GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Enterprise Application
WebコアConference
ペーパーレス会議システム
動作環境

サーバ


アプリケーションバージョン別に対応するOSは下記になります。

 

アプリケーション バージョン 対応OS
WebコアConference WebコアConferenceサーバ V3 Red Hat Enterprise Linux V7
CentOS V7(注1)
WebコアConferenceサーバ V2 Red Hat Enterprise Linux V6
CentOS V6
多地点間同期オプション
Pro
中継サーバ V1.4 Red Hat Enterprise Linux V7
CentOS V7(注1)
中継サーバ V1.3以前 Red Hat Enterprise Linux V6
CentOS V6
(注1) 64bit版をサポートしています。

推奨スペックは下記になります。(多地点間同期オプションProも下記に準じます)

CPU 2.0GHz以上 (2コア以上)
メモリ 2GB以上 (4GB以上推奨)
HDD システム用:20GB以上+資料登録に必要な容量


クライアント(動作確認機種)   下記の表が最新となります。(2017年9月確認)


下記以外の条件については動作検証を行っておりません。
下記の条件においても、ハードウェアの設定やOSのパッチ適用状況等により動作環境が異なりますので、全ての条件を保証するものではありません。
アプリケーション OS、その他 機種
iOS端末 Wisdom Web Conference 9 (V9.0.0) iOS9.1 ~ iOS10.2 iPad Air, iPad Air 2
iPad Pro(12.9型)
Windows PC
または
タブレット
WebコアConference (V3.2.0) Windows7~10(32/64ビット版)
(Microsoft .Net Framework
4.5.1以降)
Windows機種(注2)
(注2)
動作環境は、以下の条件を満たすWindowsPCまたはタブレットとなります。(2017年2月確認)
OS Windows 7 (注3
Windows 8 (注3
Windows 8.1
Windows 10
CPU Intel Corei3 以上
メモリ 4GB以上
HDD WebコアConferenceのプログラム及びデータ領域として1GB以上
ディスプレイ 1024x600以上(注4
(注3) Microsoft™ .Net Framework 4.5.1以降の導入が必要となります。
(注4) 横幅が800ピクセル以上必要です。
          最低限のサイズではディスプレイを縦にした場合表示が切れますので横向きでご利用ください。

資料登録用PC



ブラウザ HTML5対応のブラウザ(Google Chromeを推奨)

ネットワーク

下線:2017年3月27日更新


無線LAN規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac

製品パンフレットのダウンロードが可能です


パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   導入事例   |   機能   |   多地点間同期オプションPro   |   動作環境   |   標準価格   |   FAQ   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ