GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Enterprise Application
FaxFactory
FAQ

[索引]
機能  |  仕様  |  動作環境  |  サービスメニュー  |   価格  | 

機能

  1. 受信したFaxはどのような画像形式で保存できますか?
  2. Fax送信ではどのような画像形式を使用できますか?
  3. OCR機能はありますか?
  4. 送受信結果を確認する画面はありますか?
  5. 他システムと連携することができますか?

仕様

  1. Fax回線は最大何回線まで使用できますか?
  2. A4帳票1枚の送信時間はどれくらいですか?
  3. 1時間に何枚Fax送受信できますか?
  4. G4(注1)-Faxは対応していますか?
  5. IP電話に対応していますか?

動作環境

  1. Linux以外のOSには対応していますか?
  2. Faxボード製造元のDialogic社について教えてください。
  3. 仮想環境に対応していますか?

サービスメニュー

  1. サポートはどのようになっていますか?

価格

  1. システムの価格はどのくらいですか?

FAQ_q

受信したFaxはどのような画像形式で保存できますか?

FAQ_a

TIFF形式で保存できます。
オプション(有償)によりTIFFをPDF/JPEG/PNG形式に変換し保存することもできます。


FAQ_q

Fax送信ではどのような画像形式を使用できますか?

FAQ_a

TIFF形式を使用できます。
オプション(有償)によりPDF/JPEG/PNG/TEXT/BITMAP/PostScript 形式を送信することもできます。


FAQ_q

OCR機能はありますか?

FAQ_a

OCR機能として「FaxFactory 連携オプション for OCR」を2015年4月から販売開始しております。


FAQ_q

送受信結果を確認する画面はありますか?

FAQ_a

送受信結果を確認する画面は一般のユーザーが使用できる画面には含まれておりません。
管理者が使用できる管理画面を準備しております。


FAQ_q

他システムと連携することができますか?

FAQ_a

FaxFactoryでは連携用に以下のインターフェースを準備しております。

Fax送信:

  1. 入力したコマンドによりFax送信が行われる手動コマンドと、Fax送信終了後システムが自動で実行するコマンドにより登録された業務アプリを起動する自動コマンドの2つを使用できます。
  2. Fax送信依頼を行う画像ファイルと送信依頼用データファイルを所定ディレクトリ配下に格納します。
  3. Fax送信メールを送信することにより画像データのFax送信を行います。

Fax受信:

  1. Fax受信終了後、システムが自動で実行するコマンドにより登録された業務アプリを起動します。
  2. Fax受信した画像ファイルと受信結果情報ファイルを所定ディレクトリ配下に格納します。
  3. Fax受信終了後に指定されたメールアドレスへ受信結果情報をメール通知します。

FAQ_q

Fax回線は最大何回線まで使用できますか?

FAQ_a

1台のサーバで使用できる回線数は以下の通りです。

INS64(注2) 8回線(アナログ換算で16回線)まで。
INS1500(注3) 2回線(アナログ換算で46回線)まで。
アナログ回線 16回線まで。
Faxソフトウェア(光回線) アナログ換算で46回線まで。

FAQ_q

A4帳票1枚の送信時間はどれくらいですか?

FAQ_a

標準的なA4帳票1枚の送信時間は、G3(注4)で約60秒、Super G3(注5)で約10秒です。


FAQ_q

1時間に何枚Fax送受信できますか?

FAQ_a

INS64(注2)を1回線使用した場合1時間あたり120枚程度のFax送受信が可能です。


FAQ_q

G4(注1)-Faxは対応していますか?

FAQ_a

G4(注1)-Faxには対応しておりません。
FaxFactoryはG3(注4)およびSuper G3(注5)でFax送受信が可能です。
G4(注1)-FaxとFax送受信を実施する場合、G4(注1)-Fax機側がG3(注4)あるいはSuper G3(注5)にネゴダウンできる必要があります。


FAQ_q

IP電話に対応していますか?

FAQ_a

Faxソフトウェアを使用したシステムをご利用頂くことでIP電話の対応が可能です。


FAQ_q

Linux以外のOSには対応していますか?

FAQ_a

Fax送受信およびOCR認識の可能なUNIXプラットフォーム対応のFaxシステム「PerfectStaion」を2003年から販売しております。
当社Webサイトからご参照ください。
PerfectStation
  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/software/applications/crm/perfectstation/


FAQ_q

Faxボード製造元のDialogic社について教えてください。

FAQ_a

Dialogic(ダイアロジック)社は米国のCTI関連製品(ISDN、ファクシミリ、VoIPなどのボード)の提供会社です。広く世界中で使用されており日本では東京エレクトロンデバイス社が窓口となっています。

Dialogic Japan, Inc.
  URL:http://www.dialogic.com/jp/default.htm (日本語)
東京エレクトロンデバイス株式会社
  URL:http://cn.teldevice.co.jp/product/list/search/maker/dialogic/


FAQ_q

仮想環境に対応していますか?

FAQ_a

Faxソフトウェアを使用したシステムをご利用頂くことで仮想環境の対応が可能です。
(注)VMware、Hyper-V、Xen上の仮想環境をサポート


FAQ_q

サポートはどのようになっていますか?

FAQ_a

当社サポートセンターにて対応いたします。
基本の対応時間帯は「平日9~17時」、「24時間365日」をご用意しております。
上記以外の対応につきましては別途ご相談ください。


FAQ_q

システムの価格はどのくらいですか?

FAQ_a

Faxボード使用の場合、最小構成価格はハード・パッケージ・サービス込みの標準価格ベースでお見積り時の平均的な価格は300万円からとなります。
以下のページも合わせてご参照ください。

FaxFactory モデル価格
  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/software/applications/crm/faxfactory/sample/


(注1)G4
Faxの国際規格の一つで、デジタル回線(ISDN回線)用のもの。 アナログ回線用のG3規格よりも高品質で転送速度も速い。
(注2)INS64
NTTのISDNサービス。デジタル回線を使って最大128kbpsの通信が可能。1本で64kbpsのチャネルを2回線分使用できる。
(注3)INS1500
NTTのISDNサービス。光ケーブルを使って1536kbpsという通信速度を実現。1本で64kbpsのチャネルを23回線分使用できる。
(注4)G3
Faxの国際規格の一つで、アナログ電話回線用のもの。A4原稿一枚を約20秒から60秒で転送する。
(注5)Super G3
Faxの国際規格の一つで、アナログ電話回線用のもの。A4原稿一枚を最短約3秒で伝送する高速通信が特徴。

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ