富士通SSL メールニュース

No.143(2018年12月3日)
「Sitecore Experience Award 2018 Asia」を受賞!

今月は、サイトコア社からいただいた賞のご紹介をはじめ、内閣府/経団連主催のイベント「ダイバーシティ・マネジメントセミナー」での講演など各種イベント情報をお伝えします。

「Sitecore Experience Award 2018 Asia」を受賞!

当社は、「Sitecore Experience Award 2018 Asia」 ”顧客/競争的需要に応じ市場投入時間短縮を実現した最優秀ブランド賞” を富士通と共に受賞しました。(当社は富士通の構築パートナーとして受賞)


【受賞理由】
  • 50以上あった富士通の社内ポータルサイトを、富士通のクラウドインフラ上に構築したSitecore XPへ移行したことで、36サイトに集約し、一括管理により運用の効率化を実現。
  • 柔軟性の高いスケールアウト設計により、従来は数ヶ月かかっていた新規サイト開設を最短5日に短縮するなど、情報利活用基盤のスピーディーな横展開が可能な環境を整備。

*製品情報*Sitecore Experience Platform™(富士通株式会社 Webサイト)


Sitecore Experience Platformとは、世界50か国、32,000サイト以上で利用されている、Webコンテンツ管理ソフトウェア。多機能かつ使いやすいコンテンツ管理とマーケティング機能を一元化し、カスタマーエンゲージメントに最も重点をおいた、拡張性の高いプラットフォームです。


イベント情報 *申し込み受付中!

「サイバー攻撃手法から知る対策の考え方ハンズオン」 を開催します。
【12月13日(木)、14(金) 開催】(富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター 大阪)


本セミナーでは、実際に攻撃側に立ち、攻撃側の視点を学ぶことにより防衛方法やセキュリティ機器の有用性に関してご理解いただくことと、実際に攻撃を受けた後の被害状況を管理者視点で調査するハンズオン体験を行います。
(主催:富士通株式会社、 共催:マカフィー株式会社、富士通SSL)



「オープンソースカンファレンス」 で講演/出展します。
【福岡:12月8日(土) 開催】(福岡ソフトリサーチパーク センタービル)
【東京:12月14日(金) 開催】(TKP渋谷カンファレンスセンター)


本イベントは、OSS利用の活性化を目的に全国各地で開催されており、講演や展示形式でOSSの最新情報が提供されています。当日、当社からは、PostgreSQL/Elasticsearch/Zabbix等の導入を支援する各種プロフェッショナルサービスや、運用時に必要なOSSサポートサービスを展示ブースにてご紹介します。なお、福岡では講演も予定しています。


当社講演について(福岡のみ)
「EDB Postgres最新動向&事例紹介『PostgreSQL陥りやすいトラブルと対処法』」
講演者:ソリューション開発センター ソリューションビジネス部 今朝石 久美子


[関連サービス]


アジア圏最大級のPostgreSQLイベント「PGConf.ASIA 2018」に協賛します 。
【12月10日(月)~12(水) 開催】(秋葉原コンベンションホール)


本イベントは、アジアの中でPostgreSQLの利用が最も盛んな日本をホストとして一昨年に始まったもので、世界の開発者とアジア圏の技術者の交流を目的に開催されています。
当社は本イベントの運営委員会に参画すると共に、シルバースポンサーとして協力します。


[関連サービス]


[内閣府/経団連共催]
「ダイバーシティ・マネジメントセミナー ~ダイバーシティ時代のキャリア形成~」で講演します。

【12月13日(木) 開催】(経団連会館)


本セミナーは、仕事と生活の両立に向けた制度等の環境整備や、中長期的なキャリア形成に向けた成長機会の提供、人事評価や処遇の見直し等の取組や具体的な成果について、企業から事例を紹介し、理解を深めるためのものです。


当社講演について
「多様な人材の活躍に向けた、キャリア形成支援に係る取組とその成果」
講演者:取締役 執行役員常務 ビジネスマネジメント本部長 仙田 健


今月の富士通SSLオリジナル壁紙

「ポインセチア」 「赤レンガの壁」

公開サイトにて当社オリジナルの壁紙を公開しています。ぜひ、ご利用ください。

次号予告

2019年1月7日(月曜日) 配信予定

富士通SSLメールニュースについて

当社の新商品や出展イベント等の様々な情報を毎月お届けします。
配信をご希望の方は、メールニュース新規配信登録フォームにてお気軽にご登録をお願いいたします。

バックナンバー

No.142 (2018年11月1日発行)
No.141 (2018年10月3日発行)
No.140 (2018年9月3日発行)
No.139 (2018年8月1日発行)
No.138 (2018年7月2日発行)
No.137 (2018年6月1日発行)
No.136 (2018年5月7日発行)
No.135 (2018年4月2日発行)
No.134 (2018年3月1日発行)
No.133 (2018年2月1日発行)
No.132 (2018年1月4日発行)

2017年

No.131 (2017年12月1日発行)
No.130 (2017年11月1日発行)
No.129 (2017年10月2日発行)
No.128 (2017年9月1日発行)
No.127 (2017年8月1日発行)
No.126 (2017年7月3日発行)
No.125 (2017年6月1日発行)
No.124 (2017年5月8日発行)
No.123 (2017年4月3日発行)
No.122 (2017年3月1日発行)
No.121 (2017年2月1日発行)
No.120 (2017年1月5日発行)

バックナンバーをもっと見る

ページの先頭へ