GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 地域の特性見える化・分析ツール「EvaCva+」を提供開始

プレスリリース

2017年11月1日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

地域の特性見える化・分析ツール「EvaCva+」を提供開始

~オープンデータを活用し、「経済」「社会」「環境」分野で計184項目の指標をグラフで見える化。
 地域特性を活かした戦略立案や地方創生を支援。~

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:林恒雄)は、地域の特性見える化・分析ツール「EvaCva+(エヴァシーヴァ・プラス)」を2017年11月1日に提供開始します。

「EvaCva+」の画面イメージ
<「EvaCva+」画面イメージ>

 「EvaCva+」は、政府統計データや府省公開データといったオープンデータを活用し、「経済」「社会」「環境」の分野で、全国1,741市区町村の特性を見える化・分析するWebツールです。「経済」には事業所数や税徴収率、「社会」には人口増減率や保育所数、「環境」には可住地面積やゴミ排出量など計184項目(2017年10月現在)の指標があり、それらのデータを地域活性化の施策立案や事業所の適地検討などに活用することができます。Web画面上で分析したい自治体と指標を選択するだけで、全国ランキングや経年推移、各種グラフやヒートマップを表示するため、それらの図やグラフを計画書や報告書に活用することができ、手作業によるデータ収集、グラフ作成が不要となります。

 2012年、政府は国家戦略として「電子行政オープンデータ戦略」を掲げました。当社は「EvaCva+」の前身となる「EvaCva」を富士通株式会社および株式会社富士通研究所と共同で開発、 2014年に無償で提供を開始し、自治体を中心とした多くの方々と共に実証実験を行ってまいりました。その中で、数多くのご要望をいただき、この度、無償版「EvaCva」に新たな指標と、参考自治体の自動抽出機能など、数々の新機能を加えてバージョンアップし、商用版「EvaCva+」として提供開始します。当社は自治体や企業に向け「EvaCva+」を提供することで、今後、地域特性を活かした戦略立案や地方創生を支援していきます。

【 「EvaCva+」の特長 】

  1. 「経済」「社会」「環境」分野 計184項目の指標の見える化が可能
    • 分析したい自治体と指標を選択するだけで、レーダーチャートや散布図などのグラフ、ヒートマップ、一枚レポートとして見える化し、施策立案や施策効果検証などの目的に合わせた分析を行うことができます。
    • 選択した複数自治体の指標を同一グラフに表示し、近隣自治体や同規模自治体間のデータの差異や類似要素を一目で比較することができます。
  2. 課題解決に向けた参考自治体を自動で検出可能
    • 課題となっている指標を選択することで、類似した指標特性を持つ自治体の中から参考となる自治体を自動で抽出します。これにより、近隣自治体だけでなく、日本全国のデータから課題解決のためのヒントを得ることができます。さらに、産業の特性に基づいた参考自治体の抽出も可能です。
  3. オープンデータとオリジナルデータを組み合わせて表示可能
    • オープンデータに加え、個別で保有するデータもcsv形式でアップロードし、「EvaCva+」の画面上で見える化できるため、目的に合った独自の検索結果で精度の高い分析を可能にします。
  4. クラウドサービスのため必要な時期だけ月額で利用可能
    • ユーザー登録完了後、WebブラウザからIDとパスワードを入力するだけで利用を開始することができます。システム構築費やデータ作成などの初期投資は不要です。
    • 自治体における総合計画の策定期間など、業務プランに合わせて月額でご利用いただくことができます。
<可視化イメージ>   (一例)

レーダーチャート
レーダーチャート


時系列表示
時系列表示


ヒートマップ
ヒートマップ

 

【 サービスメニュー 】

サービス名 備  考
 「EvaCva+」基本サービス  ・月額サービス (サポート込み)
 ・5IDまでの発行を含む
 利用者追加オプション(5ID)  ・5IDまで (5ID単位で追加可能)

※価格はお問い合わせください。

【 販売開始日 】 2017年11月1日

【 関連Webサイト 】

【 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて 】
URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとに「Digital Platform」「Security」「Business Application」「Innovation」の4つのカテゴリ、53のソリューション群「PoweredSolution(パワード・ソリューション)」により、お客様の企業価値向上をご支援しています。また、「オープンイノベーションHUB」として数多くの大学や先進企業と共創活動を行ってきた実績を活かし、お客様と共にイノベーションの創出に取り組んでいます。

【 商標について 】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
TEL:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ 商品お問合せ窓口

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ