GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2017年>
  4. センサーネットワークIoTプラットフォーム(QSIP)に低消費電力で広域をカバー可能なLoRa通信ユニットをラインナップ

PRESS RELEASE

2017年1月17日
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社

センサーネットワークIoTプラットフォーム(QSIP)に
低消費電力で広域をカバー可能なLoRa通信ユニットをラインナップ

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:棚橋 勝彦)は、低消費電力且つ広域をカバーすることが可能な無線通信技術LoRaを採用した通信ユニットを、センサーネットワークIoTプラットフォームパッケージ「QNET SensorNetwork IoT Platform」(以下、QSIP)の通信ユニットのラインナップに追加します。

製品の特徴

QSIPは、様々なセンサーやネットワークモジュールの組み合わせによるセンサーネットワークの構築から、監視と制御を行う運用システム、収集されたセンサー情報を活用するIoTアプリ等、データの収集から管理まで一括で提供することが可能なプラットフォームパッケージです。QSIPは昨年の発表以来、マンホール内の水位を測定するセンサー装置など、様々なIoT分野のセンサー装置に採用されています。

今般普及が期待されている長距離無線を実現するLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの一つであるLoRaについて、マンホール環境や市街地等の様々な環境で実証検証を行い、LoRa技術の実用性能を確認することができました。今回、QSIPにLoRa通信ユニットを新たにラインナップに加えて、IoTサービスの導入をご検討されるお客様に新たな価値を提供します。

【QSIPの構成概要】

QSIPの構成概要

【LoRa通信ユニット活用事例】

防水型センサーノード ゲートウェイ(屋外用)
防水型センサーノード ゲートウェイ(屋外用)

【LoRaの主な適用領域】

① マンホール環境など無線環境的に厳しい場所でのセンシング

② 山中や海上など広域なエリアでのセンシング

③ 携帯網などの不感地帯におけるセンシングエリア拡大

システムイメージ

システムイメージ

関連リンク

お問い合わせ先

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社
ソリューション統括部
icon-telephone 電話:092-852-3132
icon-mail E-mail:qnet-iot@cs.jp.fujitsu.com

以上