GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. やさしい技術講座 >
  3. 全講座一覧 >
  4. 画像圧縮技術 >
  5. p09-活用事例(こんなところで大活躍)

p09-活用事例(こんなところで大活躍)

H.265/MPEG-H HEVC圧縮技術は色々なシーンに利用されています。
  1.スポーツ中継
  2.医療分野

スポーツ中継

<オリンピック>
2020年の東京オリンピックの画像を大迫力で見られることを期待されています。マラソンのようなロードレース中継の場合、中継車から無線で電波を飛ばしてテレビ局で受信します。

電波で送れる情報の量には限りがあります。そこで電波にのせる情報をできるだけ圧縮して送る必要があります。従来のMPEG-2では圧縮しても一度 (1波)で送りきれないため、情報を2波に分割して送信していましたが、H.265/MPEG-H HEVCを用いると従来よりも高い圧縮率で1度に送信することが出来ます。

【MPEG-2で圧縮した場合】

【H.265/MPEG-H HEVCで圧縮した場合】

<国際スポーツ中継>
国際スポーツ中継では、ラグビーワールドカップやアメリカンフットボールの試合も、ニューヨークを経由し日本でハイビジョン放送されました。

医療分野

<遠隔医療>
医師と患者が距離を隔てたところでインターネットなどの通信技術を用いて、診療を行うのが遠隔医療です。患者の詳しい医用画像(CTやMRIなど)や患者のリアルタイムの4K映像を見て、医師が診療を行うことが可能です。


ページを移動