GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 「マルウェア検知・拡散防止サービス」を販売開始

プレスリリース

2017年9月21日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
マカフィー株式会社

「マルウェア検知・拡散防止サービス」を販売開始

~ マカフィーのEDRソリューションと富士通SSLの脅威情報を活用し、
セキュリティスペシャリストが強固なエンドポイント対策を実現 ~

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:林恒雄、以下:富士通SSL)は、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野修、以下:マカフィー)とマカフィーのEDR(注1)ソリューションに関するサービスプロバイダー契約を締結し、マカフィーの本ソリューションを活用した世界初のエンドポイント対策サービス「マルウェア検知・拡散防止サービス」を2017年9月21日に販売開始します。

ランサムウェアが猛威を振るう現在、世界では数十万個に及ぶ巧妙化した新種のマルウェアが日々発生しており、特に、一番狙われやすいエンドポイントから侵入する被害が急増しています。未知の脅威が身近に存在する状況の中、企業では多層防御でネットワークセキュリティを強化すると同時に、エンドポイントについても対策の見直しが急務とされています。富士通SSLは2016年より、標的型攻撃対策サービスやウイルス対策サービスなどエンドポイントのセキュリティサービスを提供し、お客様のセキュリティ対策を包括的にご支援しています。この度、富士通SSLは、エンドポイントのサービス内容を強化し、マカフィーのEDRソリューションと富士通SSLの脅威情報を活用した「マルウェア検知・拡散防止サービス」を新たに提供開始します。



「マルウェア検知・拡散防止サービス」は、エンドポイントに侵入したマルウェアの検知や自動隔離・駆除に加え、富士通SSLのセキュリティスペシャリストが脅威情報を活用し、対処、復旧、報告までの一連のインシデント対応をご支援するサービスです。マカフィーの提供するEDRソリューションは、エンドポイントにおけるマルウェアの検知だけでなく、感染したパソコンの隔離、駆除に加え、マルウェアの振る舞いや拡散状況の可視化までトータルにサポートするソリューションで構成されています。富士通SSLは、自社のSOC(Security Operation Center)(注2)で蓄積した脅威情報と、マカフィーのEDRソリューションで可視化した振る舞い・拡散情報をもとに、迅速かつ適切に対処、復旧することで拡散を防止し、従来時間を要したインシデント対応の早期終結と工数削減をご支援します。 


今後、富士通SSLは、SOCでの監視対象を拡大して脅威情報の充実を図り、より一層高品質なサービスでお客様のエンドポイント対策を提供していきます。また、マカフィーはグローバル規模のセキュリティに関する知見を継続的に製品やソリューションに取り入れることで、ランサムウェアなどますます巧妙化、複雑化する脅威から組織のエンドポイントを保護するとともに、マカフィーが提唱する防御、検知、復旧、適応という脅威対策のライフサイクルを通じた統合的なセキュリティの実現を支援します。

【 「マルウェア検知・拡散防止サービス」の特長 】

エンドポイントにおけるマルウェアを検知し、さらに自動で隔離・駆除を実行

マカフィーのEDRソリューションにより新種のマルウェアも確実にブロック

  • ウイルス定義ファイルや機械学習によるマルウェアの検知、業務への影響を最小限にしたマルウェアの封じ込め、振る舞いのクラウド解析など、マカフィーのEDRソリューションが備える複数の検知技術により、新種や亜種のマルウェアもブロックします。
  • 本サービス利用企業で検知されたマルウェア情報も、富士通SSLのセキュリティスペシャリストがお客様のパソコンへ脅威情報としてリアルタイムに共有し、侵入を防御します。

ネットワークを自動遮断し、マルウェアを隔離・駆除

  • マルウェアを検知した際、パソコンを社内ネットワークから自動的に遮断し、リモートでセキュアにマルウェアを隔離・駆除します。さらに、マルウェアの一連の動きを把握し、振る舞い・拡散状況を可視化します。

セキュリティスペシャリストがマルウェアの判別から対処、復旧、報告までの一連のインシデント対応を支援

  • 富士通SSLのセキュリティスペシャリストが、2000年より蓄積した脅威情報や調査ノウハウなどSOCの知見を駆使し、検知したマルウェアの判別をはじめ、振る舞い・拡散状況をもとに、対処から復旧、報告までの一連をご支援することで、インシデント対応の早期終結と工数削減を可能にします。

クラウドサービスのため、サーバの調達・管理は不要。始めたい時すぐに導入可能

  • 安全性、信頼性の高い富士通クラウド基盤を利用しており、安心・安全にご利用いただけます。クラウドサービスなので管理サーバの調達やセットアップ、パッチ適用などの運用は不要で、富士通SSLが日々の運用を代行し、常に最新の環境を提供します。お客様はモジュールをパソコンにインストールするだけですぐにご利用いただくことができます。

サービスイメージ
拡大表示図を拡大表示 (44 KB)


【「マルウェア検知・拡散防止サービス」構成イメージ】

【 販売価格 】

サービス名 販売価格(税抜き) 販売および出荷開始
マルウェア検知・拡散防止
サービス
1,000台 230万円~/月
(利用台数により異なります。)
※ライセンス、運用費を含む
販売開始日 2017年9月21日 
出荷開始日 2017年10月2日

【 販売目標 】 3年間で10億円


【 関連Webサイト 】

「マルウェア検知・拡散防止サービス」
http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/services/infrastructure/network/managed/endpoint-security/malware-detection/

【 注釈 】

(注1)EDR(Endpoint Defense and Response :エンドポイント検知/対応ツール)

エンドポイントのマルウェアを検知し、侵入後の対応をスピーディーに行うことを目的とした製品。

(注2)SOC(Security Operation Center)

セキュリティ製品・ネットワーク機器・サーバなどのログを監視・分析し、サイバー攻撃の検知・通知を行う組織。

【 関連情報 】

富士通SSLが提供するエンドポイントセキュリティサービス

お客様のご要件に合わせ、各種サービスを月額制で手軽にご利用いただくことができます。

マルウェア検知・拡散防止
サービス [新規]
標的型攻撃対策
サービス
ウイルス対策
サービス
シグネチャ検知 有 有 有
ふるまい検知 有 有 無
脅威情報利用 有 有 無
パソコン隔離 有 無 無
駆除・復旧対応 有 無 無

「標的型攻撃対策サービス」

定義ファイルに依存しないエンジンで、振る舞いによる未知のマルウェアを検知します。
http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/services/infrastructure/network/managed/endpoint-security/target-option/

「ウイルス対策サービス」

世界中からマルウェア情報を収集し、シグネチャベースによる既知のマルウェアを検知します。
http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/services/infrastructure/network/managed/endpoint-security/virus/

【 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて 】
URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとに「Digital Platform」「Security」「Business Application」「Innovation」の4つのカテゴリ、52のソリューション群「PoweredSolution(パワード・ソリューション)」により、お客様の企業価値向上をご支援しています。また、「オープンイノベーションHUB」として数多くの大学や先進企業と共創活動を行ってきた実績を活かし、お客様と共にイノベーションの創出に取り組んでいます。

【 マカフィー株式会社について 】
URL:http://www.mcafee.com/jp/  Open a new window

マカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティソリューションを提供しています。詳細はマカフィーのWebサイトをご覧ください。

【 商標について 】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
TEL:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ 商品お問合せ窓口

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ