GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. RPA >
  4. WinActor

WinActor

「WinActor」はブラウザやExcel、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリーケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作をRPA化する純国産のソフトウエア型ロボットです。




このような方におすすめ
「WinActor」はユーザー部門でもシナリオ作成可能な直感的GUIのため、RPA化を企業外部へ依頼せずに内製したい方におすすめです。

導入効果
定型業務作業時間の削減、人的ミスによるエラーの削減。



「WinActor」を利用したRPAの基本的な流れ

「WinActor」は、① シナリオ自動記録、② シナリオ編集、③ シナリオ実行の3ステップでRPA化を実現します。


シナリオ自動記録

業務操作をWinActorが記録し、シナリオのひな型を作成します。

シナリオの自動記録



シナリオ編集

GUI操作でシナリオの動作条件を編集します。

シナリオの編集



シナリオ実行

業務操作をWinActorが自動で正確に再現します。

シナリオの実行


導入事例

Before

  • 見積・注文・検収などを管理する基幹システムへのデータ投入業務。年間6万6千件を12名で担当。
  • EDI、紙、Excel、メールなど、顧客ごとに入力ソースが異なり、それぞれに応じたオペレーションが存在。
  • 繁忙期の9月と3月は人的ミスによるエラーが多発
導入事例-導入前

導入事例-RPA化

After

  • 月に200件程発生している、Excelの帳票から基幹システムへデータ投入する業務を自動化
  • 30時間ほどかかっていた処理時間の80%以上を削減。
  • 今後は作業プロセスを精査・整理し、現在未対応であるデータの整合性の確認作業も自動化したい。
導入事例-RPA化



特長


あらゆるアプリケーションを自動化可能

  • 幅広い自動化対象ソフト
  • 職場の独特の操作に対応する拡張性
詳細 >>



ユーザー部門でもシナリオ作成可能

  • 低い操作難易度
  • 完全日本語対応
  • 安心のサポート体制
詳細 >>



コンパクト設計でスモールスタートに最適

  • 低価格
  • コンピューター1台でも作動
  • 即日利用可能
詳細 >>


標準価格

ライセンス 価格(税抜)
WinActor フル機能版 908,000円 / 1ライセンス(年間サブスクリプション)
WinActor実行版 248,000円 / 1ライセンス(年間サブスクリプション)
WinDirector 2,280,000円/ 1ライセンス(年間サブスクリプション)


お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ