GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. やさしい技術講座 >
  3. 全講座一覧 >
  4. 赤外線センサー >
  5. 先端技術 -新しいセンサーQWIP

先端技術 -新しいセンサーQWIP

今までの材料や構造を大きく変更して、新しいセンサー「QWIP(クウィップ)」を開発中です。

QWIPの原理

赤外線のエネルギーを受けると、自由に動く電子が生まれます。つまり電気が流れます。(モニタの画素は白くなります)

赤外線を受けないと電子が動かず、電気は流れません。(モニタの画素は黒くなります)

QWIPの技術

QWIPになくてはならない技術があります。
それは光結合構造です。この構造がないと赤外線をキャッチできません。

MQW層の性質

MQW層は赤外線が垂直に入ると通過してしまい、キャッチできません。

 そこで

一番上の層をデコボコにして、赤外線を乱反射させます。

すると、MQW層に対して赤外線が平行になればなるほど、キャッチしやすくなります。

重要

どんなデコボコにするかで赤外線センサーの良し悪しが決まります。
=赤外線センサーの感度を左右します。

光結合構造

ページを移動