GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 富士通SSLとSSL/PSがITIL資格取得者数を拡大し、連携強化

プレスリリース

2011年8月4日
株式会社SSLパワードサービス
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

富士通SSLとSSL/PSがITIL資格取得者数を拡大し、連携強化

~ ITILファンデーションV3に基づく高品質なシステム運用管理サービスを提供 ~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:花岡和彦、以下:富士通SSL)の関係会社である株式会社SSLパワードサービス(本社:富士通SSLと同じ、代表取締役社長:山田雅裕、以下:SSL/PS)は、このたび日本で初めて社長・役員以下全社員がシステム運用従事者の資格、ITIL(注1)の最新バージョンであるV3 ファンデーション資格を取得しました。富士通SSLも役員を含め本部長以上の幹部社員全員がITIL V3ファンデーション資格を取得しており、両社は今後一層連携を強化し、ITILに基づいた運用管理を実践することで、お客様へ高品質なシステム運用管理サービスを提供してまいります。

昨今、クラウド利用の増加やIT全般統制への対応にあたり、各企業ではITシステムの安全な運用管理の徹底が課題となっています。 そこで富士通SSLは、サービスデスク専門会社であるSSL/PSに保守・サポート業務を委託し、自社で開発したソリューション商品群「PoweredSolution」やシステムの安心かつ安全なご利用に向け、高品質な運用管理サービスをSSL/PSと連携し提供しています。

SSL/PSは社員全員がシステム開発の経験を持ち、24時間365日、富士通SSLのお客様をはじめ一般のお客様に対して、サービスデスクやシステムの運用代行業務などを行っています。これまで情報セキュリティマネジメントシステム「ISO27001(ISMS)」(注2)、ITサービスマネジメントシステム「ISO20000(ITSMS)」(注3)および 事業継続マネジメントシステム「BS25999(BCMS)」(注4)の認証を取得しており、2009年12月には、社長・役員以下全社員がITILファンデーション資格を取得しました。このたび、同様に社長・役員以下全社員が、ライフサイクル・マネジメントを採用したITIL V3ファンデーション資格を取得したことにより、一層、高品質な運用管理サービスを提供いたします。

富士通SSLSSL/PSと連携し、クラウド時代に向け、サービス提供能力を強化することで、より一層高品質かつ安心安全なシステム運用管理サービスを提供してまいります。

【システム運用管理サービスの概要】

  1. 「ソリューションサービスデスク」
    一般のお客様向けのサポート品質向上を実現するため、ITILに準拠し、継続的なサービス改善を行い、24時間365日のサービスデスクを運用します。
  2. 「セキュリティ運用管理サービス」
    SSL/PSのセキュリティルームにて、安心かつ安全なセキュリティ運用管理サービスを提供します。
  3. 「システム運用監視サービス」
    24時間365日、システム開発経験者が、お客様システムの運用状況監視やシステムの運用代行を行います。
  4. 「ITILサポートサービス」
    SSL/PSで実施しているITIL運用実績をベースに、「ISO20000導入コンサルティングサービス」や「ITIL関連研修サービス」を提供します。

注釈

(注1)  ITIL(Information Technology Infrastructure Library)
ITサービスマネジメントのベストプラクティスを集めたフレームワーク。ITに関する社内規則や手順などの設定・見直しを行う際のガイドラインとして活用されている。特に欧米社会においては、ITILはITサービスマネジメントの業界標準として広く認知されている。
(注2)  ISO27001(ISMS)
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であり、情報セキュリティを確実にする具体的な管理策について規定したもの。
(注3)  ISO20000(ITSMS)
ITサービスマネジメントの国際規格であり、ITサービスを提供するすべての組織に適用されるマネジメントシステム規格。
(注4)  BS25999(BCMS)
英国規格協会(BSI)から発行されている、事業継続マネジメントに関する英国国家規格で実質的な世界標準。

株式会社SSLパワードサービスについて
URL:http://www.sslps.com/

SSL/PS富士通SSL100%出資の関係会社で、2005年11月に設立されました。 主な業務としては、システム開発経験者がソリューションサービスデスク、セキュリティ運用管理サービス、システム運用監視サービスおよび、ITILサポートサービスを提供しています。
   2006年に富士通SSLとともにISO27001の認証を取得し、2008年にはSSL/PS単独でITサービスマネジメントに関するISO20000の認証を取得、さらに2010年には事業継続に関するBS25999の認証を取得しました。2011年現在、社長・役員以下全社員がITILV3ファンデーションの資格を取得しています。
   SSL/PSはITILに準拠した運営をベースとし、24時間365日、お客様のシステムやパッケージの運用・維持管理を強力にサポートしています。

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて
URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは富士通グループの一員として、ソフトウェア開発・システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、自社ソリューション商品群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』により、Webサイト、CRM(Customer Relationship Management)、ワークフロー、GIS(地理情報システム)、情報活用、情報統合、セキュリティ、開発・運用基盤の8つのカテゴリによる、あらゆる業種に適用できる幅広いソリューションを、さまざまなお客様にご提供しています。また、オープンソースソフトウェア(OSS)に対応できる高い技術力と万全なサポートにより、お客様に安心してご利用いただけるOSS環境をご提供します。
1990年に、システムインテグレータ認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年にはセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、2006年には全社レベルでISO27001の認証も取得しています。2008年にプライバシーマーク付与の認定を受け、さらに2009年には、情報セキュリティ格付で世界で初めて「A is(シングル・エー・フラット)」を取得し、2011年に「A+is(シングル・エー・プラス)」を取得しました。

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
広報室

電話:044-739-1520

ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ

製品&サービス

  • PoweredSolution
  • ソリューション・サービス
  • 製品
  • 導入事例・モデル事例

サポート情報

  • 商品お問い合わせ総合窓口

お知らせ

  • プレスリリース
  • トピックス
  • イベント情報

富士通SSLについて

  • 会社概要
  • 社長挨拶
  • 事業内容
  • 統合マネジメントシステム

その他