GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. IoT/M2M事業について

IoT/M2M事業について

IoTとは

モノのインターネット(Internet of Things、IoT)は、一意に識別可能な「モノ」に通信機能を搭載させ、インターネットやクラウドとの接続により相互にデータ送受信や制御等をする仕組みです。 従来は、パソコンやサーバ等のIT機器を利用して人がインターネットに接続しデータ通信しておりましたが、モバイルや各種センサーの普及・技術向上・コスト低下に伴い、それ以外の機器やセンサーが様々な情報を人手を介さずインターネットで伝達・相互制御できるようになりました。

M2Mとは

M2M(Machine to Machine)とは、機械と機械が人手を介さず通信ネットワークを介して互いに情報をやり取りすることにより、自律的に高度な制御や動作するシステムを指します。「機械」とはパソコンやサーバといったコンピュータだけでなく、工場の工作機械、自動販売機、監視カメラ、ビルの空調管理システム、POSレジなど広い分野の機器も含まれています。

(イメージ) M2Mとは

IoT/M2Mの取組み

弊社は、モバイル通信端末の販売やキャリア回線の契約手続代行だけではなく、NW・組込技術対応および端末製造・システム構築・保守・運用等、各役割を担う企業様との連携を考慮した上で、M2M導入によるお客様サービスの付加価値向上可能なシステムをご提案致します。

M2M関連製品一覧

(写真) モジュールタイプ

(写真) 通信アダプタタイプ

(写真) その他

通信モジュール

FOMAユビキタスモジュール

メーカーブランドモジュール

  • U-BLOX
    ※他メーカーブランドモジュール取扱いについてはご相談ください。

通信アダプタ

RS-232C対応

LAN対応

M2Mゲートウェイ

海外対応

専用端末/サービス

NTTドコモ法人サービス

その他専用端末

  • 見守り/セキュリティ端末

ネットワーク

●富士通 FENICS M2Mサービス


※「FOMA」「FOMAユビキタスモジュール」「ビジネスmopera」「アクセスプレミアム」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
※「Rooster」はサン電子株式会社の登録商標です。
※「MMlink」は安川情報システム株式会社の登録商標です。
※「FENICS」は富士通の登録商標です。
※文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通パーソナルズ
モバイルフォン営業本部 法人営業統括部 IoT営業部

お問い合わせ受付フォーム