GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. やさしい技術講座 >
  3. 全講座一覧 >
  4. 画像圧縮技術 >
  5. P08-もっと知りたい人のための「H.264」と「H.265」の違い

P08-もっと知りたい人のための「H.264」と「H.265」の違い

(このページでは、「H.264/MPEG-4 AVC」を「H.264」、「H.265/MPEG-H HEVC」を「H.265」と書いています)

圧縮率の違い

「H.264 」は、MPEG-2の2倍の圧縮率を実現します。 「H.265 」は、MPEG-2の4倍の圧縮率を実現します。つまり、「H.265」は「H.264」の半分のファイルサイズ・ビットレートで同等の画質を実現できます。

圧縮にかかる時間の違い

例ですが、「H.264」と「H.265」に同じ動画データを圧縮した場合、「H.265」の方が圧縮率が高いので圧縮時間もかかりますが、次第に短縮されると期待できます。

なぜ「H.265」の圧縮率が、「H.264」よりも高いのか

ブロックサイズの最適化技術により、圧縮率を高くすることができます。動画像の場合、画面全体を細かく分割(ブロック化)して、変化した情報のみを送ります。 「H.264」は、細かいブロックで変化分のみを送りますが、変化が少ないブロックも大きく複雑化したブロックも、同じ細かいブロックで送っていました。
「H.265は、変化量の大きさによって、ブロックを最適化します。つまり、変化の少なく簡単なブロックは大きいブロックにし、複雑な変化のあるブロックは小さいブロックにします。すると、全体の情報量が削減できます。

   

ページを移動