GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 富士通SSL メールニュース

No.120(2017年1月5日)
共創活動を支援するプラットフォーム「Webコア Innovation Suite」を強化 他

配信のお申し込み

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今号は、機能強化・サービス拡充をした「Webコア Innovation Suite」をはじめ、当社おすすめの「エンドポイントセキュリティサービス」や販売開始した「Centrifyクラウドサービス」などを紹介いたします。

プレスリリース


共創活動を支援するプラットフォーム「Webコア Innovation Suite」を強化

当社は本製品について、お客様の共創活動をより活性化するツールの機能強化やサービスの拡充を行いました。



本製品は、企業の共創活動や学校の協働学習などのグループワークにおける、「発散」「収束」「評価」のプロセスを体系的に支援するプラットフォームです。数多くの実践を通して得た知見をもとに機能強化およびサービス拡充をし、より効率的・効果的な共創活動や協業学習を支援します。

[強化ポイント]

  • ツール間の連携を強化
  • 共創を支援するユーザーインターフェースの強化
  • 共創活動支援のためのサービスを追加

プレスリリース詳細

製品詳細


「ワークフロー・業務文書基盤構築サービス」を提供開始

当社は、ニンテックス・ジャパン株式会社と販売契約を締結し、米国Nintex社のワークフロー製品の取り扱いを開始しました。これに合わせ、柔軟なワークフロー機能を備えたコミュニケーション基盤を構築する「ワークフロー・業務文書基盤構築サービス」を提供開始しました。

サービス体系

本サービスは、統合ビジネスプラットフォームMicrosoftR SharePointRと、SharePointのワークフロー機能を強化するアドオンソフトNintex Workflowを組み合わせ、コミュニケーション基盤の設計から構築、導入、運用までトータルに提供するサービスです。社内のナレッジ共有の促進と業務効率化を実現します。

[特長]

  • ナレッジ共有を促進するコミュニケーション基盤
  • 業務効率化を実現する柔軟なワークフロー
  • 安心してご利用いただける高品質な運用保守サービス

プレスリリース詳細

製品詳細



おすすめサービス ①


「エンドポイントセキュリティサービス」

近年、個人情報の搾取を狙った標的型攻撃の脅威が増加しており、従来のマルウェア対策に加えて、標的型メールによる攻撃や悪意のあるWebサイトへのアクセスによる被害など、多様化する攻撃の手口に対してエンドポイントのセキュリティ対策が必要となります。多様化する攻撃に対して、高いセキュリティレベルを維持するためには、対策製品に精通している必要があり、かつ、常に最新のバージョンへ更新することが求められ、運用管理者の負荷が増加してしまいます。

本サービスは、従来のマルウェア対策に加えて、ふるまい検知による標的型攻撃対策や盗難・紛失時の情報漏えい対策など、エンドポイントを脅威からトータルに守る運用代行サービスです。運用管理者の負荷を軽減するとともに多様化する攻撃に対して有効です。

トライアルもご用意していますのでぜひご利用ください。


「ウイルス対策サービス」

ウイルス対策サービス

[特長]

  • 世界中からマルウェア情報を収集、定義ファイル化し、高い検知率を誇る
  • 最新かつ複数の技術による脅威の防止

サービス詳細


基本的なマルウェア対策のみでは心配
未知のマルウェア、標的型攻撃を防ぎたい !

「標的型攻撃対策サービス」

標的型攻撃対策オプション

[特長]

  • マルウェアを5つのエンジンで様々な角度から分析し、悪意のある構造やふるまいを検知
  • 検知したファイルが危険かどうかを白黒判定

サービス詳細


出張などで社外にパソコンを持ち出す機会が多い!
盗難・紛失対策をしたい!

「ディスク暗号化サービス」

ディスク暗号化概要

[特長]

  • パソコンのハードディスクを丸ごと暗号化することで、盗難や紛失による情報漏えいを防止
  • OS標準搭載の暗号化機能(BitLocker、FileVault)にも対応

サービス詳細


【関連サービス】

「マルウェア侵入経路追跡サービス」
[特長]

  • マルウェアの侵入経路や拡散状況を特定し、組織内に顕在化していないマルウェア駆除など、セキュリティの専門家による対処案を迅速に提案

サービス詳細



おすすめサービス ②


「Centrifyクラウドサービス」

Centrifyは、Centrify社製のIDaaS(ID as a Service)です。
クラウドサービスの統合や社内ADとの連携によりシングルサインオンを実現し、利便性を向上させます。社内ADと連携させる際には、クラウド上にAD情報を保持しない方法をとるので、セキュアなシングルサインオンを実現します。

サービス詳細

「Centrify Identity Service」

クラウドサービスのID統合、シングルサインオン/IDプロビジョニング(ID認証連携)をセキュアに実現します。
[特長]

  • クラウドサービスへのシングルサインオンが可能
  • 社内IDをクラウド上に複製する必要がなく、セキュリティリスクを低減

「Centrify Server Suite」

特権IDをADに集約し、ユーザーごとに役割を割り当てることで共有パスワードの使用を無くします。また、特権ID使用時の操作を録画することで、強固な特権ID管理を実現します。
[特長]

  • ローカルアカウント利用をなくすことで、標的型攻撃による奪取を防止
  • 最小の実行権限のみを与え、誤用/乱用を防止


イベント


ソフトウエアジャパン2017 [2/3(金)]

本イベントは、ビッグデータやAIの実応用に焦点をあて、「データとAIが創り出す新たな価値」をメインテーマに開催されます。
当社は、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「LiveTalk」を活用し、本イベントの情報保障に協力します。

イベント詳細

活用製品
「LiveTalk」



当社からのお知らせ


JR東日本様、NTTドコモ様共催「山手線ビーコンを使ったアイデア・アプリコンテスト」で当社社員が最優秀賞を受賞

本イベントは、オープンイノベーションの取り組みの一環として、列車など「移動」に関わる時間の質的向上を目的に開催されたものです。
12月にアイデア部門の審査が行われ、イノベーション戦略本部小川耕作が参画するチームが最優秀賞を受賞しました。

当社Facebookに小川からのコメントを紹介しています。

当社Facebook紹介ページ


今月の富士通SSLオリジナル壁紙「海岸の朝焼け」・「古宇利島からの風景」


海岸の朝焼け

海岸の朝焼け

当社オリジナルの壁紙を提供しています。
ぜひご利用ください。

富士通SSLオリジナル壁紙

次号予告


2月1日(水曜日) 配信予定

富士通SSLメールニュースについて

当社の新商品や出展イベント等の様々な情報を毎月お届けします。
配信をご希望の方は、メールニュース新規配信登録フォームにてお気軽にご登録をお願いいたします。

バックナンバー

2016年

No.119(2016年12月1日発行)
No.118(2016年11月1日発行)
No.117(2016年10月3日発行)
No.116(2016年9月1日発行)
No.115(2016年8月1日発行)
No.114(2016年7月1日発行)
No.113(2016年6月1日発行)
No.112(2016年5月2日発行)
No.111(2016年4月1日発行)
No.110(2016年3月1日発行)
No.109(2016年2月1日発行)
No.108(2016年1月4日発行)

バックナンバーをもっと見る

GTM-MF9BHZ