます。

  • 従来、講演会では、日本語や英語など限られた字幕をスクリーンに映し出すという翻訳が一般的でしたが、本サービスにより、各自のスマートデバイスから翻訳内容が閲覧可能となります。「LiveTalk」が提供する19言語のうち、主催者側であらかじめ設定された複数言語から来場者は任意の言語を選択することができます。
  • 展示ブースにおいても、展示員と来場者間のコミュニケーションツールとして利用することができます。聴覚障がい者や外国人などの来場者に対し、本サービスをご利用いただくことで情報保障が可能となります。

【 販売価格 】

ダイバーシティ・コミュニケーションツール 「FUJITSU Software LiveTalk」

販売価格(税別)  1クライアント      50,000円
 5クライアント    200,000円
リアルタイム遠隔地連携のご利用にあたっては、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureの 契約が必要となります。(契約は無料。無料プランまたは従量課金月額6,450円~のランニングコストがかかります。)
上記ツールの他、音声認識エンジンなどその他商品(注1)が必要です。
パソコン、スマートデバイスなどは価格に含みません。
スマートデバイスでご利用の場合は、保守サービス契約が必須となります。(1クライアント 1,000円/年)

「公開イベント字幕配信サービス」

販売価格(税別)  初期設定            50,000円
 1トラック(1QRコード)     10,000円/日
公開イベントに限ります。(社内向けなど、クローズのイベントではご利用いただけません。)
1トラックあたりの同時配信最大ユーザー数 300名。それ以上の場合は、300名毎に10,000円加算。

【 販売開始日 】 2017年11月10日
【 出荷開始日 】 2017年11月21日

【 販売目標 】
 「FUJITSU Software LiveTalk」 : 1,000クライアント/1年間
 「公開イベント字幕配信サービス」 : 230トラック/1年間

【 関連情報 】

 「富士通SSLソリューションフォーラム2017」

日 時  2017年11月10日(金曜日)  10時~17時
   デモ展示:10時~17時
   セミナー:10時40分~15時50分
   「公開イベント字幕配信サービス」で情報保障を行います。
会 場  THE GRAND HALL (品川)
入場料  無料
URL http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/resources/event/forum/

【 注釈 】
(注1)その他商品:

日本語音声認識のために、株式会社アドバンスト・メディアの音声認識ソフトウェア「AmiVoice® SP2」または、音声認識クラウドサービス「AmiVoice® Cloud」が必要です。
※多言語翻訳機能を利用する場合は、別途、日本マイクロソフト株式会社の「Microsoft Azure Cognitive Services - Bing Speech API」(多言語音声認識エンジン)、「Microsoft Azure Cognitive Services - Translator Text API」(多言語翻訳エンジン)の契約が必要です。



【 関連リンク 】

【 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて 】
URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとに「Digital Platform」「Security」「Business Application」「Innovation」の4つのカテゴリ、53のソリューション群「PoweredSolution(パワード・ソリューション)」により、お客様の企業価値向上をご支援しています。また、「オープンイノベーションHUB」として数多くの大学や先進企業と共創活動を行ってきた実績を活かし、お客様と共にイノベーションの創出に取り組んでいます。

【 商標について 】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
TEL:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ 商品お問合せ窓口

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ