GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

SecureSoft コンテナシリーズ
SecureSoft i-コンテナ

ランサムウェアの侵入・活動を防御し大切な資産を守る

「SecureSoft i-コンテナ」は、パソコン上にセキュアなコンテナ環境を提供し、Web閲覧によるマルウェア感染の影響をコンテナ内に封じ込めることで、社内業務システムからWebアクセス環境の分離を実現します。

「SecureSoft i-コンテナ」は、Web閲覧によるマルウェア感染を防ぎます。

年々サイバー攻撃の手口は多様化されており、個人情報や企業の機密データを狙う、標的型攻撃(APT攻撃)が後を絶ちません。更には、直接的に金銭を狙うランサムウェアも急増中です。これらの攻撃はどちらも原因の一端にインターネット経由によるマルウェア感染があげられます。
「SecureSoft i-コンテナ」は、パソコン上にセキュアなコンテナ環境を提供しインターネット環境をローカル環境から分離することで、万が一マルウェア感染した場合にもその影響をコンテナ内に封じ込め、重要業務データを守ります。

導入前

i-コンテナ 導入前

マルウェア感染したパソコンを経由して業務データが盗まれてしまいます。

導入後

i-コンテナ導入後

Webアクセスのリスクを業務環境から分離

  • セキュアコンテナ上で実行するブラウザからのみインターネットへのアクセスを可能とすることで、Webアクセス経由でのマルウェア感染の影響をセキュアコンテナ内に封じ込め、業務環境からリスクを分離します。
  • マルウェアの検知を目的としないため、従来の出口/入口対策などの運用ポリシー最適化のイタチごっこから開放されます。

既存資産を活用し、低初期コストで実現

  • 既存のパソコン資産をそのまま利用でき、Officeやアンチウイルスなど既存ソフトウェアのライセンス追加が不要です。
  • SecureSoft i-コンテナは簡易なクライアント/サーバシステムであるため、インターネット専用端末利用や、VDI利用など従来のWebアクセス分離方式と比較してシステムが大掛かりにならず、初期コストを抑えて実現できます。
  • ローカル環境側は今までどおり利用することが可能です。

特長

インターネットアクセス環境をコンテナとして隔離し情報漏えいを防止

「SecureSoft i-コンテナ」は、パソコンに暗号化されたセキュアなコンテナ環境を作り、その中でVPNネットワークを使用することでインターネットアクセス環境を業務環境から分離し情報漏えいを防止します。

サーバによるパソコンの制御と集中管理を実現

「SecureSoft i-コンテナ」の構成品であるSecureSoft Control Center(SCCサーバ)によって、各パソコンに対し、次の制御と集中管理を可能にします。

  • ユーザー管理:ユーザー認証・追加・削除など
  • ポリシー管理:デバイス、ネットワーク制御など
  • ファイル移動管理:ローカル環境とコンテナ間のファイル移動(申請・承認のワークフローで管理)
  • 履歴:管理履歴、使用状況、ファイル移動履歴

運用ルールに合わせたコンテナの初期化が可能

作成したコンテナは、作成の都度や月に一回など、任意のタイミングで初期化が可能です。

i-コンテナ 構成概要

i-コンテナ 構成概要

標準価格

ライセンス 価格(税別)
SecureSoft i-コンテナ クライアントライセンス 25,000円
SecureSoft i-コンテナ サーバライセンス 1,500,000円
(注)別途、保守費やSQL Serverなどが必要となります。

関連ソリューション・分野

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   SecureSoft i-コンテナ   |   パンフレット・資料

GTM-MF9BHZ