GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」を販売開始

プレスリリース

2015年1月29日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」を販売開始

~ スマートデバイス活用のご提案から「Oracle Mobile Application Framework (Oracle MAF)」による
開発・運用サポートまでをワンストップでご提供 ~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ (本社:川崎市中原区、代表取締役社長:川口 浩幸、以下:富士通SSL)は、オラクルのモバイル・アプリケーション開発フレームワーク「Oracle Mobile Application Framework (Oracle MAF)」を活用した「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」を2015年2月10日に販売開始します。これにより、一つのソースからiOSやAndroidなどの複数のモバイルアプリケーションが作成可能となります。「Oracle MAF」の構築については、国内ではオラクルのほか当社が先行して対応しており、オラクルのミドルウェア製品に精通した技術者がご提案から設計・開発・運用サポートまで高品質なサービスをワンストップでご提供します。

当社は本サービスの提供により、スマートデバイスを有効活用したビジネスをご支援することで、お客様のワークスタイル変革と新たなビジネスの創造を実現します。

近年、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスは、一般消費者だけでなく、企業における業務用端末としての普及も進んでいます。しかし、その用途は、通話やメール、カタログや営業資料の閲覧などに留まり、スマートデバイスの機能を十分に使いこなせていない企業も少なくありません。さらに、スマートデバイスを活用するためのモバイルアプリケーションは、iOSやAndroidなどデバイスごとに開発・運用が必要なため、それぞれの専門知識を有する人材の確保が課題となっています。

「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」は、「Oracle MAF」の導入をはじめ、お客様のご要件に応じた利便性の高いスマートデバイスの活用方法をご提案すると共に、お客様ご自身でモバイルアプリケーションを簡単に設計・開発・運用いただけるよう当社の技術者がサポートを行うサービスです。「Oracle MAF」は、一つのソースからiOSやAndroid向けの複数のモバイルアプリケーションを作成できる製品です。汎用的な言語であるJavaでのプログラミングが可能になるため、スマートデバイスに特化した知識がなくても、お客様ご自身での開発や日々の運用に加え、プログラムの変更にも迅速に対応することができます。

「Oracle MAF」で作成したスマートデバイスの画面
【 「Oracle MAF」で作成したスマートデバイスの画面例 】

今後、当社は、日本オラクル株式会社との連携をさらに強化し、豊富なノウハウと高い技術力で、スマートデバイスの活用にお悩みのお客様やBYOD(Bring Your Own Device)(注1)をご検討中のお客様、エンタープライズアプリケーションのモバイル化をご検討中のお客様に向け「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」を提供してまいります。

【 「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」の特長 】

  1. 最適なスマートデバイスの活用方法をご提案
    • お客様のご要件を精査し、将来を見据えお客様に最適なスマートデバイスの有効な活用方法をご提案します。
  2. 「Oracle MAF」の導入支援から開発環境の構築を専門家がご支援
    • オラクルのミドルウェア製品に精通した技術者による「Oracle MAF」の適用範囲や開発工数のお見積りなど、導入支援を行います。また、お客様に合わせたモバイルアプリケーションの開発環境の構築をサポートします。
  3. モバイルアプリケーションの効率的な開発をご支援
    • UX(注2)の開発が容易に行えるよう様々な部品を提供しており、個人の技術力に左右されることなく、一定品質のモバイルアプリケーションを作成することができます。
    • 技術的な実現性の検証や画面デザインのご提案をはじめ、動作をすぐに確認できるモバイルアプリケーションのサンプルをご提供します。さらに、機能追加や、モバイル端末と連携するサーバサイドのSOA(注3)導入もご支援します。
  4. モバイルアプリケーションの円滑で効果的な運用をご支援
    • 運用時に発生する問題や課題の早期解決をはじめ、モバイルアプリケーションの配付方式の検討をご支援します。

【 「Oracle Mobile Application Framework (Oracle MAF)」について 】

「Oracle MAF」は、一つのソースでマルチプラットフォームに対応したモバイルアプリケーションを作成できる製品です。通常必要とされるプラットフォームごとの開発が不要となり、開発工数の削減を実現します。また、Javaなど汎用的な言語で開発可能なうえ、ご利用中の開発環境を使ってHTML5やCSSなどによる見やすい画面で開発を行うことができます。さらに、本製品はカメラやGPSとも連携するため、リッチコンテンツも簡単に作成することができます。

【 日本オラクル株式会社からのエンドースメント 】
日本オラクル株式会社は、このたびの富士通ソーシアルサイエンスラボラトリによる「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」の発表を歓迎します。
両社はSOA/BPMビジネスでの実績に加えて、近年ではJavaやモバイル領域における協業も積極的に推進しています。
「Oracle Mobile Application Framework」は、標準のJava技術を利用してモバイル・アプリケーションを開発できること、SOAを介して迅速に社内資産連携できることをコンセプトとした製品であり、これまでの富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの実績が強みとして大きく活かされることになります。
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが、「Oracle Mobile Application Framework」を含む「Oracle Mobile Suite」を中核としたソリューションを他社より先行して提供することで、顧客業務におけるスマートフォンやタブレット端末の急速な普及やBYODへの対応を、両社で迅速かつ強力に推進できるものと確信しています。

日本オラクル株式会社
執行役員 Fusion Middleware 事業統括
桐生 卓

【 販売価格 】個別見積り

【 販売開始 】2015年2月10日

【 販売目標 】3年間で10社

【 「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」ご紹介ページ 】
http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/services/application-services/enterprise-applications/enterprise-operations/entarprise-mobile/

【 関連ソリューション 】
http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/services/application-services/enterprise-applications/enterprise-operations/soa-bpm/

【 関連情報 】

日本オラクル株式会社様主催「エンタープライズ・モバイル・セミナー」にて、当社のモバイルエンタープライズへの取り組みをご紹介いたします。

  • イベント名称:「エンタープライズ・モバイル・セミナー」
  • 当社講演について:
    テーマ「モバイルエンタープライズへの取り組み」
    講演者:公共ビジネス本部  第二システム部  部長  大石 裕
  • 参加費:無料
[大阪開催]  http://www.oracle.com/goto/jpm150210
日時 2015年2月10日(火曜)14時~17時15分
場所 日本オラクル株式会社 西日本支社 セミナールーム(大阪市北区堂島)

[東京開催]  http://www.oracle.com/goto/jpm150217
日時 2015年2月17日(火曜)14時~17時15分
場所 オラクル青山センター(東京都港区北青山)

【 注釈 】

(注1)BYOD (Bring Your Own Device)

企業などで従業員が私物の情報端末などを持ち込んで業務で利用すること。

(注2)UX(User eXperience design)

コンピュータを操作するときの画面表示、ウインドウ、メニューの言葉などの表現や操作感のこと。

(注3)SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)

アプリケーションなどをコンポーネント化(部品化)し、それらを組み合わせてシステムを作る設計手法。

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて

URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と最先端のICTをもとにした自社ソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』により、セキュリティ対策やWebサイト、CRM(Customer Relationship Management)、ワークフロー、GIS(地理情報システム)、情報統合、情報利活用、開発・運用基盤、OSSの9つのカテゴリによる、あらゆる業種に適用できる幅広いソリューションを、様々なお客様に提供しています。

当社は1990年にシステムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。セキュリティ関連では、2003年にセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、2006年には全社レベルでISO27001の認証も取得、2008年にプライバシーマーク付与の認定を受け、さらに2009年には世界で初めて情報セキュリティ格付を取得しました。また、当社のRuby技術者育成への取り組みやRubyに関する高い技術力が認められ、2011年にRubyアソシエーション認定システムインテグレータGoldも取得しています。

商標について

  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  商品お問い合わせ窓口
icon-form 商品お問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
電話:044-739-1520
ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

以上

GTM-MF9BHZ