GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 高速なパケット処理と高度な検知機能で急増するサイバー攻撃を撃退

プレスリリース

2015年7月30日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

高速なパケット処理と高度な検知機能で急増するサイバー攻撃を撃退

~侵入検知・防御システム SecureSoft Sniper シリーズで不正アクセスをリアルタイムに阻止。
セキュリティ専門家が24 時間365 日運用・監視を代行し、一層安全な環境を実現~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:川口 浩幸)は、国内シェアトップクラスの不正侵入検知・防御システムSecureSoft Sniper シリーズ(セキュアソフト・スナイパー・シリーズ)(開発元:株式会社セキュアソフト)を2015年7月30日より販売開始し、「不正侵入検知・防御サービス」を強化します。SecureSoftSniper シリーズは、ファイアウォールだけでは防ぐことのできないハッキングやワームなどの悪意のあるトラフィックを検知・遮断し、不正アクセスをリアルタイムに阻止する製品です。高速なパケット処理および高度な検知機能で、データセンターなど膨大なデータ通信が発生する環境でも快適かつ安全なネットワークを実現します。

導入後の運用については、「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」をご利用いただくことで、当社のセキュリティ専門家が24 時間365 日運用を代行しお客様の負荷を大幅に軽減するとともに、急増する未知のサイバー攻撃にも独自ノウハウで対応し、一層安全・安心な環境を実現します。MSS をご利用の場合、SecureSoft Sniper シリーズの導入に必要な設定をテンプレート化しているため、短期導入かつ導入費用の削減が可能です。当社はSecureSoft Sniper シリーズとMSS により、不正アクセス対策の運用から監視までトータルにご支援してまいります。

バックアップ基盤イメージ図
【SecureSoft Sniper シリーズ導入構成イメージ図】
拡大表示図を拡大表示 (133 KB)

【 背景 】

昨今、金融機関をターゲットとしたサイバー攻撃が発生し、攻撃を停止する代わりに金銭を要求するという新たな手口が報告されています。サイバー攻撃の目的や手口がここ数年で大きく変化すると共に被害件数も急増(注1)しており、その影響を受け、企業では巧妙化するサイバー攻撃から情報資産を守るため、ファイアウォールでのアクセス制限に加え、IPS による通信の監視が重要視され、導入が拡大しています。一方、スマートフォンの普及やサービス品質向上による、高速かつ大容量のサービスが急速に展開され、IPS についても高速ネットワークへの対応が求められています。さらに、DDoS 攻撃(注2)やDNS サービスへの不正アクセス対策のニーズも高まっており、セキュリティ製品に求められる機能も多様化しています。

【 販売開始する製品と特長 】

当社はSecureSoft Sniper シリーズについて、IPS 機能に特化した製品「SecureSoft Sniper IPS」、およびIPS 機能に加えDDoS 対策オプションやDNS セキュリティオプションを搭載可能な「SecureSoft Sniper ONE」を販売開始します。

  1. 高速なパケット処理と高度な検知機能
    • 独自開発の高速パケット処理により、膨大なパケットでも既存のネットワーク環境への影響を最小限に抑え、高いパフォーマンスを維持することができます。
    • 検知率が低下する分割されたパケットについては、分割される前のパケットに再構築することで、高い精度で検知することができます。
  2. 日本語インターフェース
    • 操作画面が日本語表示なので直感的に操作を行うことができます。検知された攻撃の名称や攻撃解説をはじめ、レポートの出力まで全て日本語で表示します。
  3. 管理サーバや専用ソフトが不要
    • 専用の管理サーバが不要なため初期導入コストを削減することができます。また、専用の管理ソフトも不要で、Web ブラウザ上でモニタリングからコンフィグレーションまで行うことができます。
  4. 様々な攻撃に対応するオプション機能を追加可能
    (「SecureSoft Sniper ONE」限定機能)
    • 大量のDDoS 攻撃トラフィックを制御する独自機能をはじめ、DNS、DHCP、VoIP、HTTPS などの各種プロトコルに特化した機能など、必要な時に必要な機能をオプションとして追加することができ、悪意あるアクセスの検知からシステム管理者への通知までワンストップでご支援します。
      バックアップ基盤イメージ図
      検知したイベント情報からインシデント内容を日本語で確認可能

【 販売価格、および販売開始日 】

  • SecureSoft Sniper IPS
    製品名 標準価格(税別) 備考 販売開始日
    SecureSoft Sniper IPS
    [モデル:NE1000、2000、4000]
    1,800,000 円~ スループット
    200Mbps~4Gbps
    2015年7月30日
  • Securesoft Sniper ONE
    製品名 標準価格(税別) 備考 販売開始日
    SecureSoft Sniper ONE
    [モデル:2000、4000]
    6,500,000 円~ スループット
    1.5Gbps~4Gbps
    2015年8月3日
  • マネージド・セキュリティサービス(MSS)
    標準価格(税別) 提供機能
    月額 240,000 円~
    • アラート連絡
    • 月次統計レポート
    • メンテナンス作業(ファームウェア更新や定義ファイル更新作業など)
  • 注意事項 別途、導入費用と保守費用が必要です。
    注意事項 複数台導入かつ統合的な管理が必要な場合は、統合管理サーバソフト「SecureSoft Sniper ESM」にて対応可能です。

【 販売目標 】 3年間で15億円

【 関連リンク 】

不正侵入検知・防御システム SecureSoft Sniperシリーズ詳細ページ
http://www.fujitsu.com/jp/ssl/products/network/security/network-security/cyberattack-prevention/securesoft-spiner/

マネージド・セキュリティサービス(MSS)詳細ページ
http://www.fujitsu.com/jp/ssl/services/infrastructure/network/managed/mss/

【 注釈 】

(注1)

サイバー攻撃の被害件数が急増
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンターに報告された被害件数

Dos/DDosについては2015年第1四半期の32件から第2四半期は71件に倍増し、標的型攻撃については60件報告されている。

(注2)

DDoS攻撃 (Distributed Denial of Service attack)
複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に特定のネットワークやコンピュータへ接続要求を送出し、通信容量をあふれさせて機能を停止させてしまう攻撃。

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとにした自社ソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』により、セキュリティ対策やWebサイト、CRM(Customer Relationship Management)、ワークフロー、GIS(地理情報システム)、情報統合、情報利活用、開発・運用基盤、OSSの9つのカテゴリによる、あらゆる業種に適用できる幅広いソリューションを、様々なお客様に提供しています。

当社は1990年にシステムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。セキュリティ関連では、2003年にセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、2006年には全社レベルでISO27001の認証も取得、2008年にプライバシーマーク付与の認定を受け、さらに2009年には世界で初めて情報セキュリティ格付を取得しました。また、当社のRuby技術者育成への取り組みやRubyに関する高い技術力が認められ、2011年にRubyアソシエーション認定システムインテグレータGoldも取得しています。

商標について

  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
電話:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

製品・サービスお問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  商品お問合せ窓口
E-mail:ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ