GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年>
  4. 東北歴史博物館内の古代米屋レストラン「グリーンゲイブル」でAR技術を活用した情報提供サービスを開始

プレスリリース

2015年9月9日
東北歴史博物館
有限会社橡企画
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

東北歴史博物館内の古代米屋レストラン「グリーンゲイブル」で
AR技術を活用した情報提供サービスを開始

~復興庁 「地域復興マッチング『結の場』」を通し、東北歴史博物館、橡企画、
富士通SSLが連携~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:川口浩幸、以下:富士通SSL)は、東北歴史博物館(所在地:宮城県多賀城市)および有限会社橡企画(本社:宮城県多賀城市、代表取締役:菅原つえ子)と連携し、東北歴史博物館内で、橡企画が経営する古代米屋レストラン「グリーンゲイブル」において、AR(拡張現実)技術を活用した情報提供サービスを2015年9月9日に開始します。

今回の三者の連携は、復興庁が実施する「地域復興マッチング『結の場』」(注1)を通し、実現したものです。「結の場」は東日本大震災の被災地域の企業が抱える多様な経営課題の解決を図るため、支援企業とのマッチングの場として実施されています。

「グリーンゲイブル」は、多賀城市の特産である古代米(紫黒米)専門のレストランで、地場産の穀物や旬の野菜を取り入れたオリジナル料理の提供をはじめ、古代米加工食品などお土産品の販売を行っています。来店者は、レストランのメニュー表やテーブルに設置している「グリーンゲイブル」のロゴにスマートフォンやタブレット端末をかざすことで、メニューの詳細をはじめ、料理に使用されている古代米の歴史や特性、東北歴史博物館周辺の四季の風景など多賀城市にまつわる情報を閲覧することができます。

この情報提供サービスは、東北歴史博物館と橡企画および多賀城市の協力のもと、富士通SSLがAR技術を活用して作成したものです。東北歴史博物館、橡企画、富士通SSLの三者は「グリーンゲイブル」の来店者に向け、最新技術ARを用いて情報提供することで知的好奇心を喚起し、地域の特産である古代米の認知度を向上させると共に、「グリーンゲイブル」ならびに東北歴史博物館のリピーターの増加を目指してまいります。

【 背景 】

橡企画は、「多賀城市の特産でレストランの顔でもある古代米の認知度を向上させ、観光活性化に繋げたい、リピーターを増やしたい」といった課題を抱えており、WebサイトでのPRよりもさらに効果的なPRの手段を検討していました。

【 提供情報の一例 】

情報提供例1 情報提供例2
情報提供例3 情報提供例4

【 情報の閲覧方法 】

本サービスは、株式会社 T.J. PromotionのARサービス「カーザス」を利用しています。スマートフォンやタブレット端末からARアプリ「カーザス」を起動し、以下のグリーンゲイブルのロゴにかざすと、各種情報を閲覧することができます。来店者がテーブルで情報を閲覧できるよう、店内のメニュー表やテーブルにもロゴを表示しています。

注意事項 閲覧には無料アプリ「カーザス」のダウンロードが必要です。
(App StoreやGoogle Playから「カーザス」で検索し、ダウンロードいただけます。)
グリーンゲイブル

または

グリーンゲイブル

上記いずれかのロゴにかざすと、
スマートフォンやタブレット端末の画面に情報が表示されます

グリーンゲイブル
グリーンゲイブル

【 古代米屋レストラン「グリーンゲイブル」について 】URL:http://www.green-gable.jp/

「グリーンゲイブル」は、マクロビオティックの考え方を取り入れ、古代米(紫黒米)と地場産の穀物や旬の野菜による、心と体を内側から美しく健康にする「穀菜美食(こくさいびしょく)」メニューを提供しています。また、遠方のお客様にも気軽に古代米の美味しさをお届けできるよう、オリジナル商品の通信販売も行っています。

名称 古代米屋レストラン「グリーンゲイブル」(有限会社橡企画)
所在地 〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1 東北歴史博物館1F
営業時間 10時30分~17時
定休日 毎週月曜日(祝・休日の場合はその翌平日)
年末年始 (12月29日から1月4日まで)
お問い合わせ 電話/FAX番号 022-368-0616

【 東北歴史博物館について 】URL:http://www.thm.pref.miyagi.jp/

宮城県多賀城市にある宮城県立の歴史系博物館です。1974年開設の東北歴史資料館が発展的改組された形で1999年に開設されました。

名称 東北歴史博物館
所在地 〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
営業時間 9時30分~17時 (注意事項 観覧券の発行は午後4時30分まで)
定休日 毎週月曜日 (祝・休日の場合はその翌平日)
年末年始 (12月29日から1月4日まで)
お問い合わせ 東北歴史博物館 情報サービス班
電話番号:022-368-0106 FAX番号:022-368-0103
E-mail:thm-service@pref.miyagi.jp

【 宮城県多賀城市について 】URL:http://www.city.tagajo.miyagi.jp/

多賀城市は、宮城県のほぼ中央に位置する人口約62,500人の市です。奈良・平安時代に陸奥国府・多賀城がおかれたため、現在でも数多くの史跡や遺跡などが残っており、観光も重要な産業として振興に取り組んでいます。

[国指定文化財]
  • 特別史跡多賀城跡附寺跡
  • 重要文化財「多賀城碑」
  • 名勝おくのほそ道の風景地
[県指定文化財]
  • 今野家住宅
 
[市指定文化財]
  • 「観音寺」銘墨書土器
  • 平安時代前期(9世紀)の横笛    など

【 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて 】
URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとにした自社ソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』により、セキュリティ対策やWebサイト、CRM(Customer Relationship Management)、ワークフロー、GIS(地理情報システム)、情報統合、情報利活用、開発・運用基盤、OSSの9つのカテゴリによる、あらゆる業種に適用できる幅広いソリューションを、様々なお客様に提供しています。

当社は1990年にシステムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。セキュリティ関連では、2003年にセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、2006年には全社レベルでISO27001の認証も取得、2008年にプライバシーマーク付与の認定を受け、さらに2009年には世界で初めて情報セキュリティ格付を取得しました。また、当社のRuby技術者育成への取り組みやRubyに関する高い技術力が認められ、2011年にRubyアソシエーション認定システムインテグレータGoldも取得しています。

【 注釈 】

(注1)地域復興マッチング「結の場」

結の場
復興庁が推進する取り組みの一つで、被災地域の企業が抱える多様な経営課題の解決を図るため、企業等が技術、情報、販路など、自らの経営資源を幅広く提供する支援事業の形成の場として実施されています。
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/yuinoba.html

商標について

  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
電話:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ