GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ランサムウェア対策

ランサムウェア対策

ランサムウェア対策

このページでは、昨今、被害が話題になっている身代金要求型不正プログラム「ランサムウェア」について、被害を防ぐ方法をご紹介します。

ランサムウェアとは 被害を防ぐには 侵入を防ぐ
活動を防ぐ
防御し感染範囲を特定する
訓練する

ランサムウェアとは

ランサムウェア [ Ransom(身代金)+ Software(ソフトウェア) ] とは、感染したパソコンにファイル暗号化や端末ロックなどの制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求する身代金要求型 不正プログラムです。感染源はメールやウェブサイトなどが挙げられます。



被害を防ぐには

ランサムウェアはOSやシステムのぜい弱性をついた攻撃のため、Webサイトの閲覧やEメールの添付ファイルに気を付けるのはもちろんのこと、OSやシステム、ウイルス定義ファイルを最新化しておくことも大切です。また、万が一の感染に備え、外付けのハードディスクなどのネットワークから切り離された環境に重要ファイルのバックアップを取っておくことも有効です。

ランサムウェアの被害を防ぐために

  • OSやシステムは最新版を使用する。
  • ウイルス定義ファイルは最新に保つ。
  • メールの添付ファイルに注意する。
  • バックアップを保存する。

更に、上記の対策と合わせてランサムウェアの侵入・活動の防御、感染範囲の特定をネットワークセキュリティ製品を用いて実施することで、より被害を防ぐことができます。また、システム面の対策だけでなく、端末利用者それぞれにセキュリティ意識を定着させるための啓蒙活動も重要です。

ランサムウェアの侵入を防ぐ

Blue Coat ProxySG + WebFilter

悪意あるWebサイトへの通信をブロック

Blue Coat ProxySG シリーズ導入効果:次世代型URLフィルタリング

Blue Coat ProxySG + Blue Coat WebFilterは、ランサムウェアの配布に使われる悪意あるWebサイトへの通信をブロックします。ランサムウェア侵入のリスクがあるサイトへの接続自体をブロックすることで、ランサムウェアによる被害を防ぎます。また、URLフィルターは、全世界7500万人以上の利用者から脅威情報が提供されるシマンテックのクラウドデータベース「Global Intelligence Network」を利用し、最新の脅威に対応します。


Blue Coat ProxySG + Blue Coat WebFilter 詳細


SHieldMailChecker 標的型メール対策

怪しいメールを自動で判断し警告画面を表示

画面イメージ

SHieldMailChecker 標的型メール対策は、なりすましメールや本文に怪しいURLを含んだメール、怪しいファイルが添付されたメールを受信すると端末利用者がメールを開く前に警告画面を表示し注意を喚起します。警告画面上でメールの中身や添付ファイル名を確認することができるため、メールを開かずにその危険性を判断することが可能です。警告画面で表示されるURLと添付ファイルは、リンク先への遷移や開封が無効化されているので警告内容確認時に誤ってウイルスに感染してしまうことはありません。また、問題のあるメールは警告画面上のボタンで迷惑メールフォルダに移動できるので、警告画面を閉じた後に誤ってメールを開いてしまうこともありません。ランサムウェア感染の危険性を含んでいるメールに対し、メール開封前に注意喚起しメールを開くことなく対応することで、ランサムウェアの被害を防ぎます。


SHieldMailChecker 標的型メール対策 詳細



ランサムウェアの活動を防ぐ

FFRI yarai






端末のランサムウェアをリアルタイムに検知・防御

FFRI yaraiは、シグネチャが不要なヒューリスティックエンジンの利用により端末にダウンロードされたマルウェアをリアル検知・防御します。更に、機能の異なる5つのヒューリスティックエンジンを組み合わせることにより未知のマルウェアの検出・防御も可能にします。悪意のあるWebサイト・Web広告にアクセスし、端末にランサムウェアをダウンロードしてしまった場合でも、ランサムウェアを端末上でリアルタイムに検知し、その動作を停止させることでランサムウェアの被害を防ぎます。


FFRI yarai 詳細


SecureSoft i-コンテナ






リスクのある通信と情報資産の環境を分離

SecureSoft i-コンテナは、インターネットアクセス環境をコンテナとして隔離することで、情報資産とリスクを含んだ環境を分離させます。ランサムウェアに感染してしまった場合にも、その影響を情報資産から分離されたコンテナ内に封じ込められるため、ランサムウェアの被害を防ぎます。


SecureSoft i-コンテナ 詳細



ランサムウェアを防御し、感染範囲を特定する。

マルウェア侵入経路追跡サービス


マルウェア検出時のインシデントハンドリング
マルウェア検出時のインシデントハンドリング
拡大表示図を拡大表示 (98 KB)

セキュリティのプロによる迅速な侵入経路調査・感染拡大状況把握

マルウェア侵入経路追跡サービスは、クライアントパソコンなどのエンドポイントでマルウェアを防御すると共に、富士通SSLのセキュリティの専門家がお客様に代わりマルウェアの侵入経路や感染経路の調査を実施するサービスです。ランサムウェアの侵入アラートが挙がった際もセキュリティの専門家が迅速に侵入経路調査・感染拡大状況の特定を行うことで被害拡大を防ぎセキュリティリスクを低減します。また、富士通SSLがお客様に代わり調査を行うことで、お客様の運用負荷も軽減します。


マルウェア侵入経路追跡サービス 詳細

ランサムウェアに感染しないよう訓練する。

標的型メール攻撃訓練


service

セキュリティ意識を定着させるリアルな訓練

標的型メール攻撃訓練は、標的型の疑似体験により、標的型サイバー攻撃に対する的確な知識と判断力が身につけられる体験教育の支援サービスです。実際にメールを受信するリアルな形式で標的型攻撃を疑似体験することでランサムウェアの危険度を再認識すると同時に「自分だけはひっかからない」といった各作業者の思い込みも払しょくできるため、各作業員のセキュリティ意識向上させランサムウェア感染のリスク軽減に結びつけることができます。


標的型メール攻撃訓練 詳細

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ