GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2018年 >
  4. Interop Tokyo 2018に出展します

PRESS RELEASE

2018年5月31日
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社

Interop Tokyo 2018に出展します

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:棚橋 勝彦)は、来る6月13日~15日の3日間、千葉県幕張メッセで開催される国内最大級のネットワーク関連イベント「Interop Tokyo 2018」に富士通グループとして出展します。

はじめに:

昨今のIoT(Internet of Things)の普及に伴い、多様なアプリケーションの通信ニーズに対応する通信方式の研究開発が進んで来ました。特に、低速ながら広域をカバーし、低消費電力を特性とする『LPWA(Low Power Wide Area)』市場は現在も拡大を続けています。しかし、一方で超高速通信のみならず多数接続、超低遅延を実現する次世代の移動通信方式『5G』の商用化が進められております。近い将来、この2つの通信方式に代表されるような、まったく相反する通信特性の広域ネットワークが混在する社会が訪れようとしています。

当社展示ブースでは、"LPWAと連動する5G"をコンセプトに、異なるネットワークで収集されるデータを、必要に応じて提供する様子のデモンストレーションを行います。

また、ShowNetスポンサーステージで、テーマ: 『5G/LPWAのハイブリッドネットワーク』のプレゼンテーションを行いますので、多数のお客様のご来場をお待ちしております。

展示の見どころ:

LPWAと連動する5Gの利活用シーンとして、防災ソリューションの展示を行います。活火山の監視を想定し、LPWAによるセンサーネットワークで得られるデータに加え、災害発生時における5Gの高速通信を想定した、より高度な災害情報を提供する様子をデモンストレーションします(図1)。

また、当社はこれまでにLoRa注1を搭載したセンサーノードを活用し、マンホール環境など無線環境的に厳しい場所でのセンシング、山中など広域なエリアでのセンシングを行ってきました。デモンストレーションではLoRaを搭載したセンサーノードによるデータセンシングもご覧いただける予定です。

  • デモンストレーションの特徴
    • LoRaを搭載したセンサーノードによるデータセンシング
    • 株式会社富士通研究所注2が開発した小型で高精度な計測が可能な大気質センサーユニット注3
    • 災害発生時における監視コンテンツの拡充

図1. 想定する利活用シーン(活火山の監視)
図1. 想定する利活用シーン(活火山の監視)

富士通グループブース(ホール5)にて、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

展示会概要
開催日 2018年6月13日(水曜日)~6月15日(金曜日)
会場 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)
富士通グループブース小間番号 ホール5(5P33)
主催 Interop Tokyo 実行委員会
運営 一般財団法人インターネット協会
株式会社ナノオプト・メディア
URL http://www.interop.jp/新規ウィンドウが開きます

出展予定製品

<出展予定>

●QSIP
QSIP(QNET SensorNetwork IoT Platform) は、様々なセンサーやネットワークモジュールの組み合わせによるセンサーネットワークの構築から、監視と制御を行う運用システム、収集されたセンサー情報を活用するIoTアプリ等、データの収集から管理まで一括で提供することが可能なプラットフォームパッケージです。本展示会ではLoRaを搭載した通信ユニットを参考出展します。

ShowNetスポンサーステージ
●テーマ: 『5G/LPWAのハイブリッドネットワーク』

IoT時代の通信方式の動向を踏まえ、LPWAと連動する5Gをコンセプトに、そのネットワークアーキテクチャと利活用シーンを提案します。

日時:6月13日(水曜日) 13:00~13:20
場所:スポンサーステージ特設会場(ホール4)

注釈

(注1)半導体メーカーや機器メーカーなどからなる「LoRa Alliance」が策定した、920MHz帯を利用した無線通信規格。

(注2)株式会社富士通研究所(本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木繁)

(注3)大気汚染物質である微小粒子状物質(PM2.5)の濃度を、可搬型の小型装置でありながら多種類のセンサーと独自の変換アルゴリズムを使うことにより、現在環境大気常時監視に使用されている大気汚染自動測定器に迫る精度で測定できるセンサーユニット。ガス状の大気汚染物質(二酸化硫黄、二酸化窒素、オゾンなど)のセンサーも備えているため、手軽に設置して大気質監視を行うことが可能である。

関連リンク

展示内容についてのお問い合わせ先

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社ビジネス戦略本部ビジネス戦略室
 電話: 092-852-3143
 E-mail: qnet-iot@cs.jp.fujitsu.com

以上