GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Enterprise Application
WebコアConference
ペーパーレス会議システム
FAQ

[索引]
 製品概要  |  Windows PC版(V3.x)について 

製品概要

  1. WebコアConferenceの概要について教えてください。
  2. WebコアConferenceでペーパーレス会議を実施したい場合の機器構成はどのようになりますか。
  3. WebコアConferenceでペーパーレス会議を実施したい場合に必要なライセンスはなんですか。
  4. WebコアConferenceの動作環境について教えてください。
  5. WebコアConferenceに登録できる資料について教えてください。
  6. WebコアConferenceでできることは何ですか。

Windows PC版(V3.x)について

  1. 従来版を使用していますが、新しいWindows PC版クライアントに変える場合にライセンスは別途必要ですか。
  2. iOS版と同時に会議を行うことはできますか。
  3. 多地点間同期オプションProを用いて従来版を使用中ですが、Windows PC版は使用できますか。

FAQ_q

WebコアConferenceの概要について教えてください。

FAQ_a

紙の資料を不要とし、効率的な会議運営を実現するペーパーレス会議システムです。
お客様の会議運営にかかるコストの削減と意思決定の迅速化、さらに環境対策の実現を支援します。
サーバに登録した会議資料を、無線LANを経由し、会議参加者が使用するApple社製タブレット端末iPadRやWindows端末の画面に表示することで、ペーパーレス会議を実現します。

以下の機能により、正確で素早い意思の疎通が可能となり、迅速な意思決定を強力に支援します。

  • 会議参加者がApple社製タブレット端末iPadやWindows端末に表示している資料のページを発表者の操作に合わせ同期。
  • ポイントマーカーを表示して参加者相互でリアルタイムに着目点を共有。
  • 資料に手書きメモや付箋を貼付することができ、ネットワーク内の指定したフォルダに保存し、会議終了後に各参加者が参照可能。
  • 直感的なページめくりなど紙の資料と同様の扱いやすさとタブレット端末(Apple社製タブレット端末iPad/Windows端末)ならではの利便性を提供。

FAQ_q

WebコアConferenceでペーパーレス会議を実施したい場合の機器構成はどのようになりますか。

FAQ_a

次の構成で利用できます。

  • サーバ機
  • クライアント機(Apple社製タブレット端末iPad/Windows端末)
  • 無線LAN環境
  • 資料登録用PC

FAQ_q

WebコアConferenceでペーパーレス会議を実施したい場合に必要なライセンスはなんですか。

FAQ_a

以下となります。

  • WebコアConferenceサーバライセンス
  • WebコアConferenceクライアントライセンス
  • 年間保守

FAQ_q

WebコアConferenceの動作環境について教えてください。

FAQ_a

動作環境のページをご参照ください。


FAQ_q

WebコアConferenceに登録できる資料について教えてください。

FAQ_a

PDFファイル、Office文書、動画が登録できます。
利用可能なファイルはクライアント別に以下の通りです。



  • iPad版は、PDFファイル、Office文書、動画が利用できます。
  • Windows版は、PDFファイル、Excelファイル、動画が利用できます。

FAQ_q

WebコアConferenceでできることは何ですか。

FAQ_a

通常紙資料で行う会議と同じように進行できます。
会議参加者が各クライアント上のWebコアConferenceを起動して、会議の役割により、発表者モード・聴講者モード・自由モード・ポインタモードを選べます。
クライアントの画面タッチ方式で、資料を閲覧したり、拡大縮小したり、ページ同期をおこなったり、ポインタで重要なところを指し示せます。
メモ書きも個人単位で保存可能です。


FAQ_q

従来版を使用していますが、新しいWindows PC版クライアントに変える場合にライセンスは別途必要ですか。

FAQ_a

クライアントライセンスは従来版、iOS版と区別はありません。サポートサイトよりダウンロードして従来のクライアントの代わりにご利用いただけます。
なお、サーバのライセンス数のカウントが更新されますので、必要に応じてライセンスキーの再登録を行ってください。


FAQ_q

iOS版と同時に会議を行うことはできますか。

FAQ_a

iOS版と混在した環境でも基本的な機能(会議の共有、ページの同期)は可能です。
ただし、メモ同期や資料の拡大・縮小の同期、および、Windows版、iOS版の独自機能は相互にはご利用いただけませんので、なるべく同じ版でご利用ください。


FAQ_q

多地点間同期オプションProを用いて従来版を使用中ですが、Windows PC版は使用できますか。

FAQ_a

従来版と同様にご利用いただけます。
ただし、Windows PC版の独自機能を多地点間でご利用いただく場合は、多地点間同期オプションPro v1.2以上のアップデートが 必要です。


製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   導入事例   |   機能   |   多地点間同期オプションPro   |   動作環境   |   標準価格   |   FAQ   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ