GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

AI

技術トピックス:AI

事業内容(研究紹介)

研究紹介:人工知能

人工知能
膨大なデータから有益な知識を獲得する技術、知識を構造化しICTが自由に使えるようにする技術、構造化された知識から新しい知識を作り出す技術の研究に取り組んでいます。

  • [2017年11月24日] 川崎市においてICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクトを開始
    国立大学法人東京大学地震研究所、国立大学法人東北大学災害科学国際研究所、川崎市と富士通は、川崎市臨海部を対象とした津波被害軽減に向けた津波の予測や事前対策の技術検討に関して、それぞれの防災技術やAI・スパコンなどのICTを活用し、連携・協力して進めるプロジェクトについて定める覚書を、本日締結しました。
  • [2017年11月13日] 島津製作所と富士通、富士通研究所が共同研究の成果を発表
    株式会社島津製作所と富士通、富士通研究所は共同研究を通じて、島津製作所製の質量分析計で得られる測定結果の解析過程で不可欠な大量のデータ処理にAI(人工知能)を活用する技術を開発しています。これまでの研究成果を11月13~14日開催の「第11回メタボロームシンポジウム」で発表します。
  • [2017年11月1日] 商船三井様、宇部興産海運様とAIを活用した船舶性能推定技術を実証
    富士通研究所は、国立大学法人東京海洋大学様と共同で開発した、船の速度や燃料消費量など船舶性能の推定技術の実証を株式会社商船三井様、宇部興産海運株式会社様と行いました。その結果、外航・内航の航路いずれにおいても誤差1.5%以下での船舶性能の推定が可能であることを実証し、様々な気象・海象条件における本技術の実用性を確認しました。本技術により、運用者は燃費を削減する航路を正確に予測して燃費削減につなげることが可能となります。
GTM-WDW4ZH