第19回PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムセミナー

2018年5月23日(水曜日)、PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム主催 「第19回PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムセミナー~2017年度活動成果発表会~【in大阪】」において当社社員が講演するので、お知らせいたします。

当日は、当社社員がPostgreSQLの技術検証・評価結果の発表やPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム全体の活動の案内を行います。

ご多用中とは存じますがぜひご参加いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

開催概要

日時2018年5月23日(水曜日)
セミナー:13時30分 ~ 16時50分 (13時 受付開始)、情報交換会:17時 ~ 18時30分
会場株式会社アシスト 西日本支社(グランフロント大阪タワーA 13階)Open a new window (大阪府大阪市)
主催PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム
参加費セミナー:無料、情報交換会:3,500円
公式サイト「第19回PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムセミナー ~2017年度活動成果発表会~【in大阪】」公式サイトOpen a new window

当社講演内容

WG3:課題検討WG 2017年度活動報告
「意外と知らない? PostgreSQLの動かし方を調べてみた ~レプリケーション・Windows・性能トラブル~」

  • 日時:2018年5月23日(水曜日)13時40分~14時30分
  • 講演者:ソリューション開発センター ソリューションビジネス部   小山田 政紀
  • 講演内容
    ここ数年、PostgreSQLの機能向上や使われ方の変化につれて、従来のノウハウでは不足する分野が見られるようになりました。その中から2017年度はレプリケーション・Windows・性能トラブルをテーマに取り組みました。
    レプリケーションでは2016年度の検証範囲を拡大して、3ノード構成における運用手順と、PostgreSQL10の新機能であるロジカルレプリケーションの基本的な設定手順と運用時の注意点についてまとめています。これまであまり情報整理されていなかった「Windows版PostgreSQL」をテーマとして、インストレーション、ユーティリティコマンド、High-Availablityの3つの切り口でLinux版PostgreSQLとの違いや留意点を中心にまとめています。性能トラブルを回避するノウハウとして、発生させないために事前に考慮すべきポイントや、性能状態を把握するために必要な監視情報をまとめています。
    また、過去の性能トラブル事例を元に、トラブルを未然に防ぐために必要であった設計ポイントなどを紹介します

小山田 政紀


PGECons 2017年度活動報告および2018年度活動予定のご案内

  • 日時:2018年5月23日(水曜日)16時35分~16時45分
  • 講演者:ソリューション開発センター ソリューションビジネス部   小笠原 淳
  • 講演内容
    PGEConsの2017年度の活動報告、および2018年度の活動計画をご紹介します。

小笠原 淳

ページの先頭へ