GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. SaaS 型IT 運用基盤サービス「Vistara」を販売開始

プレスリリース

2015年8月10日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

SaaS 型IT 運用基盤サービス「Vistara」を販売開始

~オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境を統合管理し、内部犯行による情報漏えいを防止~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:川口 浩幸)は、SaaS型IT運用基盤サービス「Vistara(ヴィスタラ)」を2015年8月10日より販売開始します。これにより、オンプレミスとクラウド両方に設置したサーバやネットワーク機器の統合的なセキュリティ運用が可能となり、初期投資を抑えつつ、内部犯行による情報漏えいリスクの軽減を実現します。

昨今、特権IDを利用した内部の不正行為による情報流出事件が多発する中、多くの企業において内部犯行を防止するためのセキュリティ対策が重要視されており、サーバのアクセス管理や権限の最小化、外部委託者管理などが必須となっています。一方、企業でのサーバ運用は、ビジネスの変化に迅速かつ柔軟に対応するため、オンプレミスに加えクラウドサービスの利用が拡大しています。そこで当社は、多様化するサーバの運用形態に対応可能なSaaS型IT運用基盤サービス「Vistara」の提供を開始します。

「Vistara」は、サーバやネットワーク機器に対する操作証跡の取得をはじめ、一時的に利用可能なユーザーアカウントの発行やアクセス制御など、特権ユーザーによる操作を効果的かつ効率的に管理できるサービスです。オンプレミスに加えプライベートクラウドやパブリッククラウド環境にも対応しており、環境の違いに左右されることなく、全ての対象機器を「Vistara」の画面から一括管理することができます。また、月額サービスのため、少数のサーバを対象としたスモールスタートが可能で、初期投資を抑えることができます。

「Vistara」の構成イメージ
<「Vistara」の構成イメージ>

今後、当社は「Vistara」について、申請・承認ワークフローなどシステム運用に関するオペレーションマネジメントを支援する機能を追加予定です。また、海外法人のお客様に向け、英語によるグローバルサポートの提供も計画しています。

【 「Vistara」の特長 】

  1. サーバやネットワーク機器の操作証跡を動画で記録
    • 管理対象機器に対して「誰が・いつ・何に・何をした」という操作履歴を動画とテキストで全て記録するため、作業内容の追跡が可能です。
    • 記録した動画は、動きのない部分のスキップや高速再生が可能なため、監査時間の短縮が可能です。
  2. 貸出ID管理により厳密な統制を実現
    • 特定の機器に対し、指定した時間帯のみアクセス可能な一時利用ユーザーアカウントを、申請・承認のワークフロー(注1)により発行することが可能なため、より厳密な統制を行うことができます。
  3. オンプレミスに設置した機器とクラウドに設置した機器を一括管理
    • オンプレミスに設置した機器とクラウドに設置した機器を一つの画面で操作可能なため、機器毎の管理が不要となり、日々の運用を効率化することができます。さらに、全ての対象機器から同等レベルの操作証跡が取得可能なため、機器毎によるバラつきのない統一された監査を実施することができます。
  4. 対象機器のパッチ状況を一括管理
    • Windows®やLinux®をはじめとする各サーバの構成情報の取得など、対象機器のアセットマネジメントが可能です。また、取得した構成情報より、全てのサーバのパッチ適用状況を把握し、自動または承認形式でパッチ適用を一括で行うことができます。
  5. 月額課金によるスモールスタートの利用
    • SaaS型サービスのため、初期コストを抑えつつ、豊富な機能を利用することができます。また、機器数に応じた月額課金のため、少数のサーバやネットワーク機器からスモールスタートで利用することができます。

【 販売価格と販売開始日 】

販売価格(参考価格) 販売開始日
84,000円より/月額(税別) 2015年8月10日

【 販売目標 】 3年間で3億円

【 「Vistara」の詳細ページ 】

http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/network/security/network-security/netproducts/vistara/

【 注釈 】

(注1)

申請・承認ワークフローの機能は、2015年10月からの提供を予定しています。

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとにした自社ソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』により、セキュリティ対策やWebサイト、CRM(Customer Relationship Management)、ワークフロー、GIS(地理情報システム)、情報統合、情報利活用、開発・運用基盤、OSSの9つのカテゴリによる、あらゆる業種に適用できる幅広いソリューションを、様々なお客様に提供しています。

当社は1990年にシステムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。セキュリティ関連では、2003年にセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、2006年には全社レベルでISO27001の認証も取得、2008年にプライバシーマーク付与の認定を受け、さらに2009年には世界で初めて情報セキュリティ格付を取得しました。また、当社のRuby技術者育成への取り組みやRubyに関する高い技術力が認められ、2011年にRubyアソシエーション認定システムインテグレータGoldも取得しています。

商標について

  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
電話:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

製品・サービスお問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  商品お問合せ窓口
E-mail:ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ