GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 「キャリアデザイン サポート室」を新設

プレスリリース

2007年12月25日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

「キャリアデザイン サポート室」を新設

~キャリア設計支援により、社員の個性や能力の発揮を支援~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:池上幸弘、以下:富士通SSL)は、社員の個性や能力の発揮を支援する「キャリアデザイン サポート室」を2007年12月21日付で新設いたしました。

技術革新や社会・経済的な変化に伴い企業や組織は変革し、そこで働いている個人の環境も変化していきます。また、多様性を尊重する企業風土、仕事と家庭の両立、男女共同参画社会でのキャリア形成、スキル・能力・意欲に応じたチャレンジングな仕事の実現、職務変更・昇格によるキャリアの再構築、定年後のセカンド・キャリア形成など、キャリアには多くの要素が含まれています。そのため、環境の変化に対応して、個人が主体的に自らの適性・能力に応じて、生涯を通じたキャリアを形成することが重要になっております。

富士通SSLでは2003年4月に「社員による自律的なキャリア開発」、「幹部職からの積極的なキャリア開発支援」、「組織的な人材育成」の 3つを目的として、富士通SSLで独自に「SSLキャリアデザイン制度」を制定しました。2007年9月には職群・ステージ別に定義されたスキル・実績の基準をもとに、社員みずからのキャリアを管理し、 現場を主体として着実なスキルアップをはかるためのツールとして活用できるよう、全体的に内容を一新しました。

このたび「SSLキャリアデザイン制度」の刷新に伴い、富士通SSLでは「キャリアデザイン サポート室」を新設し、社員一人ひとりが「自分らしさ」を発見し、個性と能力を十分に発揮することができる「キャリア形成」の実現を支援し、お客様へのサービス提供の品質を高めてまいります。

【「キャリアデザイン サポート室」の概要】

  • 職業を通して個人の生き甲斐、働き甲斐まで含めた「キャリア形成」を支援
  • 個人が自らのキャリアマネジメント(自立・自律)できるように支援
  • 「個人」と「組織」との共生の関係をつくる支援

【活動内容】

  1. 希望者に対する相談
    相談者の特性やテーマによって、相談の対応に応じます。
  2. 教育・普及活動
    「個人の主体的なキャリア形成」を目的に、キャリア開発に関する講演・研修の企画、実施を行います。キャリア形成に関する知識・スキルの理解や普及に努めます。
  3. 環境への働きかけ
    職場の意見収集、情報分析を行い、適切な情報を提供します。
    また、相談者の問題が個人だけでは解決できない環境にある場合は、環境・組織の問題の発見や指摘、改善・提案を行います。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年にはセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、さらに2006年にはBS7799およびISMSから移行したISO27001の認証も取得しております。2008年にはプライバシーマーク付与の認定を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、ETL、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
広報室

電話:044-739-1520

ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ